猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

今年も♪南の島の休日(その3)

夕食後には夜のジャングル探検に繰り出すことにしました。
もちろんガイドさんの案内によるもの。長靴と懐中電灯も必須です。
長靴は水辺を歩くため、それからハブから身を守るためにも有効なのです。

(以下、いろんな動物が登場します。苦手な人は夜編は飛ばしてくださいね。)

ジャングルへと入るポイントまで車で移動中、ガイドさんがゆっくり車を止め、車外へ。
「カニが道路を横断してました」
カニ

しばらく行くと再び停止。
「今度はヘビが行進中です」
ヘビ

満月を翌日に控え、動物たちはいつもより行動的のようです。
でも、ちゃんと車を止めたり、よけてくれるドライバーさんばかりだといいけれど、と心配になります。

駐車場からいよいよジャングルへ。
真っ暗闇で、1人ひとりが持った懐中電灯の灯りだけが頼りです。

さっそく渓流でカエルに遭遇。
カエル
エビやらカメやら様々な魚も。

そしてこちらは昼のジャングルでも見かけた虫。
家庭で見かけるものは黒光りしているので、言われなければわかりませんでした。野生のGさんです。
ゴキ
ガイドさん曰く「マットでマイルドでかわいいですよね」

他にも珍しい昆虫がたくさんいるので、チビッコたちも大喜び。
チビッコ

線香花火のようなサガリバナも咲いています。
サガリバナ

島に泊まらなければできない貴重な体験ができました。

ホテルに戻ったら、ヤモリさんとも出くわしました。なかなかかわいい顔をしていますよ。
ヤモリ

ちょうどサガリバナが見ごろということで、翌朝、期間限定のサガリバナ鑑賞クルーズに参加することにしました。

朝5時半にホテルを出発、仲良川の船着き場へ。
太陽の光が見えてきましたが、まだ夜明け前です。
船着き場

船で上流へ向かうこと40分ほどでサガリバナの咲く辺りに。
甘い香りが漂っています。
サガリバナ白

こちらはピンクのサガリバナ。
サガリバナ赤1

サガリバナは、夜のうちに咲いて、朝になると散ってしまう一晩限りの花なのです。
サガリバナ赤

夜が明けて、ポトッ、ポトッとあちこちで花が落ちるたび、どよめきが起こります。
水面

ガイドさんが水面に落ちた花を網ですくってくれました。
網ですくう

気づくと、あちこちに無数のサガリバナが。
散る花

散る花2

散る花3

こちらはお父さん、お母さんといっしょにカヤックに乗ってサガリバナを見に来たワンちゃん。
ちょっとわかりづらいですが、頭の上にサガリバナを乗せています。
カヤック犬

カヌーやカヤックを漕いで、サガリバナを見に来る人にもたくさん会いました。
遊覧船では4,50分ですが、自力では2時間ほどかかるとのこと。
まだ真っ暗なうちに出発してきたんでしょうね。

川辺の植物を見ながら帰途へ。
それにしても大きなシダです。
シダ

さて、西表島と言えば、まっさきに思い浮かぶのはイリオモテヤマネコ。
こちらはホテルにあったイリオモテヤマネコの模型です。
ヤマネコ
イエネコに比べると耳が丸く、目の周りに白いスジが入り、しっぽは太くて長いのが特徴。

推定生息数は、たったの100頭。国の特別天然記念物で絶滅危惧種IA類に指定されています。
交通事故で亡くなるネコも年に数頭(昨年は6頭、今年は1月に2頭)いるため、様々な工夫がされています。

前方に見える黄色い看板は「子ネコ注意」の看板。
7月に入って、子ネコの目撃情報が何件もあるそうです。
また、道路のゼブラゾーンは、ドライバーの眠気防止ではなく、ネコに車が走る振動を伝えるためのもの。
子ネコ注意

そのほか、道路に「ネコ注意」の表示をしたり、標識も多数設置したり、道路の下に野生動物用のトンネルを設置したり、いろいろ対策はとられているようです。

看板

イエネコとの関係も気になるところ。
だいぶ前にイエネコが野生化して、イリオモテヤマネコの生息への影響が懸念されたため、条例により、猫の飼養の登録制が取られており、ワクチン接種、避妊・去勢手術、マイクロチップの装着などが義務付けられているとか。


西表島ともそろそろお別れ。
帰りの船の時間まで、自転車で近くを散策しました。

シュノーケリングの好適地で、文字どおり星砂が取れる星砂の浜。
星砂の浜
浜へと降りる途中の道で、体全体が真っ赤な鳥、リュウキュウアカショウビンの姿を見ることもできました。

赤い首輪がお似合いのヤギのチロちゃん。
チロ

生命力にあふれた南の島。
みんな元気で!また会いましょう。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

レポ1~3まで堪能しました~!
ほんとに詳しいレポなので、沖縄のこと知識増えましたよ♪
爬虫類、ぜんぜん大丈夫です!
童心に帰って、きゃっきゃっ楽しめそう♪
サガリバナって、はじめて聞いたし見ました。
神秘的な花ですよね~綺麗だな~。
わたし、アウトドアまるでダメなので(笑)、キウイさんの行動力、観察力すごいと思います。
キウイさんのガイドで、一緒旅しているような感覚でした…楽しかったです(^_^)

みわこ@奈良! | URL | 2014年07月28日(Mon)09:48 [EDIT]


南の島のたくさんの写真の数々、たっぷり楽しませていただきました♪
外国に行かなくても、綺麗な海とたくさんの生き物たちがいっぱい。
レポの女王のキウイさん、ぐーっと引き込まれました。
日本にも、こんなところがあるんですねー。私もいつか行ってみたいです。
ベッちゃん、ナッちゃん、いいこで待ってたかな?

ねこたちのママ | URL | 2014年07月28日(Mon)23:51 [EDIT]


ちょいと間をあけてお邪魔に上がりましたら、
あれ? おうちを間違えたかしら、と思いましたですよ。
ドアを開けたら、南国~♪ ワイルド~♪ 青い海~♪
この夏は(この夏も)どっこも行けそうにない私ですが、
すっかり夏休み気分にさせていただけました。感謝!

ニャンタのおば | URL | 2014年07月30日(Wed)11:42 [EDIT]


みわこ@奈良!さん
楽しんでいただけてうれしいです♪
私もサガリバナって聞くのも見るのも初めて。
たまたま訪れた時期が見ごろの時期と一致しました。
夜明けとともに散るなんて不思議な花ですね。
いえいえ、私は泳げないし、登山もしないし、自転車ではころぶしでひどいものです。好奇心だけちょこっと!

ねこたちのママさん
動物も植物も珍しいものばかり、空や海の青、ジャングルの緑も濃かったです。
機会がありましたらぜひ!おすすめです。
ベツヲとナッツはばあやが泊まり込みでお世話してました。
ずいぶん甘えたみたいですよ。

ニャンタのおばさん
7月の初めに夏休みを楽しんで、今ではなんだかさみしいです。抜け殻気分で仕事に行ってます。もっと私に夏休みを!

ニャンタのおばさまのおうちの周りはカエルやヤモリも住んでるのですよね。うらやましいです。
でも、ベツヲに見つかっちゃったら大変なことになるかも~。

キウイ | URL | 2014年07月30日(Wed)21:33 [EDIT]