猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

今年も♪南の島の休日(その2)

ゆし豆腐の昼食を楽しんだ後、石垣島から高速船で約50分の西表島に移動しました。

ホテルに荷物を置いてすぐ向かったのは、西表島の隣の島、由布島(ゆぶじま)です。
潮が引くと西表島と砂浜続きに。

由布島名物の水牛車でGO!
水牛車

由布島は島全体が亜熱帯植物園になっています。
ブーゲンビリアガーデンでは1年中花が咲いているとか。
ブーゲンビリア

色鮮やかな鳥や、
鳥

カラフルなカエルもいますよ。
井戸

「ここはぜひ見てくださいね」と言われて訪れた蝶々館では、オオゴマダラが優雅に飛んでいました。
オオゴマダラ

オオゴマダラのさなぎはなんと黄金色!
さなぎ

リュウキュウイノシシやヤギ、馬など動物たちもたくさんいましたが、由布島の主役はなんといっても水牛。
毎日水牛車を引くわけではなく、オフの水牛はのんびり池の水につかっていました。

往路に乗せてくれたユウタくん。人間でいうと23歳ぐらいだそう。
ユウタ

こちらのブンタくんは、ユウタくんより角が大きいので壮年かな?
お兄さんといっしょにポーズをとってくれました。
ブンタとお兄さん

さて、日も傾いてきたので、最終の水牛車で西表島へ戻ります。
偶然にも行きと同じユウタくんが担当です。
水牛車帰り
いつの間にか潮もこんなに満ちています。
ふと後ろを振り返ったら、島で働く人々が仕事を終えて、ざぶざぶ歩いて西表島へと戻る姿が見えました。

翌日は、ガイドさんに引率されてジャングルツアーへ。
まずは、船で浦内川の上流へと向かいます。
マングローブ
川岸にはマングローブの林が続き、これがほんとのジャングルクルーズ♪

船を降りたら、片道2.2キロのトレッキングです。
たった、2.2キロといっても普段まったく山登りなどしないので、足を踏み外さないよう必死。
最初は首にかけていたカメラも、岩にぶつけそうでリュックの中にしまいこんでしまいました。

やっと滝が見えてきました。
日本の滝100選にも選ばれているマリユドゥの滝です。
マリユドゥの滝

さらに上流へ歩を進めること約10分、カンピレーの滝に到着~。
カンピレーの滝

ゆるやかに落ちる流れを見ながらお昼の休憩をとることにしました。
カンピレーの滝2

ホテルで作ってもらったお弁当をひざに広げ、いただきまーす!
弁当
足元は、ホテルで貸してもらった長靴です。
長靴は、すべらず、歩きやすく、沢や岸辺など濡れているところも気にせず歩けて優秀、優秀。

こちらはガイドさんがお気に入りという、川の水で削られてできたハート模様。
ハート
(スマホ撮影)

トレッキングの道中、ガイドさんにしてもらった生き物や植物の話が楽しくてわくわく。

ガイドさんの腕にいるのは、捕まってもしっぽが切れない(切らない)サキシマキノボリトカゲ。
しっぽがないと木登りがうまくできないからだそうです。
キノボリトカゲ
(スマホ撮影)

シッポがコバルトブルーのイシガキトカゲは10数匹見かけました。
イシガキトカゲ
ただし、こちらは石垣島で撮影したトカゲさん。
なんせトレッキングの間カメラを仕舞い込んじゃったので撮影できず。
他にもおもしろい昆虫や珍しい植物をたくさん見たのになあ。さすが、東洋のガラパゴスと言われるだけのことはあります。

えっと、これは普通のシダではありますが、本州で見かけるものより、ずっと大きいのです。
シダ

そうそう、姿は見えませんでしたが、具志堅用高さんのニックネームとしても有名なカンムリワシが近くで鳴いているのを聞きました。
案外、高くてかわいい声でしたよ。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

沖縄の生き物は色が鮮やかですね。
海の色もきれいな青で植物の緑も濃い。
今年もハチくん、ミケさんに再会できてよかった~♪
ハチくんの熱烈歓迎ぶりが伝わってきますわ。
キウイさん、おじさんの沖縄レポ毎年楽しみなんです♪
旅行のお裾分け、ありがとうございます♪

ぽぽろ | URL | 2014年07月27日(Sun)19:35 [EDIT]


ぽぽろさん
日本列島は北から南まで長い!
というわけで、ところ変われば、気候も動植物もずいぶん違いますよね。島は特に固有の種もいて驚くことがいっぱいです。
北の大地のぽぽろさんにも楽しんでいただけてうれしいです♪
ハチくんもミケちゃんも人なつこくてかわいいんですよー。
来年も会えるといいなー。

キウイ | URL | 2014年07月28日(Mon)20:58 [EDIT]