猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

追いかけてヨコハマ

土曜、日曜の2日間、横浜に通ってきました。
ベイブリッジ
“港の見える丘公園からベイブリッジを望む”の図。

第一のお目当ては、カメラと写真映像の情報発信イベントCP+
受講している写真講座の先生である小澤太一さんのセミナー目指してGO!
開場直後の10時過ぎにパシフィコ横浜に着いたら、建物の外側に長蛇の列。もしかして入場制限?とあせりました。
1日目、2日目の平日も去年を大幅に上回る人でにぎわったということでしたが、今年はどうしたことでしょう?大カメラブームがやってきたのでしょうか?

20分以上かかってやっと会場へ入り、講師紹介中のセミナーに滑り込み。
もちろん三菱電機のブースは満杯状態です。

セミナーのタイトルは「ホップ・スナップ・ジャ~ンプ!!」
スナップフォトの10の極意を伝授してくださるとのこと。なんとグッドタイミング!
この日の夕方にスナップ撮影をする予定なのです~。これは真剣に聞かなければ。
三菱コザワ先生
小澤先生の楽しい話とモニターに映し出される数々の作例。
昨年の写真展で展示された子どもたちや、講座の実習で撮影したワンちゃんの写真も。
おもしろいものを探して、ボケもうまく取り入れて、コミュニケーションを取って、チャンスをつかんで…、ふむふむ、そうかー、なるほどー、と鼻息フンフン。すっかり奥義を身に着けた気分に。

今日のところはこれで十分と、大勢の人たちでむせ返る会場を後にし、港の見える丘公園近くのArt Gallery山手へ。グループ展「第3回猫・ねこ写真展 PART1」が開催中です。
東京湾岸の猫を撮り続けている星野俊光さんの今回の作品は小さな漁港の猫を撮ったもの。いつもながら光の美しさが秀逸。
町で生きる猫の姿をモノクロで写し出した小滝卓央さんの作品には思わず見入ってしまう(なぜなら次回の講座の宿題としてモノクロ写真を提出しなければならないからなのですー)。
その他女優の川上麻衣子さんや高校1年の勝見里奈さんなど8名の猫好きによる作品が楽しめました。
PART1は12日(日)終了、メンバーを変えたPART2が2月17日(金)から26日(日)まで開催されます。

さて陽が傾いて来るころ、三々五々カメラを持った人々がみなとみらい線元町・中華街駅の出口に集まってきました。
先月発足したフォトクラブの初めての撮影会が中華街で行われるのです。顧問の小澤先生もCP+の会場から駆けつけて来られました。
この日のテーマは「たまには苦手な被写体/撮り方にチャレンジしよう」。
苦手は数々あれど、やっぱり人物かなあ。さっきセミナーで習ったコミュニケーションだよね、と出発。

まずは中華街ならではの極彩色のお寺など撮って…。
中華街1

ええっと、中華街のお店の人とコミュニケーション、と思っていたのですが、あちこちから迫ってくる甘栗の試食攻撃に逃げ惑う自分。

路地に入ってほっと一息。
「かわいいねえ、よく似てるから兄妹かな?写真撮らせてもらってもいい?」
中華街3
…人物じゃないし。

猫や犬だったらコミュニケーション取れるのになあ。
中華街2

やれやれ誰を撮ったらいいのやら、と思っているうちにたそがれていくヨコハマ。
中華街4
人物スナップ写真撃沈しました。先生、ご、ごめんなさい。


気を取り直して翌朝、さらに早起きして再び横浜へと向かいます。
朝一番のセミナーに遅れたら大変と会場に着くと、今日は早々と受付を開始した模様であとは開場を待つばかり。
入場口前の列にまるちゃんを発見しましたー。そしてその後方には大阪から来たばんさんも。
集合場所は犬猫写真家の新美敬子さんのセミナーが開催されるパナソニックのブースです。

世界各地で撮られたたくさんの猫の写真を紹介しながら、そのときのエピソードも披露。
思わぬ猫の反応に喜んだり、びっくりしたりの話がとても楽しい。
新美先生
セミナーの前後には、ばんさんちの猫の平太さんやカメラの話で盛り上がったり、セミナーで使用した写真のインデックスプリントをいただいたり、気さくで楽しい人柄に魅了されてしまいました。
新美先生、ありがとうございました~!

その後はカメラ好き、お姉さん撮影好き、イベント好き?などでごった返す会場内を3人でふらふら。
おしゃれなカメラバッグやストラップ、プリンター、三脚などを物色。

ソニーブースでお話しされている粋な男性はだれ?と思ったら楽園写真家の三好和義さんでした。
三好さん
新製品の500mm大口径レンズで撮影した富士山の写真を紹介。
虹色に輝く彩雲や、凍った岩肌など、セミナーが終わった後、ブース後方のプリントでも拝見しましたがすばらしかったです~。

遅れて来場し、この日2回目の新美さんのセミナーに参加したしまねとさんとリコーのブースで合流。
一瞬のうちに座席が満員となり立ち見多数の会場で始まったのは、小澤先生のGRフォトテクニックセミナー~小澤太一流GRの接し方~。

歴代のGRをカメラバッグから次々取り出し、GRの魅力を紹介。
学生時代からの1000日間、GRで撮影した写真をモニターで映し出しパワフルに語る小澤先生。
大学生の小澤青年あり、楳図かずおさんとのツーショットあり、林家ぺー&パー子さんあり、バイト先に配達に来た岡持ちのおじさんあり、なんだかじわじわ面白い写真がいっぱい。
いつもGRを持ち歩き、撮影した積み上げがこんな財産になるのでしょうね。

そんなGRの最新機種がGR DISITAL Ⅳ
GRコザワ先生2

高画質で、表現力豊かで、デザインもよく、魅力的な撮影モードも搭載、と巧みな話術で聴衆を翻弄。
GRコザワ先生
「GRⅣ欲しくなっちゃったじゃないか、どうしてくれる?」とあちこちで抗議の声?も上がっておりました。

ところで先生が首から下げている限定カラーの白のGRⅣ、うちにあるなあ。ぜひ所有者であるおじさんにベツヲのすてきな写真を撮ってほしいものです。

そんな充実のCP+もフィナーレが近づいて来ました。
昨日の反省で、人物撮影としてきれいなお姉さんを撮ってみたり、
おねえさん1

パナソニックの講師陣勢揃いの掛け合いを楽しんでいるうちに、流れてきた蛍の光にうながされて会場を後にしたのでした。
パナソニック

思えば昨年のCP+で初めてお話しした小澤先生が、1年後に先生となっていたというおもしろさ。縁とは不思議なものだなあ、としみじみ。
今年も充実の2日間でした。
さて、来年はどんなことに?と今から楽しみです~。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コメ入れるのが今ごろになってしまいましたが
(鮮度が大事といいながらアンタが遅いがな!という話です…)
読みごたえのあるCP+レポをありがとうございます。

観光地の中華街での人物撮影って、これは条件難しすぎますって~。
キウイさん、大阪の観光地じゃない場所では
めちゃめちゃ上手にコミュニケーションとりながら撮影されてたのに、苦手??
むしろ、お得意なんじゃないかと思いますが~。

ごとー | URL | 2012年02月21日(Tue)23:44 [EDIT]


ごとーさん
ごとー軍曹の顔を思い浮かべながら、がんばってレポ仕上げました。誰かに尻をたたかれないとすぐさぼっちゃいますので、ありがたいです(笑)。ていうか、レポ待っててくれる人がいるとやりがいありますよね~。

中華街はお店の人のパワーと人込みに圧倒されて敗れ去ってしまいました。作品提出どうしよう?
コミュニケーション上手って、大阪のおっちゃんやおかんの人懐こさに救われてのものなのですよ。大阪で人物撮影リベンジしようかなあ。

キウイ | URL | 2012年02月22日(Wed)21:57 [EDIT]