猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

2011秋関西猫旅(その2)

さて、関西猫旅2日目は、大阪観光大使であり、買い食いマイスターとしても有名な、猫写の師匠ごとーさんが大阪街歩きを指南してくれました。指南されるのは、私と、主治医がイケメンだったおかげでひざの故障も順調に治りつつあるしまねとさん

スタートは地下鉄平野駅。ここ平野郷は平安時代時に開かれ、戦国時代には町民の自活都市として栄えたという歴史のある町。今でもその面影と伝統を残しています。

こちらは平野プロムナード。南海電鉄平野線の路線跡に作られたもので、信号や車止めなどがそのまま残っています。
プロムナード

大念佛寺は融通念佛宗の大本山。大阪府で一番大きな木造建築ですって。
イチョウが色づいたらまたきれいでしょうね。
大念佛寺

歩いていると、こんな格子の家をたくさん見かけます。
街並みを整備するために、店舗をリフォームしたり、住宅を伝統的町家に習って修景したりしているそう。
格子

で、でも、これは何?黒ペンキをこれでもかというほど塗りたくっています。
下にはペンキだまりもできているほど。しかも使用済みのペンキの缶を一直線に並べているのは何か意味があるのでしょうか?
黒ペンキ
謎が深まる平野の町。

さてそろそろ買い食いを、ということで連れて行ってもらったのは武家屋敷を改装したパン屋さんのtrois 3(トロワ)。
3人でそれぞれ1個ずつ選んだのは、手前から栗と大納言、ココアとクランベリー、クリームパン♪
パン
お店の軒先をお借りして、さっそくいただきます!
買い食いマイスターがバッグから取り出したのは「買い食いキット」。プラスチックのナイフでパンを切り分けて、みんなで全種類いただきました。さすがマイスター!

とてもおしゃれなパン屋さんですが、いろんな人が買い物に訪れます。
話し声がだんだん近づいてきたなと思ったら、現れたのは一人のご婦人(ということは独り言?)。花柄のつばの広いサンバイザーをかぶって「やわらかいのはどれ?若返るパンがいいな」とずーっとしゃべりどおし。
誰にともなく「私いくつに見える?84歳やで」
えー、ほんとですか?一回り以上若く見えますよ。
たくさん大人買いして、電動シニアカーに乗って帰って行かれました。スタート直後、ガラガラどっしゃーんと音がしてましたが、道端の植木鉢か何かをこわしてませんでしたか~?

パン屋さんのドアを出たところで「ありがとねー」と声をかけられました。
このお店のオーナーさんでしょうか?
「ううん、違うの、ここのお店のファン」
見れば、こんなおしゃれなカップルです。お願いして写真を撮らせていただきました。
ご夫婦
あまりにもファッショナブルなので、何をされてる方ですか?とお聞きしたら「普通のサラリーマン」とのお答え。またまた、ほんとですか?それにしても、二人でおしゃれして街歩き、いいですねえ。

買い物中に続々現れるおもしろい人たち。でも考えたら、カントーから来て買い食いしている私たちも十分おもしろいかも?
「その先におもろい寺があるから行ったらいいで」とご主人。
もちろん観光大使の案内ルートにも入っている模様。

「おもろい寺」こと全興寺さんは、聖徳太子がが建てた薬師堂が起こりの由緒あるお寺。
なのに、この看板てなんでしょう。ワクワク感が募ります。
全興寺

まずは地獄堂の入口で極楽度・地獄度をチェーック!
極楽チェック
なになに?暴飲暴食をしていて、不平不満が多い?大丈夫なのかしまねとさん。
地獄堂の中ではおどろおどろしい地獄絵図が展開されています。小さい子が見たら泣き叫んじゃうかも。

なんとか極楽行きに合格した私たちは「ほとけのくに」を訪問。
151体の石仏に囲まれたステンドグラスのマンダラの上で喜びの表情を浮かべます。
曼荼羅

境内には「小さな駄菓子屋さん博物館」もあり、ハッカパイプやリリアン編み、グリコのおまけなどの懐かしい品々に思わず歓声を上げてしまいます。
駄菓子屋さん博物館

他にも「平野の音博物館」、セミナーなどが開かれる「らくうかん」、メダカが泳ぐビオトープなどあり、さながらアミューズメントパークのおもむき。しかも無料なんです。ぜひお賽銭をはずむことをお勧めします。

まだまだ歩きますよ~。

【お知らせ】
ごとーさんの猫首輪や、ばんさんのポストカード、平太さんカレンダーなどが期間限定(24日正午まで)で通販実施中です。くわしくはこちらをどうぞ。


*動物愛護法改正のパブリックコメントの後半の募集が始まりました(12月7日必着)。
ブログ「ジュルのしっぽ-猫日記-」でわかりやすく解説されていますので、ぜひご覧ください。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まってました~!
そうそう、そうなのよ。
イケメンセンセのおかげで耐久レース完歩(笑)
ちょっと待って!
笑いながら黄泉の国に行っちゃいそうになってる私がいる~

レポは丸投げしま~す。よろしくで~す!←ずるいでしょ?
私も、楽しいとこ、アップしますね。


しましまねとこ | URL | 2011年11月22日(Tue)00:09 [EDIT]


こういう猫関係なしの大阪観光、前からしていただきたかったんです。
お二人が「お寺なんかいらんわ、猫いるとこ連れてけー」ってタイプじゃなくてよかった~。
お付き合いくださってありがとうございました!
時間があれば難波八阪神社の獅子殿なんかも見ていただきたかったです。

大阪観光大使の指南・・・
「なんかでっかい寺とおもろい寺が」、「豊臣か徳川どっちかの人が」
「パン屋、地図見ても場所分からん~、どこや~」
むちゃくちゃテキトーでしたね(笑)
キウイさんの方がもう立派な関西観光大使ですわ!

「千葉本」も出している京阪神エルマガジン社のムック本
「関西の寺 目覚めよ仏欲!隠れた宝寺、教えます。」
2年前に出た本ですが、おすすめです。

ごとー | URL | 2011年11月22日(Tue)01:13 [EDIT]


しましまねとこさん
いやいやお疲れ様でした!「先生のおかげで楽しかったです~」と報告に行きましたか?
無断でたくさん登場いただいてすみません!だってとっても楽しそうなんだもの。
しまねとさんのレポも快調、快調。期待してますねー。

ごとーさん
えっ、そうだったんですか~?だって、猫なしでも楽しいっていうか、おもしろすぎるー。また、機会があったら連れまわしてくださいね。ほんとにいつもすみません。
大阪観光大使のゆるさがおかしな人を引き付けるんじゃないか。そう確信した街歩きでした。
エルマガジンのムック、メモメモ。「目覚めよ仏欲」なんてめちゃくちゃそそられるタイトルですねー。

キウイ | URL | 2011年11月23日(Wed)21:44 [EDIT]