猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

大和から高野へ(その2)

翌朝、高野山に向けて出発。途中飛鳥の棚田によってみることに。
石舞台古墳の南というけどこの辺かな?と車を走らせていると、カメラの人たちがぞろぞろ。
間もなく見事な棚田が見えてきました。
赤や黄色の彼岸花が彩りを添えています。
棚田
ここ稲渕地区の棚田は「日本の棚田百選」に選ばれているとか。

車を降りた場所では、ちょうど「かかしコンテスト」が行われていて「絆」をテーマにしたかかしがあちこちに立っていました。
かかし道

棚田を後にしたころに予報どおり雨が降ってきました。今日はこのまま雨が降り続くよう。
そこで、高野山観光協会の方のアドバイスに従って、室内見学が主のところ行ってみることに。
まずは高野山の貴重な仏像や仏画を保存・展示している霊宝館へ。古くは平安時代からの作品が間近に見られて見ごたえたっぷり。宇治平等院を模したという大正時代の建物も必見です。

次は総本山金剛峯寺へ。
ふすま絵が見事なたくさんの部屋、緑が美しい中庭、大きな釜や調理台のある台所などを見学、大広間ではお茶とお菓子のサービス、女性の僧侶の楽しいお話も♪
金剛峰寺

今夜のお宿は一乗院。一度宿坊にに泊まってみたかったんです。
一乗院

食事はもちろん精進料理。一の膳から三の膳まで、揚げ物や蒸し物は、出来立てをその都度運んでいただきます。
八寸は「榎木ポン酢ジュレ掛け、エリンギソテー、林檎白掛け、胡桃ロースト、ブロッコリー 精進マヨネーズ ブラックペッパー、水菜と菊花の三色浸し」、酢の物は「インカの目覚めサラダ、フルーツトマト、ロマネスコ、マスタードリーフ、セロリのピクルス、パルミジャーノのガレット」などなどおしゃれ~。肉や魚がなくてさみしい、なんてことは全然ない華やかでおいしいお膳♪

食後は写経にトライ。毛筆が苦手な人は筆ペンでもOK。
写経

翌朝は6時の鐘の音を合図に始まる勤行に参加。慣れないながらも般若心経を唱えてみました。
昨日は作務衣姿で務められていた修行僧の方々も、僧衣に身を包みきりっとしたたたずまい。
朝食後は、副住職の指導のもと、阿字観という瞑想法を体験。
いつもと違う気持ちのいい朝を過ごしました。

この日は昨日と打って変わって良い天気。
宿坊を後にして、壇上伽藍へ。
伽藍

御堂の中で護摩を焚いておられます。
護摩

寺内には御社もあって、あでやかな前掛けを付けた狛犬も。
吽

そしてこちらは平成27年の高野山開創1200年記念のイメージキャラクター「こうやくん」。
こうやくん

そんなこうやくんグッズの一つであるTシャツを着て観光をするおじさん。
こうやT

メインストリートのおみやげ屋さんを巡った後、いよいよ高野山の信仰の中心、奥の院へ。
参道の両脇には織田信長、明智光秀、豊臣家、加賀前田家、浅野内匠頭などの墓所が点在していますが、あれれ?おもしろいお墓もありますよ。
ロケット
UCC
しろあり
ロケットにコーヒーカップ、しろあり??
様々な企業や団体の供養塔などもあるのでした。

参道奥の御廟橋を渡ると、空海が今でも肉体をこの世にとどめ、瞑想されているという弘法大師御廟があります。
ここから先は撮影や飲食禁止という注意書きがありますが、その有無にかかわらず、自然と身が引き締まるような厳粛な雰囲気が。
信仰の地、聖地という言葉がぴったりな空間なのでした。

さてさて、高野山からの帰り道は、東名高速で30キロの渋滞にはまり、行きの2倍近い11時間かかってしまいました。
運転のおじさん、お疲れ様、おなかをすかして待っていたベッちゃん、ごめんなさいでした。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

キウイ母さん!明日香へも寄られたのですね!
実は、おすすめのカフェがあるんです~。
数年前、他県から明日香の地へ移住して来られたご夫妻が、古民家を改装して始められたカフェです。
メディアにも、よく取り上げられていますが、なんとTVの『人生の楽園』にも出演されました。
自宅では、猫も飼われています~♪
予約制のランチも、人気があるそうです♪
「cafe ことだま」ブログもチェックしてみてくださいね!

おじさんのTシャツ、いいカンジですよ(@_@)
ぶら下げているカメラが、かわいいですね!!
10月に妹が高野山へ行くと言ってました。もう、寒いでしょうね。
盛り沢山なレポート、参考になります(^_^)

みわこ@奈良! | URL | 2011年09月29日(Thu)16:04 [EDIT]


みわこ@奈良!さん
「cafe ことだま」しっかりチェックしました。すてきなお店ですねー。次回ぜひ寄らせていただきます。
お店のブログを見ると棚田の彼岸花が今満開ですね。私が行ったときは6、7分咲きでした。
こうやくんTシャツ、なんと1,200円!値段の割に生地もしっかりしていておすすめです。一乗院の修行僧の方のおすすめは立体ストラップだそうです♪
高地のせいか、奈良に比べて気温が低く、ほっと一息つきました。来月は寒いぐらいかもしれませんね。

キウイ | URL | 2011年09月29日(Thu)23:27 [EDIT]