猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

やっぱり 京都、行こう(観光編)

青い空、濃い緑、夏の光、暑い暑い京都です。
こちらは大徳寺。
大徳寺
連日の猛暑で、昼間はなるべく外に出ないようにしている今日この頃。
酷暑の京都を歩き回って熱中症になったら大変!というわけで、JTBの「女将おすすめ夏号」というバスで観光することにしました。
京都の宿の女将が交代でバスに同乗し案内してくれます。この日は五条大橋近くの金岩楼別館と老舗の炭屋旅館の女将さん。

大徳寺からさらにバスは北へ進み、源光庵へ。
本堂には、「悟りの窓」という丸い窓と、「迷いの窓」という角窓があります。

「迷いの窓」は人間の生涯を象徴し、生老病死の四苦八苦を表しているそう。
迷いの窓

「悟りの窓」は禅と円通の心を表し、円が大宇宙を表現しているそうです。
悟りの窓
紅葉の時季にこちらを訪れる人は多く「窓の前で立ち止まらないでください」と言われるほどの人気とか。
この日はゆっくりと窓から見える風景を観賞することができました。

次に訪れたのは上賀茂神社。
境内には百人一首の「風そよぐならの小川の夕ぐれはみぞぎぞ夏のしるしなりける」で知られる「ならの小川」が流れ、木陰に入るとほっと一息できる涼しさです。

地元の子どもも気持ち良さそうに水遊び中、ってあれ~、白装束の子どもも2人?
上賀茂神社1

こちらの女の子たちは神職さん?
上賀茂神社2
実は上賀茂神社アートプロジェクトというイベントが開催中で、若いアーティストの作品約100点が展示されていたのでした。
世界文化遺産の神社とアートの組み合わせ、不思議にマッチしていましたよ。

さて、夜は夕涼みを兼ねて、今年初めて開催されるという「京の七夕」を見に堀川へ。
京の七夕1

堀川沿いの遊歩道に七夕の笹飾りや竹のアート作品などが展示されています。
こちらは天の川のアーチ。光が流れて幻想的な雰囲気でした。
京の七夕2
「京の七夕」は堀川会場のほかに鴨川会場でも15日(日)まで開催されています。

観光編、もうちょっと続きます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年08月15日(Sun)15:29 [EDIT]


鍵コメさん
夏バテだいじょうぶですか~?
今年は異常な暑さなので、無理しないようにしながら、それでもいろいろ楽しみました。
またいっしょに京都行きたいですねー。

キウイ | URL | 2010年08月16日(Mon)21:56 [EDIT]