猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

海沿いを歩く

6月末の写真講座の実習先は荒崎海岸。
京急三崎口駅からバスで向かいます。
いきなり目的地へ行ってしまってもつまらないので、途中の停留所で降りて、海沿いを歩いてみることにしました。

今シリーズの講座のテーマは、苦手な組写真。
組写真といっても、組み方はいろいろ。
それぞれ違ったシーンを集めて全体で何かを表現したり、共通した色や形、シーンを集めたり。
最初からこういうものを撮ろうと決めて、これとこれを組み合わせて、と考えながら撮りなさいと言われるのだけれど、またまた漠然と歩き始めました。
そのうち、漁港も近いので、綱と網を多目に撮ってみようかと決定。
成り行き任せはいけないんですけどねえ。

漁網

綱

カゴ

庭先から出てこられたご近所の方が「冬は富士山方向に夕陽が沈んできれいなんだよ」と教えてくれました。
海

家の玄関先にあった貝殻と綱のオブジェ。
貝殻

この漁具は何に使うのでしょう?
集合

夏が近いので、植物もぐんぐん伸びています。
草

赤い網

ゴミ箱の金網も、綱の仲間ということで撮っておこう。
ゴミ箱

綱をつなぐ

道の脇にあった綱は、何かのお守りなのか?
結ぶ綱

こんなところに猫がいたらいいな、というエア猫写。
黄色い自転車

赤いトタンにピンクの花。
赤い壁

ようやくとんびが空を旋回する海岸に到着。
とんび

岩場が多い荒崎海岸は見応えたっぷり。
磯遊びをする人たちもたくさんいました。
砕ける波
組写真の出来栄えは置いておいて、気持ちのいい海沿いハイキングを楽しんだのでした(ちょっと違うけど)



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する