猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

ハスを見に

先週、千葉公園に、今が見ごろの大賀ハスを見に行ってきました。

昭和26年、千葉市にある東京大学農学部の農場の泥炭層から、2000年以上前のハスの実が発見されました。
植物学者の大賀博士が発芽に成功、博士の名前を取って、大賀ハスと呼ばれるようになりました。
ひとつの実から生長した蓮根のうち、ひとつが千葉公園に植えられ、以来、開花の時期には多くの人が訪れています。

なのに、なのに、市内に住んでいるのに、ハスを見に来るのは初めて。
いつでも行けるさ、と思っていると行かないものなんですねー。
ハス池

カメラや携帯を手にした人、絵筆を持つ人、結構にぎわっています。
後ろに見えるのは千葉都市モノレール。
モノレール

ぷっくりしたつぼみもかわいらしい。
つぼみ

開花1日目の花は、早朝から開きはじめ、8時ごろには閉じはじめるそう。
1日目

花芯の黄色と白が、花びらのフーシャピンクといいコンビネーション。
花芯

こちらはおそらく2日目の花。
未明に咲きはじめ、昼前に閉じます。
2日目

3日目になると、花の色も薄くなってきます。
全開の花に、ハチもおじゃましてますね。
開く
そして、4日目の午後には花がすべて散ってしまうとか。

小雨が降ってきたので、そろそろ退散しましょう。
水

雨にぬれる花も、またいいものです。
雨のしずく
なんで今まで来なかったのかなあ。

ちなみに、大賀ハスは千葉市の花。
大賀ハスの妖精「ちはなちゃん」は、「花の都・ちば」のキャラクターなのです。
ちはなちゃん


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する