猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

さびちゃんの思い出

現在のマンションに越してきてのは6年前のちょうど今頃。ベツヲを我が家に迎えた翌年のことです。
晴れてペット可の住居に住むようになったのでした。

越してきてまもなく、近所の家のさび猫と仲良しになりました。
道路から数段下がったその家の玄関脇に置いた猫ベッドに寝起きする女の子。
とても人懐こく、通りかかる人々によくなでられ、かわいがられていました。

ちょっと太目の体に、くるんと曲がったかぎしっぽ、黒い鼻筋が魅力です。
だみ声でにゃー、にゃーよく鳴くおしゃべりさん。
さびちゃん3
あら、お出かけ?ちょっとなでていきなさいよ。

まれにその家の人に会う機会があり、伺った話によると…。
昔からこの辺でよく見かけた野良猫であること、なぜかうちが気に入って居ついたため、猫ベッドと食事を用意していること、多分それなりの年齢であること、名前は付けていないこと。
もし気に入ったら連れて帰ってもいいよ、とも。
さびちゃん2
連れて帰ってもいい、なんて言うわりには、ご主人が結構かわいがっていたのを知っています。
ピンクの首輪もしていたし、背中におできができたときは病院に連れて行ってもらって、しばらく家の中で暮らしていたこともあったよね。
名前がないなら、単純だけど“さびちゃん”て呼ばせてね。

いいわよ。そんなことより、ちょっと腰をぽんぽんたたいてくれる?
さびちゃん1
さびちゃんはふくふくしていてなでがいがあるねえ。こんなものでいいですか?

私のなで方が気に入ったのか、その家の近くまで来ると、足音を聞きつけて奥のベッドから出てくるさびちゃん。家の前まで来るともう姿を現しています。
そんなさびちゃんがかわいくて、遠回りになってもその家の前を通るようにしていたのでした。
さびちゃん4

昨年の3月中旬、帰宅途中にさびちゃんに会ったところ、ちょっと見ない間にびっくりするほどやせてしまっていました。
翌朝たまたまご主人に会うことができたので「猫ちゃんがとってもやせちゃったみたいですが、どうかしたのですか?」と尋ねました。
ご主人はさびちゃんを抱き上げて「あれっ、ほんとだ。軽くなっちゃった。病院でみてもらおう」と驚いた様子。

その後、さびちゃんの姿が見えなくなり、その家の人ともタイミングが合わず会えることもなく、さびちゃんの様子は全然わかりませんでした。
やっと、その家の娘さんにばったりお会いできたのは今年に入ってから。
「猫は去年の秋に亡くなりました。糖尿病だったんです。毎日インシュリン注射をして、それでも6カ月以上生きました。獣医さんにもずいぶんがんばったって言ってもらって。いろいろな人にかわいがられて幸せな猫でした」

半分は覚悟していましたが、もう半分はおできの治療のときのように、家の中で暮らしているのかもと期待していたのに。もう会えなくなってしまったさびちゃん。
今でもその家の前を通ると、ついさびちゃんの猫ベッドがあったあたりをのぞいてしまいます。
さびちゃんのことは多分ずっと忘れないんだろうなあ。

かわいい子猫の里親さん募集中
りょう吉さんのところでキジトラベースの三毛の女の子の里親さんを募集しています。一度のぞいてみてください。とっても美猫さんです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

しっぽのくるりんの表情もかわいいです~。
出会いがあれば別れもあるとはわかっていてもツライですよね。
でも知り合えてお互い楽しい時間を過ごせたのですから、残された私たちはその思い出を大切に慈しむのですね。
ご冥福をお祈りします。

とにゃまま | URL | 2009年09月01日(Tue)12:39 [EDIT]


キウイさんにしっかり甘えていますね♪
「ぽんぽんたたいてくれる?」がなんともかわいらしいです。
別れはどうしたって、悲しくつらいです・・・
でもお世話をしていたお家の方、
キウイさんはじめ、たくさんの方に愛されたさびちゃん。
楽しく過ごした時間を抱きしめて下さい。
ご冥福をお祈りします。

ぽぽろ | URL | 2009年09月01日(Tue)14:59 [EDIT]


キウイさん、こちらでは初めまして。なかなかコメントできず読み逃げばかりでしたが、これからよろしくお願いいたします。

さびちゃん、多分ノラさんの中ではとても幸せだったんだと思います。
多くの人に愛され、そして野良猫とは言えない環境だったんですもん。
きっと本人もとても幸せだったと思います。たくさんの思い出がある分だけ悲しいですね。でもその思い出は決して悲しくないです。
さびちゃん、皆大好きだったよ、ありがとう。

toki | URL | 2009年09月01日(Tue)22:52 [EDIT]


とにゃままさん
出会ったときにはシニアと呼ばれる年齢だったと思うので、いつかは別れの日が来るのはわかっていたのですが…。
顔を合わせるたびに、体をゆすってよちよち歩いて寄ってきたことなど思い出されます。

ぽぽろさん
さびちゃん(きっとみんな勝手に名前をつけていたかも)ファンは多かったと思います。
とっても人懐こかったですから。
さびしく思っている人は私のほかにもたくさんいるでしょうね。

tokiさん
こんにちは!ようこそいらっしゃいました。こちらこそよろしくお願いします。
かわいがってくれる人を見つけて、押しかけ外猫さんになったさびちゃん。なかなか賢いですよね。
確かに幸せな猫だったと思います。私もさびちゃんにありがとうと言いたいです。

キウイ | URL | 2009年09月01日(Tue)23:43 [EDIT]