FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

瀬戸内紀行(その2)

草間彌生さんの赤かぼちゃ、どーんと鎮座。
中に入って記念撮影する人多数。
赤いかぼちゃ

それにしても海外からのお客さんが多い。
半分以上は海外の方のような印象。
欧米系より若干アジア系が多いかな?

港に停泊しているフェリー越しの眺め。
フェリー越し

今日は、直島から船で1時間ほどの犬島まで。

海沿いに石の列が並んでいます。
岩の列
広々として気持ちがいいなあ。

かつて銅の精錬所があった犬島。
でも、銅の価格が大暴落し、わずか10年で操業を終えたんだそうです。
その精錬所跡をアートとして再生したのがこちら、犬島精錬所美術館。
煙突
残念ながら、内部は撮影禁止です。

美術館を出て、周辺を散策。
裏手の小高い丘から海も見えます。
反対側から煙突

銅を精錬したときに出るスラグで作られたレンガを組んだ壁。
登ってみる

今にも崩れそうだけれど大丈夫なんでしょうか?
これも煙突

敷地内に当時の様々な遺構がありました。
廃墟
最盛期には5〜6千人もの人たちが住んでいたそうですが、現在の人口は約50人とのこと。

その他、集落に点在するアート作品を巡りました。
ポール

アクリル板

夕方高松に戻り、高松中央商店街へ。
商店街
ドーム広場では大道芸が行われて、たくさんの見物客で賑わっていました。

翌日は朝一番のフェリーで男木島へ。
さっそくアート巡り開始。

日本家屋の中をペインティング。
日本家屋のために

床の間や柱までびっしりと。
日本家屋2

前回訪れた際に、島民の方々がカラフルなオンバを使っている場面をたくさん見ましたが、その作成現場のオンバファクトリー。
オンバ1

オンバ2

The Space Flower・Dance・Ringと名付けられた不思議なアート空間。
細密画

家も庭も炭になっちゃった?
家
これもアート作品です。

陶磁器で作られた花々。窓の外には瀬戸内海。
ワイヤー

廃屋のアート?
廃屋

中に入ったら家の中に滝がありました!
廃屋2

ヤカン、しょう油のビン、缶、おもちゃなどぐるぐる回ってる。
オブジェ

島民の思い出の品々をビンに詰めて吊るした「記憶のボトル」。
記憶のボトル

うわっ、なんだか足元がおぼつかなくなりそう。
部屋が90度回転してます。
どちらが上?

狭い坂道を行ったり来たり。
男木島のアート作品はほぼ全部見たかも。

さあ、フェリーに乗って戻ります。
フェリー


もう1回続きます。


スポンサーサイト



PageTop

瀬戸内紀行(その1)

何度か訪れた瀬戸内海の島々。
島内に現代美術のオブジェなどが点在していました。
次に行くときは、3年に1回開催されるトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭の期間中に行ってみよう!と思い、実現したのが去年のこと。

芸術祭

まずは高松からフェリーで直島宮浦港へ。
バスで本村地区に移動し、パンフレットを手に、年配のご夫婦が営むお食事処で腹ごしらえ。
ランチ
一つ一つのおかずがとってもおいしい。
リタイアしてから直島へ移住したんですって。

前回来られなかったANDO MUSEUM。
ANDO MUSEUM
安藤忠雄さんは直島のたくさんのアート施設も設計しています。

直島町役場近くの直島ホール。
ホール
自然に風が抜ける構造になっているそう。

こちらは再訪、御王神社。
神社

ガラスの階段は何度見てもすてき。
神社の階段

街を歩いていても、いろいろなアートがあるので、見逃せません。
ありがとう

here is

各家の屋号をデザイン化した屋号プロジェクト。
屋号

のれんプロジェクトも楽しい。
のれん

のれん2

のれん3

家の前に置かれた草間彌生風アート?
水玉模様
島民の方々もいろいろな形で参加してるんですね。

本村港に出現した不思議なオブジェ。
港1

ガラスの扉の向こうは船の待合所になっています。
港2

作品鑑賞パスポートを首から下げてアート巡り。
撮影禁止のスポットもあるので全部ご紹介できませんが、訪れたときのお楽しみ。

歩き疲れたらカフェで休憩。甘味補給。
スイーツ

スイーツ2

こちらは The Naoshima Plan 2019 「水」。
直島ホールを設計した三分一博志さんによる水の庭。
水
訪れた人は、水に足をつけたり、思い思いに過ごしていました。

大竹伸朗さんの「はいしゃ」も再訪。
歯医者

宮浦地区まで戻り、港周辺をぶらぶら。
夕暮れのアート

日も暮れてきました。
夕闇のアート

翌朝も同じ場所へ。
朝のアート
夜と昼ではずいぶん印象が変わります。

昨晩お風呂をいただいた直島銭湯「I ❤️ 湯」。
大竹伸朗さんによる美術施設ですが、実際に入浴できます。
銭湯

島を走るバスにも草間彌生さんの黄色いかぼちゃが。
草間バス

続きます。


PageTop

毎日が猫の日

2月22日は猫の日。
今年は2020年、令和2年で2がいっぱいということもあって盛り上がってますねー。

我が家は特別なことはなんにもなくて、いつもと変わらないけれど、気持ちは毎日が猫の日。
キミたちがただそこにいることでどんなに助かっているか、おかあちゃんはとっても感謝しているのです。

ベッドベツヲ

テーブルナッツ

ソファレイ

えっ?感謝をごはんで示せって?
じゃあ、何かおいしいトッピングをおまけしようかな。


サイドバーのイベント情報でも紹介していますが、2月は猫関連のイベントも多数。
私も毎週少しずつ行ってみようと思っています。


PageTop

首根っこをつかむ

兄ちゃんはかわいいですね。
首根っこ1

レイちゃんがいい子いい子してあげましょう。
首根っこ2

はい、もうちょっとこっちに来て。
首根っこ3

ベロベロベロベロ。
首根っこ4

レイ、いい加減にしないと怒るぞ。
何ですか?なんか文句あるんですか?
首根っこ5

怒られて少しひるみながらも、兄ちゃんを足でブロック。
この態度のでかさって、どうなってるんでしょうね。


ただいま大丸東京店で開催中の大丸ネコまつりのだいにゃる猫の写真展で、レイのバンザイ寝の写真も展示されています。
私の写真は1階お菓子売場、友人のばんさん(ten_byo)の写真は12階レストラン街にあるので、ぜひご覧ください!


PageTop

降りるときのことは考えていない

どこかでゴトゴト音がするなあと、音のする方に行って見たら、クローゼットのドアが半開き。
電気をつけたらこれですよ。
降りられない1

レイちゃん、どうしましょう?降りられません。
降りられない2

そうだ、あっちに行ってみよう。
降りられない3

うーん、ちょっとムリ。
降りられない4

あっちはどうだ。
降りられない5

ここから行くしかないかも。
降りられない6

行けそうだと思ったけど腰が抜けません。
降りられない7

もう一度カゴに入ったところで、おじさんレスキュー隊を要請。
カゴごと身柄を確保しました。

レイ坊はレバーに飛びついて、ドアを開けちゃうんですよね。
ここに登るときは、洋服をよじ登ったんだろうなあ。
こわくて、服の点検をしてません…。



PageTop

晴れた日に

日差しが暖かい日、久しぶりにブラッシングをしました。

おじさん、そこそこ。ベッちゃん、ブラッシング大好き。気持ちいいなあ。
ベツヲブラシ

レイちゃんもやって、やって〜。
レイブラシ1

そういえばナッツ姉ちゃんはどうしたんでしょう?
レイブラシ2

その頃ナッツはおじさんの机の下でひなたぼっこをしていました。
ナッツはここで
ナッちゃんはおじさんを独占できる時にやってもらうんだからいいんだー。

チビッコといっしょだと落ち着かないからいやみたいです。
ナッちゃんはまた今度ね。


PageTop

くっつくとあったかい

ベツヲとレイ坊、ぴったりくっついてなかよしだねー。
くっつく1

ベツヲが寝ているところにレイ坊が押しかけるのがいつものパターンだけれど。
くっつく2

いっしょに寝るとあったかい。
くっつく3
今日は揉め事も起こらず、平和に寝ているふたり。
小柄なレイ坊が半分以上を占めているのもお約束。




PageTop

自分だって甘えすぎ

ベツヲ兄ちゃんがおじさんに甘えてるのを、厳しい顔で見ていたレイですが、自分だってこれですよ。
甘えレイ
ベッちゃん、見て見て〜。笑ってやって。

そのまま寝ちゃった甘えん坊レイ坊です。
甘えレイ2


今日から大丸東京店で「大丸ネコまつり」が始まりました。
イベントのひとつ「だいにゃる猫の写真展」では、レイ坊のバンザイ寝の写真も展示されています。
お買い物のついでにぜひご覧くださいね〜。
詳しくはこちらをどうぞ!


PageTop

正座で観賞

岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」。
人だけでなく猫にも大人気と聞きますが、うちの猫たちも大好きです。

中でもナッツはこの番組の大ファン。
テレビにかぶりつきで見ています。
テレビ鑑賞1

画面に映る猫にも夢中ですが、岩合さんにも興味津々。
テレビ鑑賞2
きちんとお座りして、(猫なりに)背筋を伸ばして観賞中。

猫ベッドで寝ていたレイもこの表情。
テレビ鑑賞3

ベツヲはこの時は熟睡してたんだっけ?
あと2本ほど録画してあるので、またみんなで見ようね。




PageTop