FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

雪混じりの日とピーカンと

もうだいぶ前のことになってしまいましたが、写真講座の実習の写真を。

1月末の実習は墨田区の最北端、鐘ヶ淵。
荒川と隅田川に挟まれた土地です。

時々ちらほら雪が舞う、とても寒い日でした。
みんなは川沿いを歩いていましたが、私は住宅街をうろちょろ。
こんな植木鉢を発見したり。
足植木鉢

なんということのない普通の街並みがおもしろい。
街角
すれ違った女性が「その先に七福神めぐりのお寺があるわよ」と声をかけてくれたりして、下町らしいいい街でした。

ここは一体何屋さんだったのかな?
グラスやら、小瓶やら、置物などのガラス製品が並んでいました。
ショーウインドウ

隅田川沿いには、白鬚防災団地という名の高層団地の建物が延々と続いています。
なんと1.5kmもあるんですって。巨大な壁のようです。
団地

日が暮れて来たらますます冷え込んで来て、
橋
帰りの電車に乗ってほっと一息な冬の日でした。

2月の半ば、最後の実習は、小金井市の江戸東京たてもの園。
春がそこまで来ているようなそんな1日。
カーテン

ピーカンの語源は、空がタバコのピースの缶のような色の快晴の日という一説があるということだけれど、まさにそんな空。
土蔵

水に映る陽もきらきら。
ちょろちょろ

影もくっきり。
しましま

曇りガラスの向こう側もほんのりと春の色合い。
窓

舗石に刻まれたSHINAGAWAにはどんな意味があるのかな?
敷石

昔の商店を復元した店先にはソロバンと帳面が。
帳面

昭和の人には懐かしい看板のある壁には木の影が伸びていました。
木の影

3月で半年のコースが終了しました。
ちょっと慌ただしい日が続くので、しばらく受講はお休み。
落ち着いたら単発の講座を受けてみようかなと思っています。



スポンサーサイト



PageTop