猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

ハスを見に

先週、千葉公園に、今が見ごろの大賀ハスを見に行ってきました。

昭和26年、千葉市にある東京大学農学部の農場の泥炭層から、2000年以上前のハスの実が発見されました。
植物学者の大賀博士が発芽に成功、博士の名前を取って、大賀ハスと呼ばれるようになりました。
ひとつの実から生長した蓮根のうち、ひとつが千葉公園に植えられ、以来、開花の時期には多くの人が訪れています。

なのに、なのに、市内に住んでいるのに、ハスを見に来るのは初めて。
いつでも行けるさ、と思っていると行かないものなんですねー。
ハス池

カメラや携帯を手にした人、絵筆を持つ人、結構にぎわっています。
後ろに見えるのは千葉都市モノレール。
モノレール

ぷっくりしたつぼみもかわいらしい。
つぼみ

開花1日目の花は、早朝から開きはじめ、8時ごろには閉じはじめるそう。
1日目

花芯の黄色と白が、花びらのフーシャピンクといいコンビネーション。
花芯

こちらはおそらく2日目の花。
未明に咲きはじめ、昼前に閉じます。
2日目

3日目になると、花の色も薄くなってきます。
全開の花に、ハチもおじゃましてますね。
開く
そして、4日目の午後には花がすべて散ってしまうとか。

小雨が降ってきたので、そろそろ退散しましょう。
水

雨にぬれる花も、またいいものです。
雨のしずく
なんで今まで来なかったのかなあ。

ちなみに、大賀ハスは千葉市の花。
大賀ハスの妖精「ちはなちゃん」は、「花の都・ちば」のキャラクターなのです。
ちはなちゃん


スポンサーサイト

PageTop

ドキドキ接近中

寝室に入ってわが目を疑いました。ナッツとレイがくっついてる!

ナッちゃん、いいの?ほんとにいいの?怒らないの?
ドキドキ1

チビスケがおとなしくしてりゃ、まあいいわよ。
ドキドキ2

それにナッちゃん眠いし。
あっ、ナッツねえちゃん。レイちゃんと仲よくする?
ドキドキ3

それじゃあなかよしのチュー♪
ドキドキ4

え?今何があった?
ひょえー、ベッちゃん、ドキドキして見てられないよ。
ドキドキ5

ちょっと、あんた、ナッちゃんに何したのよ。
ベッちゃん、目をつぶっちゃおう。
ドキドキ6

変なことしたらぶつよ。
なんでもない、なんでもない、なんでもないダンス~。
ドキドキ7
あー、ナッツが左手を上げたー。レイはおどけてごまかそうとしてるし。
ベツヲといっしょにドキドキ。
ケンカしながらでも距離が縮まるといいんですけどね。


[はっちゃんの思い出(その3)]
次々出版されるはっちゃんの写真集や、八二さんの雑誌の記事などを見て、うちの猫たちの写真も工夫して撮るようになりました。
八二さんが連載されている雑誌「ネコまる」に、初めてキウイたちの写真を投稿して載せていただいたのもこのころ。

2006年12月に発売された、デジカメ初心者向け「はっちゃんのデジカメ!写真ドリル」のはっちゃんの写真を参考にして撮ったり。
発売を記念した「ドリル写真作品の大募集」に応募したキウイの写真が優秀作品のひとつに選ばれて、八二さんのサイン入りはっちゃんの写真を賞品にいただき狂喜乱舞!
今もそのはっちゃんの写真はキウイの祭壇に飾っています。

2007年4月、八二一写真展「はっちゃんミュージアム2」を見に大阪へ。
会場にははっちゃんの大きな写真がたくさん展示されていたほか、八二さんの写真講座のみなさんの猫写真も多数ありました。
さすが講座生、どれも猫の魅力が写しだされていて、感心しまくり。
ミュージアム2
会場で八二さんの写真講座に参加したあと、ちょうど同時期に開催されていた講座生のグループ展へ行ってみることに。
八二おとんさんがていねいに会場である茶屋町のギャラリーへの行き方を案内してくれたのでした。

翌日は予約していたサイン会に参加。
サイン会
お客さんもニコニコ、八二さんもニコニコ、はっちゃんも上機嫌の楽しいサイン会でした。
はっちゃんは、おとんとおかんにすりすりしたり、机の上を自由に歩き回ったかと思うとベッドでまったりしたり。
お客さんの顔をじっと見たり、ときおりニャーンと鳴いたり、またまた大物ぶりを発揮。
こんな猫っていないよなあ、はっちゃんは特別にすばらしい猫だなあという思いを強くしたのでした。



PageTop

人気のベッド

すまん寝レイ坊。
すまん寝レイ

おくつろぎ中のベツヲ。
顔ピン

今度は足にピン!
足ピン

ベツヲとレイに大人気の猫ベッド。
そういえばこのごろナッツがここで寝ることはあんまりないなあ。
いつか3猫でぎゅうぎゅうなところが見てみたい。


[はっちゃんの思い出(その2)]
2006年の4月、大阪梅田の阪神百貨店で、八二一写真展「はっちゃんミュージアム」が開催されました。
はっちゃんの大きな写真がどどーんとたくさん!
会場内は撮影不可のため、唯一撮影できる入口パネルでは、入れ代わり立ち代わり記念撮影が行われていました。

そんなわけで、今回もついてきたはっちゃんファンのうちのおかん。
阪神百貨店1

翌日ははっちゃんのサイン会にも参加しました。
サインをするおかんさんを「おかん、ちゃんとやっとるかニャ」とのぞき込むはっちゃん。
後姿ですみません。
なんだか緊張と興奮で撮影もままならず。こんな感じの写真が数枚あるのみ…。
阪神百貨店2
左手奥では、テレビ取材のカメラが入っています。
たくさんの人やライトにも全然動揺せず、はっちゃんはマイペースでおとんさんとおかんさんに甘えたり、時折ニャーンと鳴いたり、堂々としたものでした。



PageTop

ベランダから

雨ですねー。
雨を見る1

どれどれ、今日も雨か。
なんだかつまんないな。
雨を見る2

そうでもないよ。いろんな傘をさした人が通るだろ?
ほんとですね。ワンワンも散歩してます。
雨を見る3

さて、ベッちゃんは昼寝をするか。雨の日は寝るに限るよ。
えっ、おじちゃん、もう行っちゃうの?
雨を見る4

今回はおじさん撮影の写真でお送りしました。
2人でなかよく雨を見ていたんですって。


[はっちゃんの思い出]
はっちゃんが亡くなってから10日。
今ごろ空の上で、元気に走り回っているかな?
大好きなはっちゃんの思い出を数回に分けて書いてみようと思います。

キウイがうちに来てから、猫についてたくさん知りたくて、猫雑誌を買うようになりました。
そこで出会ったのが、「猫びより」や「ネコまる」で連載をしていた男女二人組の写真家八二一(はにはじめ)さん。
おそるおそる始めたネットで、八二さんのホームページにも訪問するようになりました。

あるとき、掲示版に「3月からいっしょに住んでいるはっちゃんです」とかわいい猫の姿が!
2003年の春のことでした。
おもしろいポーズを次々繰り出し、表情豊かなはっちゃん。
掲示版にも「写真集出してくださーい」の書き込みも多く、ついに2004年「はっちゃんち。」出版。それを記念した写真展が大阪中津のカフェ「カンテ・グランデ」で開催されることになりました。

私はと言えば、大阪行ったことないけど、中津ってどのあたりだろう?いいなあ、行きたいなあ、と写真展に行った方の書き込みを見ながらうらやむばかり。
半年後に2冊目の写真集「はっちゃんて、」出版を記念した写真展が開催されることになり、今度は思い切って大阪に飛んでいきました。

ちょうどギャラリーにはっちゃんもいて、リード付きながら、ギャラリー内を堂々と歩いていました。
そして、おかんさんから「はっちゃんをだっこしてみますか?」と言われて「します、します!」と有頂天に。
ところが、はっちゃんは「いやー」と拒否。それもいい思い出です(笑)。
はっちゃんの手足は、同い年のうちのベツヲと比べ大きくがっちりしていたなあ。

1年後の2005年秋の「はっちゃん日記出版記念展」には、買ったばかりのデジカメを持って再び訪問。
おかんさんのひざの上からおとんさんを見つめるはっちゃん。
はっちゃん展1

すっかりはっちゃんファンになった、うちのおかんもついてきました。
はっちゃん展2
「はっちゃん、こんにちは。かわいいねえ」
おいおい、近すぎだよ。


PageTop

坊ちゃん

おかあちゃんもおじさんも、レイちゃんのことレイ坊って言うんだよ。
女の子なのにおかしいよねー。

レイプロフィール
レイ坊の坊は、いたずら坊主の坊、暴れん坊の坊、それから食いしん坊でしょ、甘えん坊でしょ…。

今日は、竹から生まれたかぐや姫のように?レイがガードレールの土台から出てきた日。
その時の様子は、こちらこちらに。
360グラムのちっちゃな女の子でした。

後ろ左足を骨折し、骨盤がずれてしまっていたけれど元気いっぱい。
1週間病院で過ごした後、家に連れてきました。
チビレイ

あとで、しっぽの先がマヒしていることがわかり、今でもしっぽをピンと伸ばすことはできないけれど、気にしない、気にしない。
むしゃむしゃ

大人になった(ほんとになったのか?)今は、体重2.8キログラム。
やっぱり小柄ですが、我が家で一番の大物です。

押し入れの探検終了~。
さて、今日こそはナッツねえちゃんのおでこをパンチして見せます。

押し入れ探検

ナッツに怒られても全然めげず、ベツヲを翻弄し、甘え上手で、とびっきり愛らしい。
兄ちゃんと

末っ子レイちゃん、毎日楽しく、ごきげんで過ごしてくれたらおかあちゃんはうれしいよ。

やっとブログのタイトル(こてちさんの案をいただきました)や紹介のページにレイを加えました。
レイちゃん、遅くなってごめんねー。



PageTop

アスリートだもの

昨日、ナッツのワクチン接種で、動物病院に行ってきました。
気配を察して、ソファの後ろに隠れるベツヲ。
違うよ、今日はベッちゃんじゃないよ、と言ってもおびえて鳴くばかり。

ナッツをキャリーに入れようと、洗濯ネットを手にせまりますが、するり、するりと身をかわして全然つかまらない。
我が家で一番の運動神経の持ち主ナッツに、どんくさい私じゃ勝負にならず。
もう今日はだめかも、と思ったころ、布団の中に身を潜めたのを幸いに、布団ごとネットに入れる勢いでやっとつかまえました。

無事にワクチンも終わって、その夜。
「ドカッ」という音がしたので見に行くと、ナッツが本棚のてっぺんに。

見て、見て。ナッちゃん、登ったよ。
本棚1

結構高いな。すごいぞ、ナッちゃん。
本棚2

天井に頭が付いちゃうよ。
本棚3

でも、ちょっと降りるの大変かもよ。
本棚4

えっと、こうかな?
本棚5
わー、やめてー、とクッションを取りに行っているうちに、一気に飛び降りちゃいました。


PageTop

ただいま接近中

うわっ、ナッツとレイが、私のベッドでいっしょに寝てる!
2人ベッド1

レイちゃん、あんまり近くに行くと、ナッツ姉ちゃんに怒られちゃうよ。
2人ベッド2

だいじょぶですよ。お姉ちゃんが怒りそうになったら、こんなんしたり、
2人ベッド3

あんなんしたりして、おどけちゃうから。
2人ベッド4
どうかなあ。さっきから、ナッツが厳しい顔で見てるけどねー。


猫写のお友だち、大阪在住のはやしみほこさんが、第41回JPS展で優秀賞を受賞されました。
6月11日(土)から26日(日)まで、東京美術館で展示されます。
その後、名古屋、大阪でも順次展示の予定。
文部科学大臣賞の作品も猫写真。これは見に行かねば!
くわしくは、こちらのページをご覧ください。 → 


はっちゃんが今日永眠したとのお知らせがありました。
写真家八二一さんのおうち猫になったときから、八二さんのホームページ(その後ブログに)で、おもしろくてかわいい姿を追いかけてきました。
突然の訃報に、気持ちが追い付いて行きません。
ご冥福をお祈りします。


PageTop

続・春の散歩猫2016

柵の向こうのキジトラさん、こんにちは。
斜面1

顔がよく見えるように、横に回ってみました。
ふかふかの草の上で気持ちよさそうですね。
斜面2

こちらのキジトラさんは水辺が好き。
バケツ

別の日に訪れたら、やっぱり水辺でお休みしてました。
水辺

かわいらしい水連が咲いていましたよ。
睡蓮

ところで、持病が悪化し、冬の間、ケージで過ごしていた公園猫さーちゃんが、3月の末に虹の橋を渡りました。
こちらは1月に会った時のさーちゃん。マントが似合ってかっこいいね。
さーちゃん
ボランティアさんがケージのお掃除をしている間、やさしいおじ様に散歩に付き合ってもらっていました。
このあと、カメラの人に突進してスリスリしてくれたさーちゃん。
人なつこくて、穏やかな性格で、ファン(特に男性)がたくさんいました。
みなさん、とても悲しんでおられたと聞きました。
あちらの世界でもきっと人気者になっていることでしょう。

いつも公園でいっしょだったくるりん、さみしいねえ。
くるりん

よし、さーちゃんの分もがんばるわよ。
ツツジくる

さくらちゃんともなかよくね。
サクラ

心優しい清公ちゃんもいるからさ。
春清公
四季折々の花が美しい公園。
これからもみんなの様子を見に行きますよ。

こちらの猫通りのねこたちのお世話をしている方のホームページで、この子が3月半ばから姿を消したことを知りました。
体調もよくなかったので、おそらく天国に行ったのではと。
猫通り
この写真を撮ったのも3月半ば。それから間もなくのことなのですね。

ご近所猫のオッドアイはなこちゃんは、元気そうでよかった、よかった。
はなこ

この春から姿を見かけるようになった中猫さん。耳カット済みです。
車に気を付けて過ごすんだよ。
近所チビ

塀の上にいるキミ!キミに会うのは何年ぶり?
左目の虹彩が緑に茶交じりなのが特徴的で、間違いようがありません。
近所キジ1

おばさんも生きてたようですね。
近所キジ2
今度は近いうちに会おうよ。元気でね。


PageTop

春の散歩猫2016

さわやかな気候が続いていましがた、来週は雨模様?
関東もそろそろ梅雨入りでしょうか?
さてさて、この春に出会った猫たちをご紹介しましょう。

3月に開催した、猫にまつわる写真と陶器のグループ展「ねこここち」。
会場の前の道を、偶然通りかかった猫連れのファミリー。
思わず声をかけたのは言うまでもありません。

お父さんの肩に乗る茶白さんと、
散歩猫1

みんなに取り囲まれて、猫バギー?に逃げ込んだキジトラさん。
散歩猫2
どちらも美猫さんですね。
猫とお散歩できるなんてうらやましい。

住宅街を歩いていたら、扉の前にちょこんと座っていた子に会いました。
茶白花

角を曲がってしばらく行くと、こちらにもいましたよ。
茶白自転車
「○○ちゃん、早くおうちに入りなさーい」と呼ばれていました。

池のある公園で水飲み中のキジ白さん。
水のみ1

あいつあんなところにいたのか。
水のみ2

さっきまで睨み合っていた子は草をかじっています。
草1

むむむ、こっちくるなよ。
草2
ケンカしないでなかよくね。

花の下にもキジ白さん。
花の下

駐車場にもキジ白さん。
キジ車

やっと三毛ちゃん、見っけ。
三毛
キジ白さんが一大勢力の公園でした。

下町の路地を歩いていたら、こんなところでお昼寝していました。
気付かず通り過ぎるところでしたよ。
牛乳箱

どこからか野太い鳴き声が聞こえてきました。
声はすれども姿は見えず。
ふと上を見たら、2階のベランダに2匹の黒猫さん。
黒2匹1

なかなか渋いお二人さん。よく似てるから兄弟かも。
黒2匹2

春の散歩猫、次回も続きます。


PageTop