FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

レイのしっぽ

先月末に、レイは無事避妊手術を終えました。
日帰りで病院から帰って来た日は、さすがにちょっとボーっとしていましたが、翌日からは元気いっぱいのいつものレイに。
おなか切ったんだから、少しはおとなしくしてくれないととひやひや。

おじちゃん、ねてないであそぼうよう。
きのうはどこかつれていかれてあそんでないんだもの。

術後1

レイちゃんがたいくつしてるっていうのに、ねてばかり。プンプン。
よしおそっちゃおう。

術後2

いい気持ちで寝てるのに何するんだ。しょうがないチビッコめ!
うえー、はなせー。
術後3

よし、ベッちゃん得意の押え込みだ。どうだ、まいったか。
レイちゃんがほんきだせば、おじちゃんなんかなげとばせるんだからね。
術後4

よし、もういっちょう。
もういいよー。
術後5
わー、やめてー!おなかの傷が開いたらどうするのー。

レイは、まったくおなかを気にすることがなく、エリザベスカラーも術後服も着けずに済みました。
なので、レイが手術したばかりということを、つい忘れそうになったりして。

ところで、レイは、避妊手術に合わせて、しっぽの手術をすることも検討されていました。

お気づきになった方もいるかと思いますが、保護した当時から、レイのしっぽはちょっと変わっていました。
しっぽの先の毛の生え方が他の部分とちょっと違っていましたし、いつもしっぽの先を下げて歩くので、いろんなものをくっつけて、汚してしまったり。

ある日、何か付けてがちがちに固まった毛とともに、皮もはがれて出血してしまいました。
病院に連れて行ったら、先生いわく「レイちゃんのしっぽの先はマヒしているみたいですね。避妊手術のときに、しっぽを少し切りましょう」

へんなものまかれたけど、じゃまだからとるよー。
しっぽ包帯
翌日には包帯を自分ではずしてしまいました。

結局、避妊手術時の診察で、マヒはしているけれど、壊死していないし、そのままでも大丈夫でしょう、ということで、切断はなしに。
保護したときに、足を骨折したり、骨盤がずれていたレイ。
しっぽにもケガを負っていたようです。

このごろおなかがすーすーするようなきがするけど、なぜ?
おなか剃ってます
すーすーするなら、ちゃんとおなかをしまっておきなさい。

おおざっぱというか、気にしないというか、もしかして大物?
元気いっぱいのレイにはらはらしたり、笑っちゃったり。
そのままのレイでいいので、健康で大きく育ってほしいものです。


スポンサーサイト



PageTop