猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

うどん県でアートざんまい(その2)

朝食後、島の本村地区で展開されている「家プロジェクト」の鑑賞ツアーに参加しました。
「家プロジェクト」とは、空き家などを改修し、7軒をアート作品として公開しているもの。
元農協のスーパーマーケットだった本村ラウンジでガイドさんと合流し出発です。

家プロジェクトの第1号の「角屋」は築200年ほどの家。
中に入ると水が張ってあり、水中でたくさんのLEDカウンターが様々な速度で0から9までの数字を刻んでいます。
それぞれのカウンターは、地区の子どもから老人までの参加者が速度を決めて設定したとのこと。
アーティストの宮島達男さんが住民とともに作り上げた作品です。

「南寺」はジェームズ・タレルの作品で、建物は安藤忠雄設計。
少人数ずつ交代で入館するのですが、中は完全な闇。
何も見えない中、左手を壁に沿わせてそろそろと、進んでいきます。
しばらく行くとベンチがあり、そこでしばし目を慣らすと前方に光が見えてきます。
そこに向かって歩いてください、という案内でおそるおそる前に。
不思議な感覚が呼び起されるような体験でした。

そのほか、木彫りの椿がちりばめられた「碁会所」も見学。
残念ながら、これらは撮影禁止でしたが、「護王神社」は神社ですから撮影OK。

護王神社1

江戸時代から続く神社を改修しなければならず、でも改修費用が厳しく、ということで住民がベネッセに相談したところ、ではアート作品として再生させましょうとして出来上がったそう。
前回紹介した杉本博司さんの作品です。

階段に注目!
レンズなどに使われる光学ガラスでできています。
護王神社2
階段は地下まで続いています。
神社右手の、人がやっと1人通れるような狭い通路を下って行くと、地下の石室まで行くことができ、外の光を受けた階段がとても美しい。
ガイドさんから、通路を戻ってくるときの景色に注目してくださいと言われたのですが、瀬戸内海のきれいなことといったら!

本村地区を歩く楽しみはほかにもあります。

町役場が主体となった屋号プロジェクト。
家のニックネームである屋号をこんなおしゃれな表札として各家に掲げています。
屋号
地区ごとに色分けもされていて、こちらは水色の「さぶろざ」さん。

丁を示す表示もありますよ。
戎丁
左端に地区の色、黄色の〇がついています。戎丁です。

時間がなくて中に入らなかったけれど、安藤忠雄さんの美術館「ANDO MUSEUM」。
ANDO MUSEUM
秋冬バージョンの右手に植わる柿柄ののれんが下がっていますが、春夏は左奥に植わるオリーブ柄だそう。

こののれん、地区のあちこちの家や施設にも飾られています。
前に染織家の方が「のれんプロジェクト」という展示を行った際、「引き続きのれんを飾りたい」という希望がたくさんあって、希望者に分けたそう。
のれん
のれんを巡る散歩も楽しそうですね。

そして、壁に糸?で描かれている葉っぱ。
島のカフェ
これはいしかわかずはるさんというアーティストの作品。

ランドセルを背負った「少年」くん。
「少年」くん

こちらは「くたりねこ」。
「くたりねこ」図
お店や民家の壁に張られています。
いしかわさんが定期的に訪れてメンテナンスしているそうですよ。

地区のカフェでおいしいランチを食べ、大竹伸朗さんの家プロジェクト「はいしゃ」を訪れた後、バスで地中美術館に向かいます。
撮影禁止なので写真はありませんが、直島に来たらここははずせません。

安藤忠雄設計の最上階が地下1階という地中に建つ?美術館。
「睡蓮」5点がぐるりと展示されたモネの部屋。
大きな球体と金色の彫刻が階段状の部屋に展示された作品はウォルター・デ・マリアののもの。
地下3階ながら外光が入り、時間帯によって作品の表情が刻々と変化するそう。
ジェームズ・タレルの作品は光そのもの。
靴を脱いでスタッフの案内どおり、光のスクリーンの中に入っていくと…。
とても不思議な感覚が味わえます。

さて、そろそろ戻らなければ。
宮浦港でバスを降りて、出向までの時間、周辺をぶらぶら。

大竹伸朗作の直島銭湯「I 湯」へ。
実際に入浴できるアート作品です。
湯

おじさんが入浴している間、私は看板猫とコミュニケーションを図るべく奮闘。
銭湯近くのお宅の飼い猫、メインクーンのマーくんは、日がな一日銭湯で過ごすそう。
マーくん1

賢いので金魚を襲ったりしません。水を飲むだけ。
こちらには、白のハートマークがある看板金魚がいるのです。
マーくん2

教えてくれた銭湯の方に、なぜ直島にはこんなに外国の方が訪れるのか聞いてみたら、
「瀬戸内芸術祭が開催されて、ある程度外国からもお客さんが来てたんだけど、去年パリのボンマルシェっていうデパートで直島フェアを開いたの。それから、イギリスの旅行雑誌の記事で「世界で訪れるべき7つの場所」にドバイなどといっしょに直島が載ったんだよね。それからさらに増えたよねえ」
そうなんですか!直島ってもしかしたら国内より国際的に有名?

最後に、港の赤カボチャで記念撮影。
カボチャの中にも入ることができるんです。中も水玉模様。
赤カボチャ内部

高松に戻って、高松港近くのホテルへ。
窓から港が見えます。
部屋から高松港

ドームがおしゃれな高松中央商店街。
商店街

香川県出身の方に聞いた名物「骨付鶏」のお店「一鶴」は商店街からすぐ近く。
人気のお店と言うことで、夕方5時過ぎに行ったのに、すでに店の外まで行列ができていました。
お持ち帰りのお客さんも次々訪れていましたよ。
骨付き鶏
リクエストすると、食べやすいように切込みを入れてもらえます。
スパイシーでおいしかった!

うどん県巡り、もう少し続きます。



スポンサーサイト

PageTop

うどん県でアートざんまい(その1)

7周年記念ちょこっとプレゼントに応募してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
準備でき次第、猫抽選会を開催しようと思っていますが、もうしばらくお待ちくださいませ。

賞品は先月訪れた香川のおみやげ。
というわけで、アートなうどん県訪問記をお届けします。


高松へは朝一番の飛行機で、のはずが、まさかの乗り遅れというハプニングからスタート。
羽田空港へは車ならあっという間と油断していたら、故障車による渋滞で、出発カウンターに着いたのが離陸5分前。
次の便も満員で、予定より3時間半遅れの到着となってしまいました。

空港からバスで高松港へ。
さっそくアートに遭遇。
来年開催の瀬戸内国際芸術祭のポスターにも登場する港のシンボルです。
高松港

タイミング悪く、次の船は2時間後なので、荷物を預けて周辺をぶらぶらすることに。

JR高松駅と高松港は目と鼻の先。
高松駅が笑ってます。かわいいなあ。
高松駅

ことでん高松築港駅もすぐ近くです。
ことでん
ホームの奥に見える石垣は、高松城跡に整備された玉藻公園。

海水をお堀の水を引き込んでいるそうです。
玉藻公園

さて、フェリーに乗って、今日の目的地直島へ。
フェリー

穏やかな海を50分ほどで、宮浦港に到着。
草間彌生の赤かぼちゃがお出迎え。
宮浦港

ホテルへ向かう送迎バスは半分以上が欧米の観光客。
日本人はさっき玉藻公園にもいたカップルなど少ないなあと思っていたら、みんなホテルスタッフと英語でしゃべってる!
日本人と思っていたのはアジア系の外国人だったらしく、日本人は私たちだけのよう。

部屋に荷物を置いて、ホテルの中のアート巡り。
作品は撮影可のものも結構あります。

こちらはネオンが点滅するブルース・ナウマン「100生きて死ね」。
100生きて死ね

リチャード・ロングが直島に滞在して制作したという作品。
石や流木を使っています。
リチャード・ロング

杉本博司の「タイム・エクスポーズド」
鳥や雲、船や波のない時間を切り取った写真です。
タイム・エクスポーズド
作品が飾られた場所の少し右へ進んだところから瀬戸内海が見えるのですが、作家の視線から見て、写真と実際の水平線を合わせて展示されているとか。

一連の作品はホテル外側の壁面や、桟橋近くの岩壁にも飾られています。
タイトルどおり、風雨や日光にさらされて変化していくのも作品の意図ということのようです。

ちょうど10月28日から千葉市美術館で杉本博司さんの展覧会が始まるので見に行かねば~。
開館20周年記念展 杉本博司 趣味と芸術-味占郷/今昔三部作

翌朝、散歩がてら屋外展示作品を観賞。

鮮やかな色彩の猫はニキ・ド・サンファルの作品。
ニキ・ド・サンファール
このほか、ラクダや象などの作品も点在しています。
ただいま新国立美術館ではニキ・ド・サンファル展が開催中。

ビーチ近くで太極拳をしている欧米女性。
海を見ながらで気持ちよさそうですね。
ビーチ

草間彌生の黄色い「南瓜」は人気の撮影スポット。
入れ代わり立ち代わり、みなさん記念写真を撮っています。
南瓜

大竹伸朗シップヤードワークスのシリーズ「切断された船首」と、
切断された船首

「船尾と穴」は海を臨む丘の上に。
船尾と穴

そして、私が気に入ったのは水色の壁にキューブガラスが輝く「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」。
ブルー
朝の陽を受けてキラキラ輝いていました。

次回に続きます。



PageTop

ごろごろしてる間に

ベッちゃんが夢を見てる間に
ベツヲ

ナッちゃんがひなたぼっこしてる間に
ナッツ

レイちゃんがごろごろしてるまに、おうぼしてくれるかな?
レイ

みんな猫抽選にそなえて体力を温存してるんですって。

ただいま、ブログ7周年記念ちょこっとプレゼント実施中!
こちらの記事のコメント欄に、ご希望のプレゼントの記号を記入してくださいね。
10月23日(金)締切りです。お待ちしていまーす!


お知らせです。

猫好きさんに人気のネコまる週めくりカレンダー
2016年のカレンダーに、tokiさんち(酒屋さん)の看板猫とらちゃんの写真を掲載していただきました。

ネコまる週めくり2016

そして、日本の名著100冊を、猫の写真とともに紹介するブックガイド ニャンダフル! 日本の名作100選にも写真を掲載していただきました。
高見順「如何なる星の下に」のページ(71P)です。
お隣の70ページは平太さん

日本の100選

ぜひ手に取ってご覧ください。


来月2つの写真展に参加します!

横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク~

キヤノンフォトクラブ東京INFINITY 写真展「3+(サンプラス)」


PageTop

猫カフェで猫写真教室

ただいま開催中の吉祥寺ねこ祭り(10月末まで)。
そのイベントの1つ「八二一さんの猫の写真教室」に行ってきました。

講師ははっちゃんのおとんこと来秀則先生。
わざわざ大阪からいらしてくださいました。

会場である猫カフェきゃりこに着いたらまるちゃん発見。
猫スタッフさんに囲まれながら、始まりを待ちます。

いよいよ講座がスタート!
先生、わたしたちお手伝いしますよー。
お手伝い1

まずはカメラをしっかり持つ、台などに固定するなどして安定させるのもいいですよ、と基本からていねいに。
いろいろなアングルから撮ってみる、バックに照明や窓など明るいものを入れるときれいに撮れること、余裕があれば縦横両方撮ってみるなど、コツを伝授。
カメラの音をいやがる猫もいるので、静音モードにするのもおすすめ。

八二さんが大阪や京都の猫カフェで撮影した作例を次々映し出しながらの講義なので、とってもわかりやすい。

おやおや、お手伝いスタッフさんが入れ替わりましたね。
お手伝い2

黒猫をかわいく撮る方法も教えてくださって、黒猫を飼っている方は、特に熱心に聞いていました。

窓辺の猫は、そのまま撮ると暗くなっちゃうから、露出をプラスにするといいんだって。
窓辺

飼い主はどこを見てもかわいいと思うけれど、ここはひとつ冷静になって、どこを見せたいのか、見せたいところを強調するといいですよ、と先生。
アップで撮りがちだけど、周囲の雰囲気も入れる、端々にも気を配ると撮る写真が変わってきます、と上達への大事なポイントも。

作例ははっちゃんの写真に変わります。
よし、はっちゃんに負けないようがんばる!バリバリバリ。
爪とぎ

雑誌「猫びより」で連載中の「はっちゃんびより」に掲載の写真が出来上がるまでも紹介。
撮る方向もいろいろ試し、小物や天井の反射、はっちゃんの表情も、よりよくするにはどうすればいいか考えながらたくさん撮って、その中から1枚を選ぶそう。
どんどんはっちゃんが魅力的になっていく様子から目が離せません。

はっちゃん、かっこいいなあ。王子様みたい。
はっちゃんに見とれる

はっちゃんの別の写真では「この写真はただかわいいから持ってきました。この顔の傾け方がいいんですよねー」と、いつもの親バカ発言に爆笑。
はっちゃんを撮影するときは「かわいい、天才、イケメン」とあらゆる賛辞の言葉をかけながら撮るそう。

次は、外猫さんの作例を紹介。
つわぶきや紅葉など秋らしい風景の中の猫は本当に魅力的です。
朝夕の光が斜めから当たる時間帯に逆光で撮るのがおすすめだそうですよ。

講座が終わった後は、フリーの撮影タイム。

猫カフェのスタッフさんによると、ほめられるのが大好きな子だそうです。
かわいいねーと言ったら、ちゃんと目線をくれました。
ベッド

舌をしまい忘れてますよ~。
しまい忘れ

トンネルの中でまったり中。眠くなっちゃったかな?
トンネル

キャットタワーのくぼみにはまって、ずーっとお昼寝中だった三毛ちゃん。
三毛1

やっと起きましたね。おはよう!
三毛2

こちらの三毛ちゃんは毛がカールして個性的。
カール三毛

みんなちゃんと撮れてる?
撮る人

そんな中、八二先生は大人気。
カメラのこと、はっちゃんのこと、いろいろお聞きしたり、記念撮影をしたり。

本棚の上からみんなの様子を見ている子もいます。
本棚

手前には、美猫の長毛さん。
茶白美猫

本棚やタワーをひらり、ひらりと飛び移って休憩中。
one piece

はっちゃんに対抗して、ハロウィン衣装を着てみたの。すてきでしょ?
ハロウィン

黄色のソファにグレーの毛並みが映えてクールですね。
黄色ソファ

あんなところにかわいい肉球が。
肉球

持ち主はこの方でした。顔立ちがまこ風味。
肉球の持ち主

とっても楽しくてためになる講座をありがとうございました。

そして、なんと、八二先生自ら、私の参加する2つの写真展の紹介と案内の配布をしてくださいました。
講座の参加者の皆さんに配れたらいいなと、チラシとハガキを持って行ったのですが、「持っていたらください。休憩時間に紹介しますよ」と行ってくださったのです。
本当にありがとうございました!

横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク

キヤノンフォトクラブ東京INFINITY 写真展「3+(サンプラス)」

そしてもう一つお知らせ。
ただいま、ブログ7周年記念ちょこっとプレゼント実施中!
こちらの記事のコメント欄から応募してくれると喜びます。
よろしくお願いしまーす。


PageTop

7周年!

ナッツ、このブログ、今日で7周年だって。
ベッちゃんたちのおかげだよね。

2ショット1

いつもナッちゃんと兄ちゃんがネタを提供してあげてるんだから、おかあちゃんは感謝してほしいよね。
2ショット2

でも、このごろチビすけがウロウロしちゃって頭にくる~。
2ショット3

主役の座を奪われないようがんばろうぜ。
うん、ナッちゃん、がんばる。
2ショット4

チビッコレイが加わって、ますますにぎやかになったこちらに、変わらぬご愛顧のほどを。
記念に3ショットをお届けします~。
3ショット
3ショットと言うか、ただ3人がいっしょに写る角度を探した無理やり3ショットでした。

で、レイちゃん、主役になるには、抽選会がんばるしかないからね。
レイちゃん
ちゅうせんてなんだかしらないけど、たのしいことならやりましゅよ。

というわけで、今年もちょこっとプレゼント実施します!

プレゼントはこちらの3点。

A 直島つぶやき猫ふせん(猫はプレゼントに含まれておりません)
猫付せん

B 直島スタンドメモ
スタンドメモ

C 猪熊弦一郎猫ポストカード3枚組
ポスカ

ご希望の品の記号をコメント欄でお寄せください。
猫抽選をぜひやりたいので、たくさんの方のご応募をお待ちしています。
おなじみの方も、コメントが初めての方も、どちらも大歓迎!
締切は10月23日(金)までです。
それでは、よろしくお願いしまーす。

そうそう、プレゼントの品は、先月旅行で訪れた香川県のおみやげです。
ああ、いろいろ準備でヘロヘロしてて、レポまだあげてない。
そして昨日のとーっても楽しかった、八二一さんの猫写真講座のレポも。
こちらは、ごいっしょしたまるちゃんにお願いすることにしよう。そうしよう。
というわけで、まるちゃん、よろしく~。

来月開催の赤レンガ倉庫猫写真展のブースに置くフォトブックの製作が佳境に入るというか、絶賛追い込まれ中。
各種レポに、コメント返しが少し遅れますが、もう少々お待ちください。


横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク

キヤノンフォトクラブ東京INFINITY 写真展「3+(サンプラス)」

両方の写真展のDMハガキ(3+)、チラシ(赤レンガ)をご希望の方にお送りします。
ご希望の別(3+、赤レンガ、両方)をコメント欄などでお知らせください。
住所を書かれる場合は、鍵コメント、または以下のメールアドレスからお願いします。
kiwibetsuo☆gmail.com (☆を@に変えてください。)


PageTop

お手伝いまたの名は邪魔そしてお知らせ

ああ、もう、レイちゃん、ちょっとそこどいてよ。
おかあちゃん、新聞を廃品回収に出す準備してるの。
新聞1

ひもでしばるんでしゅね。
ひも、ひも、はやくだして。レイちゃんやったげる。

新聞2

洗濯物を取り込んだら、ここにもお手伝い志願のナッツがやって来ました。
ナッちゃん、たためると思うよ。 ←なぜイカ耳?
洗濯物1
うそばっかり~。ぐしゃぐしゃにしたり、もぐったりするんでしょ?

ナッツがそんなところにいるからベツヲまで来ちゃったじゃない。
洗濯物2
これからベッちゃんのお手入れ会を開始します。

いろいろな猫写真をプリントして並べていたら…。
なんで、そこに寝転がるわけ?もう、じゃま、じゃま、じゃまの極み~。
写真1
おかあちゃん悩んでないで、全国デビューしたベッちゃんの写真を使えばいいじゃないか。


猫写真を並べて、うんうんうなっていたそのわけは?
来月、2つの写真展に参加します!

横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 ~今を生きる猫たちのキロク・キオク

赤レンガフライヤー

会期:11月17日(火)~23日(月祝)
時間:10時~20時(最終日は18時まで)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2階 → アクセス
*恐れ入りますが、入場料500円かかります(小学生以下無料。当日に限り再入場可能)

プロの写真家、各所で高い評価を得ているハイアマチュアの猫写真家も参加する大規模な猫写真展です。
私が参加していいんだろうかと、どんどん後ずさりして消えてしまいたくなりますが、一般参加枠でチャレンジ!ということで思い切って。
ただいま準備でよれよれ中ですが、ぜひ見ていただいて、ご意見・ご感想いただけたらと思います。

そして、所属するフォトクラブの3回目のグループ展!
キヤノンフォトクラブ東京INFINITY 写真展「3+(サンプラス)」

3+DM

会期:11月19日(木)~25日(水)
時間:10時~18時(最終日は15時まで)
会場:ポートレートギャラリー(東京・四谷) → アクセス

メンバーそれぞれのテーマで3枚の組み写真を展示します。
ジャンルも様々、いろいろな作品をお楽しみいただけるかと思います。
私は、もちろん「猫」がテーマ。
ぜひお出かけください。

2つの写真展は11月の3連休を中心に、会期がだぶっています。
はしごするには会場がちょっと離れておりますが、両方見ていただけると、なおうれしいです。
よろしくお願いしまーす!

両方の写真展のDMハガキ(3+)、チラシ(赤レンガ)をご希望の方にお送りします。
ご希望の別(3+、赤レンガ、両方)をコメント欄などでお知らせください。
住所を書かれる場合は、鍵コメント、または以下のメールアドレスからお願いします。
kiwibetsuo☆gmail.com (☆を@に変えてください。)

住所を存じ上げている方にはご希望の有無にかかわらず、そのうち(笑)勝手に送られるかと思います~。



PageTop

共犯者

ベツヲとレイを従えてお昼寝中のおじさん。
レイお手入れ1

レイはおじさんののど元がお気に入りのようです。
レイお手入れ2

しばらくして、目を覚ましたベツヲがレイのお手入れを始めました。
おじさん、チビッコをちゃんと押さえてて。
レイお手入れ3

なにしゅるんですか!やめて~。
じっとしててよ。ベッちゃんがきれいにしてあげるから。
レイお手入れ4

ナッツなんて、いつもベッちゃんに頼むんだ。
ベッちゃん、お手入れ得意なんだぞ。

ちょ、おじさんもはなして!レイちゃん、たのんでませんよう。
レイお手入れ5

しつこい、おじちゃん、あっちいけー!
いてて、こりゃだめだ。
レイお手入れ6

ベツヲがレイのお手入れをするのを手助けする作戦は失敗に終わった模様です。
思う存分、子猫のお世話を焼きたかったのに、残念だね、ベッちゃん。




PageTop

やっぱりこうなる

ベツヲとレイ、並んでお昼寝仲いいな♪
2人1

すやすや、すやすや、平和な風景。
2人2

ちょっとおじちゃん、こうかんしようよ。
えっ?
2人3

レイちゃんそっちいくから、おじちゃんこっちおいでよ。
2人4

ベッちゃんはこっちでいいから、遠慮しときます。
2人5

そんなことはチビッコに通じるはずもなく、こうなりました。

こうかんしてあげようとしたのに、どっかにいっちゃいました。
おじちゃん、へんなの。

2人6


毎度おなじみ猫グッズのイベント「猫のお店」が始まってまーす。
猫首輪、猫のおもちゃ、猫モチーフのアクセサリーや雑貨、フェルト人形、お菓子などなど。
くわしくは、「雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた」のホームページで!

neko2015_500.jpg

私も、面白ポーズの猫写真を集めた「mini猫写真コーナー」に、ナッツの写真で参加しています。
探してみてくださいね~。



PageTop

おれ、ベツヲ

ぐー、ぐー。
ぐーすか
ベツヲはかわいい、かわいいねえ、とほめられまくって、疲れて眠るベッちゃん。

昨日はたくさんの人に0655「ねこのうた」のコーナーを見ていただきました。
どうもありがとうございました!

1年前だったか、もっと前だったか、記憶が定かではないのですが、こちらのコーナーにベツヲの写真を送って応募。
でも、一向に放映されそうな気配はないので、ボツになったとばかり思っていました。

2週間ほど前に「ベツヲさん出演のお知らせ」のメールをいただき、狂喜乱舞。
「ネットでの不特定多数の方への放映日のお知らせはご遠慮ください」とのことでしたので、特定多数の知り合いにメールしたり、こちらでは「見てほしいな」ムードを醸し出したり。親バカ大変失礼たしました。

「おれ、ねこ」の歌に合わせてベツヲのかわいい姿が次々映し出されて、おかあちゃんは感激でした。
ベツヲはといえば、テレビを見ているおかあちゃんの脇で、いつもと変わらずのんびりしていましたけれど。

おじさんとのラブラブな様子がみんなにばれちゃったね。
ベッちゃんはねえ、ごはんをくれるおかあちゃんも好き。
おねだり1

ごはんの時間はまだなんて言わないで、そろそろいいでしょ?
おねだり2

くれったらくれー。
おねだり3

なんだか、おかあちゃんが好きなんだか、ごはんが好きなんだか、わからないけれど、おいしくごはんを食べて、元気にいておくれ。
ねっ、ベッちゃん。



PageTop