FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

続・冬の散歩猫2014

先月、大雪が降った日、猫たちはどうしてるかなあと、お寺を訪ねてみました。

境内は雪がこんもり積もって雪原状態。
雪

梅の木にも雪がたっぷり乗っていました。
梅
昼からお日様も出たので、雪も溶けはじめ、枝も折れなくてすんだようです。

この日会えたのはこのキジトラさんだけ。
みんな雪にびっくりして、どこかにこもっちゃったかな?
雪解け

数日後、また訪れたら、クロちゃんに遭遇。

おばさーん、おなかすいたー、なんかちょうだーい。
クロ

めしくれー、くれー、と大声で鳴くので、猫ボランティアさんが来た!と勘違いした猫たちがわらわら集まって来ちゃいました。

なになに、ごはんの時間かな?
キジ白

ねえねえ、かわいい私から先にちょうだいね。
ころりん

水玉くんもとっとこ歩いてきましたよ。
あいさつ

しばらく足元にスリスリしたものの、疑問の表情。
このおばさん、何も持ってないのかも~。
水玉くん
ごめんねー、そのとおりですよ。

今日の当番さんはこっちかな?
なんかちょうだい
おじさんのあとについて、向こうに行ってしまいました。

しょうがないのでふらふら歩いていたら、遠くに猫発見!
ちーちゃん1
そのあとをお父さんが「ちーちゃん、待ってー」と早足で追いかけてきます。

近づいてみたら、こんなかわいい子♪
ちーちゃん2
10歳の男の子、毎日境内を散歩するのが日課だそうです。

「この大雪でしばらく散歩ができなかったけど、久しぶりに出かけられてうれしいみたいですよ」とお父さん。
お父さんを先導するようにとことこ歩きながらも、ときどき振り返って確認するところがかわいらしい。
なんとも息の合ったなかよしコンビでした。




スポンサーサイト



PageTop