猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

年末の2人

おじさん、おじさん、ベッちゃんのおじさん♪
ヒザ1

えー、ナッちゃんのおじさんだものねー。
ちょ、ちょっと。
ヒザ2

せっかくいいところだったのに、なんで割り込みするんだよ!
ヒザ3

なによ、兄ちゃんは向こうに行ってなさいよ!
す、すんません。
ヒザ4

くひひひひ~、おじさんゲット♪ヒザ5

ベツヲは土曜日に抜糸、血液検査の結果、膵臓の炎症も治まっていることがわかり、薬も終了となりました。
兄ちゃんが調子が悪いときは、ナッツもちょっかいを出したりしなかったのに、よくなった途端、このありさま。
元気にケンカをしています。

ひとまず安心してお正月が迎えられそうです。
ご心配おかけしました!

今年もこちらに遊びに来てくださって、どうもありがとうございました。
新年まであと少し。よいお年をお迎えくださいね。


スポンサーサイト

PageTop

参道の猫・番外編

あっという間に年末、って言っていたのはこの間のような気がしますが、今年もあとわずか。
時が過ぎるのが年々早く感じるのは年のせいなのかな?

さて、気を取り直して、年末恒例散歩猫のご紹介です。
今年のグループ展で展示した作品のモデルを務めてくれた、お寺とその参道の猫さんに登場してもらいましょう。

まずは、実際に展示した猫たちの別カット。

こちらの白茶さん、実はすてきな首輪をしているのです。
バックのひまわり柄の自転車かごカバーにも注目~。
モデル1

ごはんをもりもり食べていたこちらの子。
いたずらっぽい表情とかわいい前髪がチャームポイント。
モデル2

人なつこくて人気者の元気ちゃん。
さっきまで、猫写の人のひざに乗ってたんだよね。
モデル3

12年の外猫生活を終えて、先月からおうち猫になったお母さん。
もうすっかり慣れた頃かな?
お母さん

夏の夕方、猫も人もそぞろ歩き。
来年は床几に座ってかき氷を食べることにしよう。虫よけも忘れずに。
夏

冬の夕方、名残のひなたぼっこ。
三毛1

近づいてみたらハンサムガールの三毛ちゃんでした。
三毛2

ばんにゃーい!猫背の矯正中?
パー

この冬、初めて会った男の子。
一目で心を奪われてしまいました。
水玉1
居合わせた猫ボランティアさんにうかがったところ、夏ごろどこからか現れたとか。
当時の写真を見せていただいたら、同じ猫とは思えないほどのガリガリぶり。
食事と薬の面倒を見てもらって、こんなに元気になりました。

名前は水玉くん。ナイスなネーミングです。
水玉2

頭に海苔を乗せているような柄といい、不敵な面構えといい、思わず笑っちゃいそうになるのですが、見ようによっては、結構イケニャンかも。
水玉3

来年も、また、みんなに会いに行きますね。




PageTop

メリクリ!

サンタさん、ナッちゃんのところにも来てくれるかなあ。
メリクリ1
ナッちゃん、窓の外を熱心に見てますね。

メリークリスマス!兄ちゃんサンタからお手入れのプレゼントだよ。
メリクリ2
えー、またこれー?

ナッちゃん、そのエリマキみたいなのきらいなんだけど。
メリクリ3
サンタさんみたいに赤いのにしとけばよかったかな。

ベツヲはおもちゃで遊んだり、
メリクリ4

ナッツといっしょにケーキのチェックをしたり、
メリクリ5

エリカラを付けたままでも元気に過ごしています。
メリクリ6
ベッちゃん、おうちでクリスマスができてよかったよ。

いい夢見ちゃおう。おやすみなさーい。
メリクリ7

通院と投薬はしばらく続きますが、おうちクリスマスを楽しんだベツヲなのでした。


PageTop

エリカラリラックス

やっぱりおうちが一番だなあ。
おなか
病院ではあんなに緊張していたのに、家ではこのくつろぎよう。
手術のために毛を剃っちゃってるのに、こんなんなって寝ています。
ベッちゃん、おなか冷やさないようにね。

昨日は、おじさんといっしょに病院へ。
退院後の経過を診ていただき、血液検査も。
傷を縫った糸を、部分的に自分で抜いてしまっていたので、しばらくちゃんとエリザベスカラーを付けましょうね、と先生から言われちゃいました。
自分で糸を抜いちゃった子が、うちにもう一人いたような。

ベッちゃん、エリカラ平気なんだ。
エリカラ甘え
おじさんのひざに飛び乗って甘えています。
去勢手術をしたときも、エリカラ付けたままかっ飛んでたものね。

エリカラ付けて、ふみふみ、ふみふみ…。
エリカラふみふみ

エリカラ付けて、ごはんの催促。
エリカラおねだり

そうそう、先生からクリスマスプレゼントをもらったよ。
プレゼント1

中身はこんなかわいいクッキーでした。
ご自宅で、4匹の猫と暮らしているんですって。
プレゼント2


ベツヲがおじさんと病院に行っているころ、おかあちゃんは講座の実習に行き、それから新宿のエプサイトで開催中の大塚義孝さんの写真展「駅守猫~工場街の無人駅で~」へ。

会場の外側にも大きな作品が展示されています。
こちらもどうぞお見逃しなく!
駅守猫1

駅で暮らす猫たちのかわいい姿や、駅を利用する人たちとの交流、何気ない駅の情景など、何度も見返したくなる作品がたくさん。
プリントもとてもきれいで、光や色も印象的。
駅守猫2
大塚さんご夫妻も会期中、ギャラリーにおられるので、ぜひ猫談義、写真談議をお楽しみください。

今年は明日23日(月・祝)から27日(金)まで、年明けは6日(月)から9日(木)まで。
くわしくは、大塚さんのブログで!



PageTop

退院しました

今週末まで入院予定だったベツヲですが、予定を早めて、昨日退院しました。

「さあ、ベツヲくん、おうちに帰ろうね」
う、うん。
病院ベツ
看護師さんに診察台まで連れて来てもらったのですが、なんだか目はうつろ、普段はおしゃべりなのに、ひと声も発しません。

「口元までごはんを持っていくと食べるので、食欲がないわけではないのに、自分では食べないし、処置しようとすると怒るし、どうやら病院生活がつらいらしいので、早めに退院しましょう」と先生。
「薬が飲めれば、慣れた自宅で療養できるので、その方がベツヲくんにとっていいでしょう。また週末に連れてきてくださいね」

というわけで、昨日の晩、無事帰宅。
うちのドアの前まで来たら、ようやく「ひゃー」と初めて鳴きました。

キャリーから出たら一目散にトイレに直行。
そんなに我慢してたの?ベッちゃん。

それからお気に入りのかごに入って熟睡してました。
帰宅ベツ
兄ちゃん、お帰り~。なんだか病院くさいかもよ。

夜は私の腕枕で朝までぐっすり。
なんだか甘えまくってます♪

療法食が気に入らないのと、薬を飲むのがつらいベツヲですが、いつものペースに戻りつつあります。
あとは膵臓の調子がよくなるかどうか、しっかり治さないとね。

たくさんのお見舞いのお言葉、ありがとうございました!

PageTop

お代官さまの入院

よいではないか、よいではないか。
かご1

もっと近う寄れ。
かご2

離れるでないぞ。
かご3

仕上げは後ろ頭じゃ。
かご4
兄ちゃん、うまいねえ。

ナッツの首根っこを押え込んじゃって、ベツヲが無理やりお手入れしているように見えますが、兄ちゃんが寝ているところに押しかけて来たのはナッツの方。

1人でくつろいでいたのに、半分取られちゃいました~。
かご5
兄ちゃんとちょうど半分こだよ♪


さて、そのベツヲですが、ただいま入院中です。
金曜の夜から土曜の朝にかけて何度も吐いたので、土曜日に病院へ。
吐き気止め入りの点滴をしてもらい、飲み薬をもらって帰宅。
その後も吐き気は止まらず、深夜から日曜の朝にかけては1時間おきに胃液を吐くような状態に。

翌朝再び病院へ行き、バリウム検査をしたところ、小腸から大腸へ続くところでバリウムが流れて行かないことがわかり、昨晩開腹手術となりました。
詰まっている箇所に先生があたりを付けていたら、するっと通り始めたということで、腸は切らずに済みましたが、膵臓が炎症を起こしているのを発見。
また、1カ所小腸がくっついているところもあったとか。

なぜ通過障害を起こしていたのか、なぜ膵臓が炎症を起こしていたのか、今の時点ではわかりません。
ただ、昨年もワクチンを接種して1週間後に、今回ほどではありませんが、吐き気で受診したので、ワクチンの影響の可能性も否定できないかも(あくまでも可能性のひとつですが)といったところです。

今日、仕事帰りに、おじさんと様子を見に行ってきました。

ベッちゃん、どうしちゃったの?なんでここにいるの?おうちに帰りたい。
ベツヲ入院
ぷるぷる震えていたベツヲ。

現在、膵臓の炎症を取る点滴で治療しており、5日ほど入院の予定です。
ベッちゃん、早くよくなって、帰って来ておくれ。
ナッツも待ってるよ。



PageTop

べったり

夕食後、ソファで何やらやっているおじさんの足元に来てひと鳴き。
乗る~。
ひざ乗り
抱き上げてもらってひざの上ででうっとりするベツヲ。
なんだかなあ。おじさんにしがみついちゃってさ。

お風呂から出て、寝室をのぞいたら、腕枕で寝るナッツが。
だからー、おじさんを寝かしつけてるだけだからー。
腕枕
ふたりともなんなのさ。
(おかあちゃんにもべたべたしなさいよ。)←心の声


先週末、ベツヲのワクチン接種と健康診断のため、動物病院に行ってきました。
朝、気配を察してキャットタワーの根元に籠城したベツヲを、思いっきり腕を伸ばして引っ張り出し、キャリーに放り込み…。
こわくておしっこもらしちゃったのは秘密ですよ~。

キャリーから出されて、診察台の上で固まっていたのですが、先生が注射の用意で奥の部屋に行ったすきに、おじさんのひざにダイブ。
ワクチン
ぷるぷる震えていたのも、これまたご内密に~。




PageTop

さんさんベランダ

天気のいい日は、窓を開けると、二人とも待ち構えたようにベランダに飛び出て行きます。
ベランダのすみっこで、おひさまを浴びながらベツヲがお手入れしてますよ。

兄ちゃん、次、ナッちゃんをお願い。
今忙しいから後で。
ベランダ1

ナッツにじゃまされそうになって、室外にの上に避難。
ベッちゃん、たまにはひとりでひなたぼっこしたいんだもの。
ベランダ2

いいかな、いいかな、そろそろいいかな。
ベランダ3
そんな兄ちゃんを、ナッツが虎視眈々とねらっているのでした。


PageTop

朝陽さんさん

太陽の位置が低くなる冬は、部屋の中まで朝陽が届きます。

おひさまを浴びながら、絶好の朝寝タイム満喫中のベツヲ。背中の毛もキラキラ。
朝陽1

ナッちゃんはおひさま浴びて目がぱっちり覚めてますよ~。
朝陽2
なーんて言ってて、そのうち寝ちゃうくせにねー。

ベランダでは、最後の朝顔の花が、がんばって咲いています。
今年はたくさん花を咲かせてくれてありがとね。
冬朝顔


PageTop

秋の散歩猫2013

去年同様、暑い夏が過ぎたと思ったら、秋はあっという間に行ってしまいましたね。
本格的な冬になる前に、この秋に出会った猫をご紹介しましょう。

10月1日でこちらのお店が閉店すると聞き、9月の末にやって来ました。
ラムネの旗の下の写真にご注目。
お店

前にも紹介したクロちゃんが看板猫を務める食堂です。
店主さんは、お子さんから「お母さん、そろそろ…」と言われて引退を決めたそう。

もともとは地域猫だったクロちゃん。
面倒を見ていた猫ボランティアさんからはオペラちゃんと呼ばれていました。
クロちゃん
「お店を閉めたら自宅に連れて行くんだけど、先住のオス猫2匹となかよくやっていけるかしら」と心配していた店主さん。
今頃どうしてるかな?穏やかな子だからうまくやっているかな?

こちらも何度か登場している“お母さん”。
人なつこくてなでられるのが大好きな子です。
お母さん

数日前、お母さんが住むお寺を訪れたら、お母さんからのメッセージが貼ってありました。
なんと、先月里親さんが見つかっておうち猫になったそう。

偶然出会った猫ボランティアさんに聞いたところ、ずっとかわいがってくれていたお寺の方が亡くなってから、食欲がなくなり、見る見る元気がなくなってしまったと(この写真は、その方が亡くなって数日後に撮ったことになります)。
体調も悪く、寒い冬が越せないかも、ということで、里親さんが名乗り出てくれたそうです。
外猫歴12年ながら、おうち猫修業は順調に進んでいるそうですよ。

お母さんの姉妹のマリちゃん。このあたりでにらみをきかせています。
キジトラさんは視線をそらして、抜き足差し足で前を横切ります。
マリ&キジ

あっ、猫がいる!と思ってすき間からのぞいてみたら、あちらもこちらをのぞいていました。
しばしお見合い。
お見合い

猫好きさんのあしらいはお手のもの。
どんどん写真撮ってもいいよー。なでてみる?
茶トラ

目つきの鋭い三毛猫さん。
隠れたと思ったら出てきたり、また隠れたり。
一定の距離を保ちながらもお相手してくれました。
ミケ

住宅街で出会ったお年寄り猫さん。
たっぷり太陽の光を吸収してくださいね。
シニアさん

ここのお水はうまいニャー。
水飲み黒
立ち飲み姿が様になっていますね。

ごろん、ごろん、くねくね。
もっと遊んでくれなきゃいやだー。
ごろごろ
追いかけてきては「かまって~」とねだるキジトラさん。
しばし、もてもて気分を満喫。

風が抜けるテラスでお昼寝中。
バルコニー
10月の中旬というのに陽射しが強くて、半袖で十分な日でした。

近所に買い物に出かけたら、こんな子発見!
ヒゲ
はじめまして~。すてきなおひげですね。お近づきになってもいいですか?

お昼休みにランチに行く途中、窓辺の美猫さんと目が合い、スマホで撮影。
窓辺
この子会いたさに、またこちら方面に食事に行くことにしましょう♪


PageTop