猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

さらなる高みへ

あっ、またナッちゃんたらそんなところに。
いったいいつの間に登ったんだろうねえ。
本棚1

ナッちゃんはもっと高いところを目指すのだ。
本棚2
もうそれ以上行けないよ。

いや、もっと登れるはず。
本棚3
ムリムリ。降りられなくなるから帰ってらっしゃい。

今日のところはやめとくけど、次はもっと行くんだからね。
本棚4
ナッツはいったいどこへ行こうとしてるんですかねー。



スポンサーサイト

PageTop

南の島の休日再び(その3)

南の島にまた行ってみたいと思ったのは、ここにいる子たちに再会したいと思ったのもその理由の一つ。
こことは、昨年、ベツヲお気に入りの猫カゴを買ったやちむん館工房です。

ちょうど雨模様で猫たちはみんなお昼寝中。
おやおや、新入りさんですね。
新入り男子
ある日気づいたら工房にいたというおしゃべりな男の子。
なーなー鳴いて後をついてきます。

長毛キジトラさんも夢の中。
長毛さん

昨年は子猫を産んだばかりだったミケちゃん。
縁側に腰掛けていたらひざの上に乗ってすぴすぴ寝始めちゃいました。
ミケちゃん
かわいすぎる~。

そして、おじさんが一番会いたかったのがハチ!
ハチ
前はほんとに小さかったのに、すっかり大人になっていました。

おじさん、前に会ったことあるかもよ。
おじハチ

おばさんも見たことあるかも~。
おばハチ

僕と遊びに来たの?やったー!!
のびー
体は大きくなっても、まだまだこどものハチ。
「しっぽの振り方が変わってない」とおじさんうれしそう。
普通は左右に振るのに、ハチはぐるんぐるんしっぽを振り回すんだそう。

翌日、空港に向かう前に、またまたこちらに来てしまいました。

あら、昨日のお客さん。また来たの?
リリー

まあ、ゆっくりして行けば。ムニャムニャ。
昼寝中

猫たちは、今日は庭でなかよくくつろいでいます。
3匹

おじさん、来たねー。
おじとハチ
おじさんは、ハチと思う存分遊べるよう、着替えをする念の入れよう。

ヒャッホー!じゃあ、行くよ!
遊ぶハチ

うひゃひゃひゃ。おじさん、くすぐったいよう。
ころがるハチ

おじさん、このサンダル、ぼくにちょうだーい。
サンダル
たっぷり遊んで、水をゴクゴク。

名残惜しいけど、そろそろ帰るね。
また、みんなに会いに来ちゃおうかなあ。
工房の民具講習会に参加して、ゆっくりしよう♪

もう、来年の休日を思い描いているのでした。


手作り雑貨イベントあおとみずたま市ただいま開催中です(8月11日(日)まで)。
青と水玉
会場:お手紙雑貨店I-ROR-I(いろり)(名古屋・大須)
ごとーさんの手作り猫首輪も名古屋初登場。
お近くの方、ぜひおでかけください。

PageTop

南の島の休日再び(その2)

南の島では生き物たちにもたくさん会いました。

なんという名前なんでしょう?
ホテルの敷地内には鳥がたくさん歩いています。
鳥
自動販売機で「鳥のおやつ」を買うと、待ってましたとばかりにたくさんの鳥たちに囲まれちゃいます。

ヤギも毎朝水辺に出勤。
やぎ
大音量で「メエ~~!」と鳴くと、遥か遠くからも仲間の「メエ~~!」が聞こえます。

水牛も2頭います。
水に入ったり出たりしてのんびり。
水牛

ビーチで目を凝らすとたくさんのヤドカリがさわさわ歩いています。
ヤドカリ
ちょっと近づくと、気配を感じて「ただの貝ですよ」と動きをストップ。

ホテルではナイトツアーに参加。
スタッフの誘導のもと、広い敷地を散策します。
空には満天の星、地にはホタル。

「安全のためにいくつか注意点があります。まず僕より先に歩かないでください」
しばらく散策するうちにその言葉を実感するできごとが…。
スタッフの持つライトの中に姿を現したのはハブ!
こちらから攻撃したりしなければふつうは襲ってこないそうですが、飼育施設以外でハブに会ったのは初めて。やっぱりちょっとあせりました。
夜、無頓着に草むらに入ったりできませんね。

そのほか、木にぶら下がったコウモリ(翼を広げると1メートルほど)を間近に見たり、スタッフの鳴き真似にフクロウが近づいたり、遠ざかったりしながら返事をするのを聞いたり、南国の自然をちょっぴり味わいました。

もちろん、猫にも会いました。

民家の庭から飛び出してきて、通りかかった人に遊んでもらっている子猫ちゃん。
ちび猫1
動きが早くてなかなか撮れなーい。

動きが一瞬止まったところをパチリ。
ちび猫2
私たちも遊んでもらいました♪

昨年も訪れたところで出会った金色の目の白猫さん。
白
前に会った子は、青い目の白猫と、オッドアイの白猫。
その子たちの家族かな?

灌木の茂みから出てきたキジトラさん。
キジ
さて、そろそろ遊びに行くかな。

こちらのかわいこちゃんはまだまだおねむ。
キジ白

黒猫さんはお兄さんたちといっしょに休憩中です。
黒

お弁当を食べるおじさんに寄り添う茶トラさん。
茶トラ
少し分けてもらえるかな?

あれあれ?反対側でもこんな子がぴったりマーク。
キジトラ
おじさん、モテモテでした~。



PageTop

南の島の休日再び(その1)

昨年初めて訪れた沖縄の八重山諸島。
すっかり気に入ってしまい、夏休みを取って、再び行ってきました。

最大瞬間風速が60メートル以上だったという台風7号が去ったばかりで、大きな木や電柱があちこちで倒れており、復旧工事が行われていました。
サトウキビもなぎ倒されたり、強風で運ばれた海水をかぶって木々の葉が茶色く変色したり。
今年はもうこれで勘弁してほしいね、とタクシーの運転手さん。

石垣島から高速船に乗って、今回は小浜島へ。
10年以上前に放送されたNHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台としても知られています。

ドラマで民宿「こはぐら荘」としてロケ地になったおうち。
住んでいる方がいるので、外観のみ見学できます。
こはぐら荘

ビーチの先には西表島がすぐ近くに見えます。
西表島にも行ってみたいな。
西表島を望む

貝がらショップもオープン中。
貝殻shop

標高99メートルの大岳(うふだき)。
250段の階段を上ると360度の絶景が見られます。
マンタ道
海の色が濃くなっているところは水深が深くなっており、マンタの通り道になっているとか。

島の西の端、細崎(くばざき)にある海人(うみんちゅ)公園にはマンタの展望台も。
マンタ

石長田海岸にはマングローブ林の群落が。
マングローブ
ちょうど干潮だったようで、ハゼやカニ、色とりどりの魚がたくさんいましたよ。

ホテルの敷地内のビーチはこちらを通って。
小浜ビーチ1

カナヅチなので、マリンスポーツには挑戦することなく、海辺でゴロゴロしたり、海水に浸かったり?
小浜ビーチ2

その代り、ヨガのプログラムに参加。
ヨガ
潮風が通り抜ける気持ちのいいテラスでプライベートレッスンも体験。
あまりの気持ちよさに途中で眠ってしまったようで、いびきをかいたとか、かかなかったとか?

石垣島に戻ったら、あいにくの曇り空。
石垣ビーチ1

やっぱり太陽が隠れていると、海の色も全然違います。
石垣ビーチ2
でも、日焼けをそんなに気にすることなく観光できるのもいいかも。

というわけで、レンタカーであちこち巡ってきました。

PageTop

支度ができない

旅行に持っていく服を並べて、あれこれ組み合わせを考えていたら、なぜか現れるこの二人。

見慣れない敷物があるぞ。これは乗らずにはいられないな。
ナッちゃんも乗る~。
敷物1

兄ちゃん、ちょっとお手入れしてくれない?
いいよ。こっちおいで。
敷物2

そこのお二人さん、そこで落ち着かれると困るんですけど。
ちょっと待っててよ。もう少しできれいになるんだから。
敷物3

あのねえ、おかあちゃんは旅行の準備をしているの。
どいてくれないといつまでも終わらないよ。
敷物4
おかあちゃん出かけちゃうの?
べっちゃんたちのごはんは大丈夫だろうね?


えっ、そこですか?
ごはんの心配はいらないから、二人でなかよくお留守番しててね。

そんなわけで、本日自動更新です。



PageTop

猫に誘われて

ある食堂の前を通りかかって、ふと中をのぞいたら、こんな三毛猫さんがカウンターに座っているのを発見。
思わず、2,3歩店内に足を踏み入れてしまい、写真を撮らせていただきました。
クロ1

こっちから見ると、お顔の茶色が目立つのね。
クロ2
反対からも見てみる?

おやつ時だし、じゃあ、こちらで休んでいこうかな?
あんみつを注文して、テーブルについたら、隣りの席に近づいて来ましたよ。
クロ3
名前はクロちゃん。このあたりにいる野良さんだったけれど、ある日お店の中に入ってきて、3年目になるそうです。

ねえ、ちゃんと見てる?なでてもいいわよ。
クロ4
人なつこくてかわいい子でした。
私のように、クロちゃんに誘われてお店に入ってくるお客さんもいるかもしれませんね。

別の日に通りかかったら、今度はお店の前で客引き中?
クロ5
夏の間に、こんどはかき氷を食べに行こうっと。


"photo is"想いをつなぐ。30,000人の写真展、ただいま東京会場が開催中です(17日(水)まで)。
私はベツヲとナッツの写真、そしておじさんがナッツの写真で初参加。
東京ミッドタウンフジフィルムスクエアの「千葉県‐ま」の場所でお待ちしています!


PageTop

水辺の公園でうろうろ

先月、講座の実習で天王洲アイルに行ってきました。
天王洲アイルと言えば、10年以上前に野村萬斎さんの電光掲示狂言を見に何回か来て以来。
しかも劇場のあるシーフォートスクエア周辺しか足を踏み入れたことがなかったのですが、気持ちのいい水辺の公園が広がるお散歩に最適な場所でした。

橋を撮ったり、
自転車

橋

遊具に近づいてみたり、
ロープ

遊具

木を見上げたり、
木

木漏れ日が落ちる遊歩道を見渡したり、
木漏れ日

ポンプ場の屋上庭園から近くのビルを望んだり、
ポンプ場

いろいろと悪戦苦闘。
5カ月ほど続く講座では、通しでテーマを決めています。
これまで「カラー」や「ボケ」などがテーマに選ばれましたが、今回のテーマは私にとってはかなりむずかしいかも。

まあ、それは置いておいても、こんなかわいい子に会えちゃうのも実習の楽しみなのです。
おしゃれワン
UVカットのサングラス付きのサンバイザーがお似合いのワンちゃん。
お父さん、溺愛しているようでしたよ。

今週末も真昼の実習の予定。
猛暑の予報なので、熱中症にならないよう気を付けねば~。


毎年恒例のだれでも参加できる写真展"photo is"
昨年までの「10,000人の写真展」から、今年は「30,000人の写真展」となって開催されます。
全国のトップを切って、明日12日(金)から東京会場がスタート(17日(水)まで)。
30000人

私はベツヲとナッツの写真、そしておじさんがナッツの写真で初参加。
東京ミッドタウンフジフィルムスクエアの「千葉県‐ま」の場所でお待ちしています!

PageTop

おじ帰る

おじさん、どこに行っちゃったのかなあ。
ナッちゃん、お留守番飽きちゃった。

帰宅1

ガチャッ
あ!
帰宅2

おじさんだ!
帰宅3
ナッちゃんの大好きなおじさんが帰ってきましたよ。

ソファで寝転ぶおじさんの上に乗って、ナッツはお昼寝をするようです。
帰宅4
目が覚めたらおもちゃで遊んでね。約束だよ。


毎年恒例のだれでも参加できる写真展"photo is"
昨年までの「10,000人の写真展」から、今年は「30,000人の写真展」となって開催されます。
全国のトップを切って、7月12日(金)から東京会場がスタート(17日(水)まで)。
30000人

私はベツヲとナッツの写真、そしておじさんがナッツの写真で初参加。
東京ミッドタウンフジフィルムスクエアの「千葉県‐ま」の場所でお待ちしています!


PageTop

あじさい猫

遠くに見えるあじさいとベツヲを撮ったところで、あじさいの季節の外猫さんをご紹介。

あじさいが咲く公園でお昼寝中の女の子。
ひんやりした石の上で気持ちよさそうですね。
あじさい1

目覚めの爪とぎしちゃうわよ。
あじさい2
あじさいを前に張り切ってくれました。

白黒ハチワレさん、ここのあじさいはきれいなピンクですね。
あじさい3
でしょ?おばさん、あじさい見に来たの?

じゃあ、ついて来て!
あじさい4
ちょっと待ってー!

こっちの紫のもきれいでしょ?
あじさい5
ほんとに。教えてくれてありがとね。

あじさいがこんもりと咲いている場所でお昼寝中の子を発見。
あじさい6
カラフルな夢が見られそうですね。


PageTop

雨のにおい

今日も雨だ。
雨1

ワンコは雨の日も散歩してるけど、濡れるのいやじゃないのかなあ。
雨2

ベッちゃんは雨のにおいをかぐのは好き♪雨3

でも濡れるのはいやだからベランダで雨を楽しむんだ。
雨4

ほら、アジサイだって雨の日の方がきれいに見えるよ。
雨5

雨を愛でる風流なベツヲなのでした。

先週末、ベツヲの歯石除去に行ってきました。
キウイは歯は丈夫だったけど、ベツヲは若いときから歯石が付きやすいらしく、除去は数年ぶり2回目です。
麻酔をかけなければならないので、年齢的にもう最後かも。

朝病院に預け、夕方迎えに行ったら「だめになっちゃってる歯もあったので3本抜きました」と先生。
幸いキバはそのままなので見た目は全然変わらないし、カリカリも普通に食べられるので支障はありません。

それよりも、長時間家を離れたのは生後4カ月のときの去勢手術以来だったためか、帰宅後の甘えっぷりがはんぱなかった。
甲高い声で鳴きながらの後追い。
いくつになってもちっちゃな男の子みたいだね、ベッちゃんは。


PageTop