猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

溝ってます

ベランダの溝にはまって香箱を組むナッツ。
溝1
溝る、溝れば、溝るとき。
我が家では溝にはまることを「溝る」と言っています。

キウイお姉ちゃんも溝るのが大好きだったんだよ。
溝2
ナッちゃん、お姉ちゃんに似たのかな?

こちらの猫ちゃんも溝ってるよ。
刈り上げ頭なところもナッちゃんにそっくりだね。

なんかすっぽりはまるところが気持ちがいいんだよね。
みんなやってみればいいのに~。

溝3
溝るのお勧めだそうですよ。


スポンサーサイト

PageTop

ひんやりテーブル

ムシムシする日が続いていますが、猫たちはちゃーんと快適な場所を見つけてすごしています。

ここでこうしてると気持ちがいいの。ミニテーブル1

足を投げ出して伸びきってます。
ナッちゃんにぴったりサイズのミニテーブル。
ミニテーブル2

一方ベツヲはガラステーブルでくつろぎ中。
ガラステーブル1

こうやってほっぺたつけるのもいいんだよ。
ガラステーブル2

ナッちゃん、ここもお気に入り。おやすみなさーい。
テレビ台
テレビ台で寝ちゃいました。
テレビとナッツの両方が見られて、なかなかいい眺めです♪



PageTop

3つ編みプロジェクト番外編

不幸な猫を作らないための3つ編みプロジェクト。
先日参加させていただいて、ブログで紹介してもらっています。

おかあちゃん、ナッちゃんの誕生日1日間違えちゃったー。ほんとは1月19日です。
1月18日はナッちゃんのなかよしさんの誕生日だったね。ごめんねー。

さて、そんなプロジェクト参加の様子を少し。

ヅラが家に到着したので、さっそくベツヲたちに見せたところ…。

くんくんくん、これはかなり怪しい。とっても怪しい。
くんくん1
すみからすみまで舐めるようににおいを嗅ぐベツヲ。

ナッツも熱心に嗅ぎまわってます。
くんくん2
いろんな兄ちゃんのにおいがするかもよ~。

だい、ちぃ、そらくんたち3人の男子の香りがしたのかな?

気のすむまでにおいを嗅がせてから、まずはベツヲにヅラを装着。
案の定、やだやだーと拒否。
そこで眠りかけてきた頃を見計らってつけたら成功!

はずしてやるまで、ずーっとこんな感じでぼーっとしてました。
横顔
何か頭に乗ってるような気がしないでもないな。

問題はこちらのお嬢さん。
いやだって言ってるでしょー。
いやー
小顔のナッツがぶんぶん頭を振ると、スポッと抜けたヅラがびゅーんと宙を飛んでいき…。

しょうがないので、ベツヲと同じ作戦で眠りかけたところにスポッ。
憮然
ナッちゃんはがまんしてあげてるんだからね。あとでごほうびもらうんだから。

ふたりとも協力ありがとう。結構似合ってるよ。
と、こんなわけで、ヅラは次の猫さんたちのところにリレーして行ったのでした。

PageTop

今日は記念日

ベッちゃーん!
後ろ姿

呼んだ?
見返り
呼びましたよー。
今日はベッちゃんがうちに来た記念日だよ。
あの日も今日みたいに雨がしとしと降っていたね。

ベッちゃんの名前の由来となったベッカムは引退するっていうけど、ベツヲの甘えっぷりは現役バリバリ。
ひざでぱっかり
今日もおじさんのひざの上でぱっかりんこしています。

おじさんの疲れを取ったり、ナッツのお手入れしたり、おかあちゃんを寝かしつけたり、ベッちゃん、こう見えて忙しいんだ。
横顔
ベッちゃんはこの家のお兄ちゃんだものね。
これからも頼りにしてますよ。

[お知らせ]
3つ編みプロジェクトにベツヲとナッツを掲載していただきました。
ベツヲ記念日に載せていただいてうれしいです。
どうもありがとうございました~!


PageTop

続・春の散歩猫2013

石畳を歩いていたら落し物発見!
電信柱と塀の間に入り込んで気持ちよさそうにお昼寝してました。
石畳

石をアームレストにくつろぎ中。
伸ばした後ろ足がいい感じですね。
休憩中

昼下がりのお休みタイム。
目覚ましのお水も用意されていますよ。
眠る茶トラ

こちらの白猫さんも段ボールハウスでぐっすり。
ちょっとやそっとじゃ目を覚ましそうにありません。
眠る白

湖畔のボート屋さんの看板猫たち。
ボート選びはぼくにまかせて。
ボート

ボス猫風の黒白さんはレジャーよりも漁が得意?
網

営業副部長さんは係長に言い寄られてまんざらでもなさそう。
係長と副部長

レトロとモダンが並ぶ家並みを黒猫さんが行く。てくてく。
てくてく

花いっぱいの路地で出会ったりりしい子。
しばらく並んで座って休憩させてもらいました。
花路地


PageTop

春の散歩猫2013

空梅雨が続いていましたが、やっと今週は雨模様となってきました。
今年はまた猛暑になるんでしょうかねえ。

さて、夏が訪れる前に、春に出会った猫たちをご紹介。

茂みの中でひなたぼっこ中。
呼びかけると律儀にお返事してくれるおしゃべりさん。
木立の三毛

すてきな鉢にお水を用意してもらっています。
ごくごくたくさん飲めますね。
鉢

公園の黒猫さん。
黒猫を見るとご近所猫のココちゃんを思い出します。
目もココちゃんと同じグリーン。
クロ

段差にちょこんと手を置いてカメラ目線をくれました。
向こうに黒猫さんが歩いているのが見えます。
キジと黒

個性的な顔立ちの女の子。
背中に白い模様があるのがうちのナッツとおそろいで、親近感がわきます。
背中に☆

仲間とお食事中だった黒白さん。
半袖模様もおしゃれです。
空き地の黒白

見返り美人?それともイケニャン?
ツヤツヤの毛並みのきれいな子です。
見返り茶トラ

菜の花の黄色に映えるグレーの毛色と緑の眼。
こちらもすてきな器をお持ちです。
菜の花猫

春の日差しの中、思いっきりあくび。
ゆっくりくつろいでくださいね。
あくび




PageTop

乗る

朝、おかあちゃんの読んでいる新聞の上で思索にふける。
新聞
今日はどうやって兄ちゃんをやっつけよう。

昼、ベランダのテーブルの上で風に吹かれる。
テーブル
すずめさん、遊びに来るといいのになあ。

夕、お風呂のふたの上で待機中。
お風呂
おじさん、さっさと上がってナッちゃんと遊んでよ。

夜、パソコンの上で寝ちゃいました。
ぱそ
さあ、ベッドでいっしょに寝ようね。



PageTop

またしてもなめなめ

今日もナッツはベツヲ兄ちゃんにお手入れしてもらっています。
なめ1

場所はおじさんのおなかの上。
なめ2
はあ~、もう兄ちゃん、いいんじゃないの?

やっと兄ちゃん、解放してくれたー。
なめ3
おじさんのひざを独占してお昼寝するそうですよ。
自分から兄ちゃんにおねだりしたくせに、相変わらずだね、ナッちゃんは。


PageTop

高いところが好き♪

ナッちゃんたらいつのまにそんなところに。
物入れ

上の方からなんかにょきにょき飛び出してるなあと思ったらナッツの足。
本棚1

今度はこちらの本棚の上から下々の者をへーげー。
本棚2

冷蔵庫の上も制覇。
冷蔵庫
みなの者、ナッちゃんにおいしいものを持て。

得意げにしてるけど「なんとかと煙は…」って言われちゃうからね~。

2枚目の写真の本棚は、見てのとおり、ガラス製の扉がついているのですが、先日ナッツがぶち当たって床に落下。
おじさんの肩から棚に飛び移ろうとしたらしい。まるでコントのようでした。

いくらガラスが透き通ってるからって、もうちょっと周りを見ようよ、ナッツ。
といっても無鉄砲娘には通じないんだろうなあ。



PageTop

沿線を行く

フォトクラブの撮影で、4月の半ばに小湊鐵道沿線に行ってきました。

小湊鐵道は、千葉県市原市の五井駅から大多喜町の上総中野駅の約39キロを1時間余りで結んでいます。
私は県内に住んでいながら乗るのは初めて。

ツートンカラーの車両がどこか懐かしい。
田園地帯をゆっくりのんびり走ってきます。
電車

駅近くに枕木が置かれているのを発見。菜の花といっしょに。
枕木

駅も電車もノスタルジックな雰囲気で、鉄道ファンばかりでなく、映画やドラマ、CMなどのロケ地としても人気があるとか。
「関東の駅百選」にも選ばれた上総鶴舞駅では、ポートレートの撮影ワークショップも開かれていました。
上総鶴舞駅

2駅ほど途中下車して、集合場所である養老渓谷駅へGO!
線路

養老渓谷駅は猫のいる駅としても知られています。
駅猫3匹のうちの1匹、なおきくんが迎えてくれました。
なおき

他の子たちはお散歩に出かけているというので、線路沿いの菜の花畑に行ってみることに。
菜の花

さっそくみんな散らばって、やってくる電車を待ちます。
準備万端、いつでも撮影オッケーと思っていたのに、あっという間に通過する電車。
電車と菜の花1
のんびり走っているというイメージで、つい油断。
ゆっくりといっても時速40kmぐらい。
電車を撮りなれていないので、その速さにあせってしまいました~。

気を取り直して、次は上り電車をねらいます。
電車と菜の花2
あらら、撮影仲間もいっしょに写っちゃうし。

次は車で来た人に乗せてもらって、養老渓谷は粟又の滝へ。
粟又の滝1

100メートルに渡って緩やかに流れる粟又の滝。
養老川に沿って遊歩道も整備されています。
粟又の滝2
紅葉の名所としても有名で、見ごろの11月下旬から12月初旬にはたくさんの人が訪れます。

駅に戻ると、長毛のゆうたくんとキジトラのねねちゃんも戻ってきていました。
ねねとゆうた

3匹は同じ母猫から産まれた兄弟だそう。とってもなかよしです。
3ショット

さて、そろそろ帰る時刻。
乗客といっしょに3匹もホームで電車を待っています。
ほーむ
いつも車掌さんにごはんをもらっているとのことなので、夕飯待ちかな?
また会いに来るね。



PageTop