猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

忘れてますよ

ナッちゃーん、何か忘れていませんか?
え?
しまい忘れ1

しっかり者のナッちゃんは忘れものなんかしないのに~。
しまい忘れ2
うふふ、舌をしまい忘れてますよ。

今あくびをする途中だったんだもーん。しまい忘れなんかじゃないほわぁ~~!
しまい忘れ3
ほおー、そうだったんだ。ずいぶん長いためだねえ。

カラフルな洋ナシ模様のそらまめ屋の猫ベッド。
「ナッちゃんのベッドに決定!」したようで、もっぱらナッツが使っています。

一方、ベツヲはやちむん館工房の南国仕様のベッドでうずまき猫しています。
かごベツ

ひとつのベッドでぎうぎうになってるところも見てみたいんだけどなあ。


スポンサーサイト

PageTop

兄ちゃんだって甘えたい

ナッツが来てからすっかり兄ちゃんらしくなったベツヲ。
ナッツがおじさんと遊んでいれば横に控え、ごはんを横取りされてもだまって見ています。
兄ちゃんはいろいろがまんしてるんだよね。

だから、ナッツが眠っている間はひとりっ子に戻っておじさんに甘えまくっちゃうのです。

おじさん、だっこー。
おじベツ1

こんなんなっておじさんの胸にすがりついています。
おじベツ2

「ベツヲはいい子、いい子だなあ」
おじベツ3
そんなベツヲがおじさんはかわいくて仕方ありません。

おじさんにだっこしてもらってるときが、ベッちゃんいちばんうれしい~。
おじベツ4

おじさん  ベツヲ♪ 
おじさん  ベツヲ♪
おじベツ5
いつまでも見つめ合っている2人なのです。


PageTop

花と海

3連休中日の今日は、写真講座の実習で上野へ。
そこから徒歩で谷中へ向かい、チャンさん参加の「こだわりの猫」写真展、桐山暁さんの個展「Magical Crazy Tour!」を拝見。
それから小澤先生が講師の「スパルタワークショップ写真展と巡ってきました。
家を出るとき降っていた雨は、実習が始まるころにはやみ、昼には陽もさし、はしご日和?になりました。

そうそう、先月の実習の写真をまだ載せていなかったので、遅くなりましたが紹介します。
実習場所は千葉市花の美術館
屋内の展示棟や温室、屋外の庭に、たくさんの植物が植えられ、花にまつわる様々なイベントなども行われるそう。
近くにありながら、初めて訪れました。

この日先生から出されたテーマは「ボケを意識しよう」。
さっそく施設内に散らばって撮影開始。

温室のバナナやパイナップルなど、熱帯、亜熱帯の植物を撮ったり、
花美1

中庭の花をねらったりして、
花美2

ある程度撮ったら先生のもとへ。
「ピントが合っている範囲が広すぎるね。撮る角度を変えたりして工夫してみて」とアドバイスをもらったのですが、今度はどこにもピントが合っていない写真を量産して大苦戦。

花美3

花は花であるだけで十分きれいなので「みんな同じ」にならないようにはどうしたらいいんだろう。
花だけに限らないんだろうけど。
花美4

後半は美術館を出て、すぐ近くの人工海浜、いなげの浜へ。
花の美術館は、「稲毛海浜公園」という広い公園の中にある施設なのです。

ここでも「ボケ」を探して、砂浜を歩きます。
海岸1

そうこうするうちに「秋の日はつるべ落とし」の言葉どおり、あっという間に日が傾いて。
海岸2
太陽の右横、下の方が雲に隠れてわかりにくいですが富士山です。

講座終了時刻が過ぎても、ほとんどの人が居残り、夜景撮影へ突入。
海岸3

冷たい海風に吹かれながら、ねばること1時間以上、いつのまにか夕闇につつまれていました。
バーベキューのグループや散策の人もとうの昔にいなくなり、海岸には私たちだけ。
こんな時間に、ひとりでは来られないけれど、みんなでいれば大丈夫。
むずかしいお題や、撮りなれない被写体も、やってみればそれなりにおもしろい。
そんな講座、今回も楽しんでやっています。

さてさて、今日撮った写真、どれを教室に持って行こう。うーん。



PageTop

遊びが一番

うー
岩鬼1

むむむー
岩鬼2

くくー
岩鬼3

ナッちゃん、お口から緑の葉っぱが生えてますよ。
ドカベンに出てくる岩鬼みたいだねえ。

なんだかとっても夢中になっていますが、正体はこれ。
羽根でできたおもちゃでおじさんと遊んでいるところなのです。
岩鬼4

口に何か引っかかってたって全然気にならないほど集中しています。
食い気より遊び。いつも全力で遊ぶナッツなのです。
朝だって早起き。「早く遊ぼう!」とベッドまでおもちゃを運んで来たり、足をかんだり。
ゆっくり寝させてくれないチビッコです。


PageTop

爪とぎ行きまーす

ナッちゃん、爪とぎ行きますよー。
爪とぎ1
どうぞー。

カリカリカリ。
爪とぎ2
かわいいねえ。

がぶがぶー。
爪とぎ3
こらこら、噛むでない。

バリバリバリ。こんな感じ?
爪とぎ4
上手、上手。

ちゃんと見てる?
爪とぎ5
ずっと見てるよ。

バーリョバリョ。のびーっとね。
爪とぎ6
力強いねー。

引っ張っちゃおうっと。
爪とぎ7
ちょっとー、テープはがさないでね。

爪とぎは大事に使わないとだめだよ、ナッツ。
えー、ナッちゃん、いろいろやりたいのにー。
爪とぎ8

フードやおもちゃなどの猫グッズが入っている扉の横の人気爪とぎスポット。
薄型の段ボール製爪とぎをガムテープで張り付けてあります。

チビッコのころから、ベツヲ兄ちゃんの見よう見まねで上手に爪とぎをしていたナッツ。
大きくなるにつれ破壊力が増してきて、爪とぎごとはずしそうな勢い。
目が離せないお転婆娘なのです。


PageTop

お手入れ大好き

せっせ、せっせ。
舐め1

ペロペロ、ペロペロ。
舐め2

ベッちゃんはお手入れが大好きなのだ。
舐め3

ナッツもベッちゃんにお手入れしてもらうのが好きなんだよな。
なのに、すぐけとばされちゃうのはなぜなんだろう?

舐め4

舐め方が足りないのかな。
舐め5

よし、フルコースでお手入れしてやろう。がんばるぞ。
舐め6

ベツヲはグルーミングが大好き。いつ終わるのかなあ、というくらい延々とお手入れしています。
そして、自分以外の猫を舐めるのも好き。
キウイもベツヲにつかまってはがまんしてやられていたものでした。

ナッツは食後に口のまわりをきれいにするぐらいで、グルーミングはすぐにおしまい。
続きは兄ちゃんにやってもらおうと、頭から突っ込んでいきます。
でも兄ちゃんの舐め方がしつこくてすぐケンカになっちゃうんですよね。
適度にやさしくやってくれるといいだけどねえ、ベッちゃん。


PageTop

2人の日常

ベツヲとナッツ、よくある風景をご覧いただきましょう。

兄ちゃん、舐めて~。
2人1

ナッツは世話が焼けるなあ。
2人2

よし、そっちのほっぺもやってやろう。
2人3
ああん、もう、暑苦しい!

兄ちゃん、はなせー!
2人4
うわっ。

じっとしてろよ、まだ終わってないよ。
2人5

もう、いいのっ!
2人6

ナッツが舐めてくれって言ったんじゃないか。
2人7

兄ちゃんがしつこいんだもん。
2人8
ナッツの蹴りがベツヲのあご下に入りましたよ。

ナッツなんか投げ飛ばしてやる。
2人9

よくもナッちゃんを裏返したね。
2人10

兄ちゃんなんかこうしてくれる!
2人11
うへー。

もう、なんでこんなに気が強いのかなあ。
2人12
兄ちゃん、まだまだ。

ナッツがベツヲに毛づくろいを要求する→ベツヲがしつこく舐めるのでナッツが怒る→ケンカ勃発→ナッツがいつまでも食い下がる→ベツヲがあきれて退散
いつもだいたいこのパターン。
懲りずに毎日のように繰り返されています。2人とも結構楽しんでるのかも?

ただいま発売中のCREA Due cat No.5の「うちのコ」大集合!のコーナーに、ベツヲとナッツを載せていただいています。
330匹の中から探してみてくださいね♪

PageTop

2012関西猫旅(その5)

猫旅ですから猫にも会いに行かないとね♪

大阪に来るたびに訪れる場所。
この子は初めて会う子です。ニャーンと元気にごあいさつ。
ニューフェイス

あ、あなたはもしかして!
ばんさんの個展の作品「猫生訓」のモデル猫、ゆきちゃんに会えました。
ゆきちゃん

シャム猫風のよく似た親子。
子猫が3匹、おかあさんにぴったりくっついてお昼寝してます。
親子ねこ

すてきなひげ模様の白黒さん。緑色の目がきれいですね。
髭男爵

熱心に毛づくろい中の中猫さん。
そんな斜めのところで夢中になっていると落ちちゃいますよ
車の上

見事に磨き上げられた車の間に黒猫さんが座っています。
ボクかてツヤピカやろ?
黒光り

おかあさんといっしょにくつろぎ中。
親子

こちらの子も兄弟でしょうか?そっくりの美猫ちゃんです。
親子2

ふと視線を感じて見上げたら、ベランダに2匹のキジ白さん。
洗濯物を干すお母さんを応援してるのかな?
物干し台

崩れかけのタイル物件の前で会った猫さん。
タイル前

ねえ、アニキ、そろそろですよね?
あの窓が開いたらおばちゃん出てくるで。

2人で

仲間もたくさん。みんなでなかよく暮らしています。
3人で
ここは、オバQと呼んでいた超極上タイル物件のアパートが建っていた場所。
すっかり取り壊されて更地になっていました。

せまり来る怪しい黒い影。茶トラさん、ピーンチ!
忍び寄る

なでなで攻撃を浴びて簡単に降参しちゃいました。
茶トラさん

三毛さんはそのかたわらで、私はなでなでは結構よ、とブラシの奥でひなたぼっこ満喫中。
ブラシ三毛

焼き鳥屋さんの外で、店内を伺うキジトラチームに遭遇しました。
赤ちょうちん1

何かいいことあるのかな?あるといいね。
赤ちょうちん2

出会ったたくさんの猫さんたち、ありがとう!
また、今度も元気な姿を見せてくださいね。

【お知らせ】
ブログ4周年ちょこっとプレゼントで当選されたぽぽろさんちのミュウさんとまめくんがすてきな着こなしを見せてくれています。ぜひご覧くださいね。こちらです。

PageTop

2012秋関西猫旅(その4)

街歩きはまだまだ続きます。
とある路地を歩いていたら、前方に2匹のわんちゃん発見。
スナック1
スナック?居酒屋?とにかくお店の前がにぎやかなことになっています。

まあ、そこのイスに座っていきなよ。ひととおり何でもそろってるからさ。
スナック2
灰皿に、コーヒーセット、蚊取り線香、脇の金庫の上にはテレビまでありますよ。

それにこの立体的で見事なまでの飾り付け。
スナック3

水槽も上下式。
車輪付きの衣装ケースは移動させるのに楽だし、発泡スチロール製は軽くて便利。
いろいろな色彩のメダカがたくさん泳いでいて、かなりのメダカ愛好家と推察されます。
スナック4
お店の中で飲むよりも、わんちゃんたちに相手をしてもらいながら外で飲む方が楽しそうですね。

キョロキョロしながら歩いていると、こんなすてきなタイルも見つけました。
パステルカラーがとってもおしゃれ♪
タイル

もちろん、街歩きの定番となった買い食いもしましたよ。

“アイスもなか”の看板を目ざとく見つけて「くださーい!」と店内へ。
その場で作ってくれたバニラ味のアイスもなかは、皮はパリパリ、アイスはさっぱり、優しい甘さ。
アイスもなか
夏場はあずき、チョコ、抹茶味もあるというので、また来なくちゃね!

やっぱりたこ焼きははずせません。
たこ焼き
公園のベンチで食べるとおいしさ5割増し。

そして、念願のベーカリーショップグリーンのフルーツサンドを初めていただきました。
フルーツサンド
季節のフルーツに、生クリームとカスタードクリームが口の中で溶け合って、うわさどおりのおいしさです。
こちらも公園のベンチで、さらにおいしさ倍!

ここは美術館?
いえいえ、法然上人が1185年に開基した一心寺です。
で、こちらが山門で、両脇に立つのは仁王像。なんてモダンなお寺なんでしょう。
一心寺1

仁王様の足元には豊満な天女のレリーフ。
一心寺2
境内には喫茶店あり、隣には一心寺シアターもあるとか。
うーむ、なかなか奥深いお寺です。

一心寺からほど近くにあるのが、聖徳太子建立の四天王寺。一度来てみたかったのです。
境内には重要文化財の建物もたくさんあり、こちらは六時礼讃堂。
四天王寺1

前面の池にはカメがいっぱい♪
四天王寺2

お地蔵様もいっぱい。
おや、美川憲一さん張りの衣装のお方もいらっしゃいますね。
四天王寺3

金堂や五重塔も見てみたいけど、こうしてはいられない。
夜はカレーのお店ケサリに集合!
チキン、シーフード、ベジタブルなど、いろいろな種類のスパイシーインドカレーにもちもちナンを味わいながら、わいわいおしゃべり。
おっと、夢中になりすぎて、写真を撮るのを忘れました。
この日、誕生日を迎えた私は、サプライズでお祝いまでしていただきました。
大阪で迎えた誕生日、楽しかったです。みなさん、どうもありがとうございました!

さて、お開きの後、それぞれの路線の駅にと「おやすみなさい」と別れたのですが…。

夜景撮影の実習にと、夜の街に繰り出す3人組。
夜景1

ギリシャ風円柱に、ピンクやイエローのライト、上にはラスベガス風LOVEの電飾。
夜景2
カントーより間違いなく華やかであるなあと、ここでも感慨を深くしたのでした。

この日は推定3万歩歩き倒し、さすがにふくらはぎがぱんぱんに。
いやいや、充実の街歩きでした~。


PageTop

2012秋関西猫旅(その3)

ギャラリー散策の合間にふらふらと、または大阪観光マイスターの案内でがっつりと、街歩きも味わってきましたよ。

「天満の天神さん」こと大阪天満宮へ。
7月に行われる天神祭は、神田明神の神田祭、京都・八坂神社の祇園祭とともに、日本三大祭の1つとして数えられるとか。
大阪天満宮


表門を下から見上げれば、こんな色あざやかな十二支のレリーフが。
大阪天満宮2

参道から天神筋橋商店街に戻り、北上してみることにしました。
実はこの商店街、全長2.6kmの日本一長い商店街なのです。
天神橋筋1

天神さんの商店街とあって、アーケードには真っ赤な鳥居。
天神橋筋2
歩くに連れ、桔梗、浅葱、萌黄と、鳥居の色が次々変わっていきます。

ここにもありました!スーパー玉出。
この黄色に赤のロゴの看板を見ると、大阪に来た~、と実感できます。
スー玉
6丁目のアーケードが途切れるところで散策終了。
地下鉄「天神橋筋六丁目駅」からホテルへ戻ります。

翌日もあちこち商店街を歩きました。
というより、特に商店街が目的でなくても、いつのまにか商店街を歩いているという大阪の不思議さよ。

手芸店の手書き風の看板。
よく見ると、色とりどりのボタンを並べて描かれています。
ボタンの配置が絶妙のセンス♪
手芸店

PPバンドで編まれたかわいい犬たち。
お店のご主人の趣味なのか、こんなにたくさん飾られていました。
つい、作品に目を奪われて、何のお店だったのか、もはや思い出せない…。
ヒモ細工

こちらの生活用品のお店の一押しは「酵素パワーのトップ」。
コンパクトタイプでもリキッドでもないところにこだわりが感じられます。
トップ

1階が整骨院のマンションの手すりは、なんとアーティスティック。
この曲線美はガウディの建築に通じるところがあると言えるでしょう。
マンション

豹柄の何が大阪のおばちゃんを引き付けるのか?
その理由を聞いてみたい。
豹柄

ところで、商店街に限らず、大阪の自転車率は高いような気がします。
老若男女が縦横無尽にすいすい行きかい、その様に慣れないカントー人は無駄によけようとウロウロ。
オフィス街やショッピングストリートでも結構な数の自転車と出会うけど、丸の内や銀座ではあまり見ない風景ですよね?

そんな自転車率の高さが大阪自転車文化を生んだのか?
自転車に傘を固定するさすべえをじかに見たときは感動したものでした。

今回は、大阪府警が配布したという自転車用のひったくり防止カバー「見てるトリ」に出会うことができました!
か、かわいい♪
見てるトリ

意識して見ると、他にも魅力的なデザインのカバーがたくさん!

真っ赤なバラがゴージャスさを添えて。
バラ

こちらはカジュアルな赤いチェック。
チェック

黒地に蝶が飛び交う森英恵風。
蝶

ベルだっておしゃれです。
陽気なビタミンカラーで自分好みにカスタマイズ。
ベル

まだまだ知らない文化がありそう。
次回の訪問の楽しみがまた増えました。


PageTop