FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

南の島の休日

遅めの夏休みを取って、沖縄の離島に行ってきました。
沖縄本島には行ったことがあるけれど、離島は初めて。

那覇で飛行機を乗り継いで、石垣島へ向かいます。
飛行機の窓から、これから訪れる竹富島が見えてきました。わくわく。
竹富島

竹富島へは石垣港から高速船でわずか10分。
宿に荷物を預け、レンタサイクルでさっそくビーチ巡りへ。

蝶が舞う小道をガタゴト自転車をこいでいくと白砂のビーチ出現。
船もたくさん行きかい、ずっと眺めていたい気分。
ビーチ1

こちらの浜では星砂を見つけることができます。
浜に落ちる濃い影とキラキラ光る海のコントラストが美しい。
ビーチ2

遠浅のこちらのビーチでは泳ぐことができるため一番人気。
海水もこんなに透明なのです。
ビーチ3

竹富島と言えば赤い瓦屋根がすぐ思い浮かびます。
この特有の街並みを守るため「竹富島憲章」を制定して、景観保存に取り組んでいるとか。
赤瓦屋根

集落を歩いていると、水牛車にたびたび遭遇。
車の後ろに「レキオ」と書いてあったけど、この牛の名前なのかな?
ベツヲみたいなかわいい名前♪
水牛車

日が暮れてきたので、夕日の名所、西桟橋で日没を待つことにしました。
向こうに見えるのは小浜島と西表島でしょうか。
西桟橋

日が傾き、海に光の道を作って。
夕日1

もうすぐ太陽が沈みます。
続々と集まって来た人たちも、写真を撮ったり、静かにただ夕日を眺めたり、思い思いに過ごしています。
夕日2

宿では、午後8時から30分間のライトダウンの時間がありました。
それは星をみるため。
中庭に集まって、灯りを消し、目が慣れてきたら、文字どおりの満天の星が見えてきました!
たくさんの星座や天の川に流れ星、動いている星があると思ったら、なんと人工衛星だそう。
庭には蛍も訪ねてきましたよ。

翌朝、朝日を見に、牛の鳴き声に送られながら港へ。
この日の日の出は6時20分過ぎ。早起きが苦手な私でも楽勝です。
竹富港

石垣島の方向から日が上ってきました。
朝日

この日も南国の陽射しの下、汗をいっぱいかきながら、自転車をこぎこぎ、あちこち見て回ったのでした。
さて、竹富島で出会ったみなさんをご紹介。

放し飼い?の4匹のヤギさんがお墓の周りでお散歩中。
ヤギ
「スリスリスリ、背中かゆいよう」
「お嬢さん、僕がかいてあげましょうか?」


ビーチには小さなヤドカリがたくさんいます。
ヤドカリ
「とっても小っちゃいので、踏まないよう気を付けてね」

働き者の水牛も休憩中です。
水牛
「午後の仕事に備えてちょっと昼寝をするかな」

次回は石垣島へ!

スポンサーサイト



PageTop