FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

夜景入門

昨年までは自宅から見ることができた地元の市民花火大会。
今年は三脚を買って、ベランダから花火撮影にチャレンジするぞ!と張り切っていたのに、会場が移転したためかなわなくなってしまいました。
でもいいかげん三脚を買わなくちゃと思っていたので、先週購入。
数日後の写真講座の実習にえっちらおっちら持って行ったのでした。

東京タワー周辺の汗だくの3時間の実習が終了し、有志でファミレスで食事中、先生が「夜景撮りに行く?ちょっとだけなら付き合えるよ」と声をかけてくれたのです。
「行きます!」と名乗りを上げた女性4名で自主練決定。竹芝桟橋をめざしてGO!

途中、黄色い光が妖しく光る線路下のトンネルで撮影してみることに。
「で、ど、どうしたらいいでしょう?」と先生にすがるまったくの初心者。

カメラの設定や撮り方を教えていただき、トンネルそばの道路を走る自動車を、タイミングを計って一緒に撮ってみます。
夜景1
うわっ、ライトの光跡が写った。おもしろい!

みんなでわいわい撮影している最中、自転車で通りかかったおまわりさん。
「ここは出るよ~。ほら見える?」

ほんとに出たー?
夜景2

その後も道路の水たまりに写る月や街灯、木立を撮ったりしながら桟橋へ。

停泊中の船の中でも、ほら、見えますか?
夜景3
スローシャッターならではの楽しさです。

客船を眺めながらいつまでも語り合う男性2人と対岸の高層マンション、空には月。
夜景4

こちらはライトアップされた帆船のモニュメント。
夜景5
下の方の白い光は、ゆりかもめの光跡です。

夜風に吹かれ、夏の夜を楽しみながら撮影しているうちに、ちょっとだけのつもりが3時間が経過。
早めに帰宅して原稿を書く予定だった先生は徹夜決定!
ほんとに申し訳ありません。

「みんなに原稿を数ページずつふるからね」とのことですが、「夜景撮影超入門」が書けるよう、教えていただいたことをちゃんと覚えておきます~。

スポンサーサイト



PageTop