FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

続く講座と写真展

7月から始まった写真講座も先月修了しました。
全9回の講座のうち3回は実習。最後の実習は都立小金井公園にある江戸東京たてもの園で行いました。もう2カ月前のことになりますが、備忘録としてご紹介します。

「次の実習で3枚プリントして持ってきてね」との先生の指示に、提出したのは次の3枚。
醤油店の店先で見つけたサントリーの社章。暗めに撮って、ホワイトバランスを変えたらちょっとおもしろい感じに。
サントリー
子どもの頃、うちにこのマークがついたマドラーがあり懐かしくて目についたもの。たぶんお酒のおまけについてきたんでしょうね。もっぱらカルピスをかき回すのに使ってたなあ。

こちらは農家の軒先につるされたとうもろこし。
とんも
「色の出し方はおもしろいけれど、ピントの位置が中途半端」との評に納得。
もっといろいろ考えて撮らなければ。

窓辺に置かれたガラス鉢越しに向かいの住宅を望むの図。
ガラス鉢
「おもしろいアングルを見つけたのに、なんでガラスを人が通過するところを撮らなかったかなあ」
そうなんです、私もパソコンに取り込んでから、なぜ撮らなかったんだと思いましたよ。とほほ。

ところで、江戸東京たてもの園は、江戸時代から戦前の貴重な建物を移築・復元・保存している博物館。エリアごとに様々な建物が並んでいます。
江戸時代の農家では、職人さんによる伝統工芸の実演なども行われています。
農家

こちらはダルマ蔵相高橋是清邸。2・26事件の現場となった家です。
是清

三井財閥の三井八郎右衛門邸の玄関脇には、雌雄の鹿の像が。
鹿

そして、一番楽しいのは園の東側のエリア。
銭湯、居酒屋、小間物屋、仕立て屋等、昔の商家が立ち並び、当時の道具や商品などがそのままに。

特大・大・中・小、山積みにされた鍋が売られる荒物屋。向かいに見えるのは乾物屋です。
やかん

鼻緒のバリエーションが豊富なわらじもいかが?
わらじ

うわっ、ヤマト糊!と思わず叫んだあなたはどっぶり昭和の人。
ヤマト糊

サンヨーの缶詰ですよ!フルーツみつ豆にはこんなにかわいいパッケージもあったんだ。
缶詰

広ーい園内は見どころやイベントもいっぱい。季節ごとの花も楽しめます。
ベンチ

というわけで、実習、講評、自由作品提出と楽しかった講座も今期は終わり、一区切りとして修了作品展を行います。
最後の講座の日に、展示する作品を決めたのですが「何を出してもいいよ」の言葉に甘えて、ほんとに好き勝手なものを出すことにしちゃいました。
「こんな写真です」とのヒントを出さなくても私のものだとすぐわかると思いますので、期間中に近くを通りましたら、ぜひのぞいてみてくださいね。
期間:1月19日(木)~25日(水)(日曜日休館)10:30~18:30
場所:キャノンプラザ銀座ミニギャラリー(キャノンギャラリーとキャノンデジタルハウスを結ぶ通路) ※地図はこちら

実は講座最終日、私だけ先に作品を提出し早退してしまったので、他の講座生がどんな作品を出しているのか知らないのです。
一応隠しテーマがあるのですが、テーマに沿っているのかどうか、他の作品と調和しているか、ちょっと心配。開催までドキドキです。

で、次回も講座申し込んじゃいました。今月さっそく開講です。それに新たな動きもあるようで…。
またまた楽しみたいと思っています~。


スポンサーサイト



PageTop