猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

大和から高野へ(その3)

さて恒例の、旅で出会った猫のご紹介です。

お寺の境内をすたすた歩いていた男の子。声をかけたら立ち止まってくれました。
寄り目気味の水色の瞳がすてきですね。
奈良猫1

別のお寺で猫の影が視界を横切りました。急いで追いかけるとさび猫が縁側にひらり。
奈良猫2
こちらのお寺の飼い猫さんだそうです。名前はくろちゃん。
子猫のころ顔が真っ黒だったからですって。

こちらは高野山で出会った唯一の猫。
ぼくをなでなでしなきゃここを通っちゃいけないんだよ。
高野猫
ほげほげ顔の人懐こい男の子でした。

前回の旅で出会ったあんず舎のべっちゃんはお昼寝中で、岩合さんのモデルになった猫さんたちはお留守?で、今回は会えませんでした。ざんねん~、この次はぜひ会えますように♪
暑かったせいかあまり猫との出会いはなかったのですが、奈良には鹿がいる!

八二一さんのブログ毎日が鹿曜日にトリビュートして、出会った鹿たちをカメラにおさめました。

朝7時過ぎの奈良公園。みんな寄り集まって休んでいます。結構寝坊ですね。
朝鹿

行くわよ、行くわよ。
横断鹿1

それーっ!
横断鹿2
道路を横断する鹿さん。
ドライバーの皆さんは気を付けてゆっくり走ってくださいね。

りりしい顔立ちのまだ若い牡鹿さん。
若鹿1

たたずんでいるのは、こちらの看板の脇。
若鹿2
みなさん来てねー。ってぼくの角も切られちゃうのかなあ。

鹿せんべいいかがですかー。150円だよー。買ってー!
鹿せんべい
鹿せんべいを買った人にすぐねだれる好位置をキープ。
封を切るとすぐに鹿がわらわら集まってきてもてもて状態に。

自らお店に出向く鹿もいます。
すみませーん。誰かいますか?鹿せんべいくださーい。
ください1

ちょっとおばさん、くださいよう。
ください2
こんな立派な角の鹿が訪ねてきたらちょっとこわいかも。

そこの坊ちゃん、私におせんべいをおくれでないかい?
せんべいない
「姐さん、ほらこのとおり。ぼかあ、何も持っちゃあいませんぜ」
ぱっと手を開いて、せんべいを持っていないことをアピールするのが正しい対処の仕方。
坊ちゃん、よくできました。

かいかいかい。
かいかい鹿
ほっぺをかく小鹿さん。猫と同じで後ろ足でかくんですねえ。

水たまりで涼をとっています。濡れるのはいやじゃない?
水たまり鹿

こちらは首に発信機を付けた鹿さん。
発信機鹿
行動範囲の調査を行うため装着しているそうです。

それにしても奈良の風景に鹿はとてもよく似合う。
門と鹿

修学旅行の女の子も、鹿におせんべいをあげたり、一緒に記念撮影をしたりとうれしそう。
女子と鹿
鹿のおかげで、奈良の魅力が5割増し、いや10割増しかも。

今回は時間が限られているのと、暑かったせいで若草山に登れなかったのがちょっと心残り。
でもまた来ますよ。遠くないうちにね。

スポンサーサイト

PageTop

大和から高野へ(その2)

翌朝、高野山に向けて出発。途中飛鳥の棚田によってみることに。
石舞台古墳の南というけどこの辺かな?と車を走らせていると、カメラの人たちがぞろぞろ。
間もなく見事な棚田が見えてきました。
赤や黄色の彼岸花が彩りを添えています。
棚田
ここ稲渕地区の棚田は「日本の棚田百選」に選ばれているとか。

車を降りた場所では、ちょうど「かかしコンテスト」が行われていて「絆」をテーマにしたかかしがあちこちに立っていました。
かかし道

棚田を後にしたころに予報どおり雨が降ってきました。今日はこのまま雨が降り続くよう。
そこで、高野山観光協会の方のアドバイスに従って、室内見学が主のところ行ってみることに。
まずは高野山の貴重な仏像や仏画を保存・展示している霊宝館へ。古くは平安時代からの作品が間近に見られて見ごたえたっぷり。宇治平等院を模したという大正時代の建物も必見です。

次は総本山金剛峯寺へ。
ふすま絵が見事なたくさんの部屋、緑が美しい中庭、大きな釜や調理台のある台所などを見学、大広間ではお茶とお菓子のサービス、女性の僧侶の楽しいお話も♪
金剛峰寺

今夜のお宿は一乗院。一度宿坊にに泊まってみたかったんです。
一乗院

食事はもちろん精進料理。一の膳から三の膳まで、揚げ物や蒸し物は、出来立てをその都度運んでいただきます。
八寸は「榎木ポン酢ジュレ掛け、エリンギソテー、林檎白掛け、胡桃ロースト、ブロッコリー 精進マヨネーズ ブラックペッパー、水菜と菊花の三色浸し」、酢の物は「インカの目覚めサラダ、フルーツトマト、ロマネスコ、マスタードリーフ、セロリのピクルス、パルミジャーノのガレット」などなどおしゃれ~。肉や魚がなくてさみしい、なんてことは全然ない華やかでおいしいお膳♪

食後は写経にトライ。毛筆が苦手な人は筆ペンでもOK。
写経

翌朝は6時の鐘の音を合図に始まる勤行に参加。慣れないながらも般若心経を唱えてみました。
昨日は作務衣姿で務められていた修行僧の方々も、僧衣に身を包みきりっとしたたたずまい。
朝食後は、副住職の指導のもと、阿字観という瞑想法を体験。
いつもと違う気持ちのいい朝を過ごしました。

この日は昨日と打って変わって良い天気。
宿坊を後にして、壇上伽藍へ。
伽藍

御堂の中で護摩を焚いておられます。
護摩

寺内には御社もあって、あでやかな前掛けを付けた狛犬も。
吽

そしてこちらは平成27年の高野山開創1200年記念のイメージキャラクター「こうやくん」。
こうやくん

そんなこうやくんグッズの一つであるTシャツを着て観光をするおじさん。
こうやT

メインストリートのおみやげ屋さんを巡った後、いよいよ高野山の信仰の中心、奥の院へ。
参道の両脇には織田信長、明智光秀、豊臣家、加賀前田家、浅野内匠頭などの墓所が点在していますが、あれれ?おもしろいお墓もありますよ。
ロケット
UCC
しろあり
ロケットにコーヒーカップ、しろあり??
様々な企業や団体の供養塔などもあるのでした。

参道奥の御廟橋を渡ると、空海が今でも肉体をこの世にとどめ、瞑想されているという弘法大師御廟があります。
ここから先は撮影や飲食禁止という注意書きがありますが、その有無にかかわらず、自然と身が引き締まるような厳粛な雰囲気が。
信仰の地、聖地という言葉がぴったりな空間なのでした。

さてさて、高野山からの帰り道は、東名高速で30キロの渋滞にはまり、行きの2倍近い11時間かかってしまいました。
運転のおじさん、お疲れ様、おなかをすかして待っていたベッちゃん、ごめんなさいでした。



PageTop

大和から高野へ(その1)

おととしの秋、数十年ぶりに訪れた奈良。お寺も景色も街の雰囲気も引き付けられるところがたくさんあって、近いうちにまた来たいなあと思っていました。
というわけで、この夏(もう秋だけど)の旅行は奈良に決定!

千葉を朝の4時半に車で出発して、11時前に奈良市内に到着。
1日目は、平城京跡周辺のお寺を巡ります。それにしても暑い!9月中旬とは思えない強い日差しです。

光明皇后が建立した尼寺、法華寺。境内には様々な花が咲く庭園もあります。
法華寺

旅行や留学の安全祈願で知られる海龍王寺。すてきなデザインの絵馬が結び付けられていました。
海龍王寺

かの在原業平が建立したという不退寺。ご本尊の聖観世音菩薩立像は頭の両脇に大きなリボンを付けていてとてもキュート♪
不退寺
南都花の古寺とも言われているとおり境内は花でいっぱいです。

このほか西大寺、平城京も回るころには暑さでクラクラ。早めにホテルに入りお昼寝タイムとなりました。
休養後、夕食はならまちのへ。大和の伝統野菜をたっぷり使ったコース料理がとてもおいしい!築100年以上という古民家の雰囲気も味わえます。

翌日は徒歩で奈良巡り。まずは早起きして興福寺と奈良公園を散歩。
朝食後に東大寺を皮切りに出発です。

ああ、やっぱり東大寺っていいなあ。広い敷地といい、大仏殿のスケールの大きさといい、奈良のお寺の王様という感じ。
修学旅行の小・中学生、外国からの観光客もたくさん訪れていました。
東大寺1

大仏殿の中で蝶を発見♪
東大寺2

二月堂、三月堂へと続く階段で一休み。今日もぐんぐん気温が上がっています。
二月堂1

若草山のふもとを通って春日大社へ。
春日大社1
この辺りまで来ると修学旅行生もおらず、ほっと一息。

何枚掛けられるか記録に挑戦?
春日大社2

原生林を抜ける「ささやきの小径」を通って高畑へ。
雑貨のお店でお買い物をした後は新薬師寺へ。
住宅地にひっそりと建っていますが仏像ファン必見のお寺。本尊の薬師如来を取り囲んで立つ十二神将のかっこよさったら!

高畑をぶらぶら歩いてならまち方面へ。
こちらは普通のお宅のレンガ塀。
高畑

マンホールにはかわいい鹿のイラストが。
マンホール

昔の町屋を再現した「ならまち格子の家」。間口は狭くても奥に深い作りになっています。
中庭の緑が清々しい。
ならまち1

こちらの格子の家は、実際に生活しているお宅のよう。
ならまち2

こんなレトロな街並みが続くならまちには、町屋を再生したすてきなカフェやレストラン、雑貨店、酒蔵など、魅力的なお店がたくさんあります。またゆっくり歩いてみたいなあ。

そして、ならまちには世界遺産の古刹元興寺が。
屋根瓦にはなんと飛鳥時代のものが混ざっているとか。
元興寺1

石塔が並ぶ境内は秋の花々がちょうど見ごろ。ユーモラスな表情のかわいい子鬼も庭のあちこちに隠れていますよ。
元興寺2

さて、この日の夕食は百毫寺近くのへ。
おととし予約が取れなかった雑穀菜食のお店「はちみつ」に行ってみようとネット検索したら、前にランチをした「カフェリノワ」といっしょになって新しいお店「花」になってる~。
素材にこだわった野菜たっぷりの優しい味のお料理、大満足でした。


PageTop

寝かしつけるつもりが…

おじさん今寝るところだから静かにしてね。
soine1
早寝のおじさんが寝室に入ると、ベツヲも追いかけるように入っていきます。

おじさんはベッちゃんがいないと眠れないんだよ。だからベッちゃんが寝かしつけないと。
soine2

あれっ?なんだか目がくっついてきたぞ。ちょっとだけおじさんに付き合っちゃおうっと。
soine3
おじさん眠ったみたいだから、ベッちゃんも一眠りしてくださーい。

しばらくおじさんに添い寝して、私が寝る準備をする頃、また起きだしてきます。
夜食をもらうと、私と一緒に寝室へ。そして朝まで一緒に寝ます。
いつもおじさんべったりなのに、なぜか夜は私と一緒。
なぜなんでしょう?ねえ、ベッちゃん。

遅い夏休みを取って、奈良と高野山に行ってきました。
いつものように泊まり込みのキャットシッター(ばあや)といっしょに過ごしたベツヲ。起きている間中、ずーっとごはんをねだっていたよう。しょうがない食いしん坊です。
帰宅後はまたまたおじさんにべったり。きっとさみしかったんだね。


PageTop

写真展に行こう

現在ギャラリールデコで絶賛開催中の写真展「かってにEOS学園祭」に行ってきました。
この写真展はEOS学園小澤太一教室で学ぶ講座生の有志によるグループ展。小澤太一教室の新入生としてぜひ皆さんの作品を拝見しなくては!

出品されている生徒さんに以前聞いたところによると「もう何回もだめ出しされました~」「先生ったら、ぱらぱらと見て『もっとないの?』てさらっと言うんですよね」と、かなり苦労されたよう。
その甲斐あって、レベルの高いすばらしい作品が並んでいます。住んでいるところの風景を切り取ったもの、身近な家族の写真、外国の風景、色にこだわったもの、マクロレンズで対象にせまったもの、そして街に暮らす猫の写真は猫好きな人必見!きっとお気に入りの写真が見つかるはず。

そして小澤先生の作品も会場に展示されています。各地のキャノンギャラリーで開催中の「チビッコハウスへようこそ!」の番外編とも言える作品が10点。こちらもお見逃しなく!
コザワせんせい
「絶対楽しいからぜひ見に来てね!」と自信満々のポーズを取る小澤先生。優しい顔立ちながら結構厳しい、らしい…、ボソ。

楽しい仕掛けもたくさんあります。行かれたらぜひご参加くださいね。
①47都道府県すべての写真を集めた「日本部屋」でお気に入りの写真3点に投票する。
②会場に張られた特大の小澤作品に落書きする(私もしてきました。よろしかったら探してみてください♪)。
かってにEOS

中でもこれが一番のおすすめ。
③プロの写真家の無料ワークショップに参加する。
週末に3日連続で行われます。詳しくは小澤先生のブログの9月5日掲載の記事をごらんください。

さてさて、この日はこのほかにも写真展巡りをしてきました。

先生からも「猫の写真を撮っているなら見てみて。背景の取り入れ方やボケ具合とか勉強になるよ」と勧められた「猫街猫路地~蔵人の長崎 藤井の尾道」(22日(木)まで)。
蔵人さんの街に溶け込む猫の姿、藤井さんの猫との距離の取り方を楽しんで拝見しました。

岩合光昭さんの「どうぶつ家族」(16日(金)まで)。
親子、兄弟、ファミリー、群れのさまざまな動物たちの姿に口元ゆるみっぱなし。会場の床にプリントされた作品や天井からつり下げられた作品も。

リコーGRデジタルで撮影された34人の作品を展示する「GRist 34」(18日(日)まで)。
小澤先生の作品の他、思わぬ人の作品もありますよ(猫写真もあり)。

以上くわしくは右のサイドバーにリンクが張ってありますのでご覧ください。

それから、岩合さん、リコーの写真展と同じ銀座で開催されている写真展も発見。
シエスタ写真家ASUHA-明日葉-作品展「in the town of SIESTA-シエスタの町で-2011~エーゲ海に浮かぶ島の昼下がり~」(22日(木)まで)。
ギリシャの島々で暮らす猫や犬の姿を画用紙のような紙にプリント。絵画的で色鮮やかな作品です。

え~っと、旅行中につき、慣れないパソコンで記事をアップしている関係上、リンクなどが不親切な状態になっておりますが、ご容赦ください。
旅行の模様は帰宅後アップする予定ですので、ちょっとだけお楽しみに。

PageTop

お散歩できた

前にご紹介したベツヲのお外が見たいブーム、まだまだ続いています。
ドアの前で大鳴きして「お外が見たーい!」と大騒ぎ。そのたびに抱っこして外を見せるのですが、ハーネスを付けると床にゴロン、歩けません。
じゃあ、リードだけだったらどうかなあと試してみたら…。

あっ、ベツヲが歩いた!
散歩1
ドキドキドキ。お外を歩くのは緊張するなあ。

お隣さんのドアの前に置いてある傘や遊具をクンクン。
散歩2
このにおい初めてだよ。

ここはベッちゃんの知ってるにおいがするー。
散歩3
そこはベッちゃんのおうちですから。その出窓の内側にベッちゃんよく座ってるでしょ?

家の前まで戻ってきたら花台の上にぴょんと飛び乗ったベツヲ。
だいぶ落ち着いてきたみたいだね。
散歩4
ここからだと向こうの方までよく見えるなあ。

余裕を見せていたら、人の声が近づいてきました。
や、やばいかも。
散歩5
こわくてイカ耳になっちゃいました~。
そろそろおうちに入ろうね。

PageTop

気になる、気になる

何やら熱心に空地をのぞきこむ猫さんを発見。いったい何を見てるのかなあ。
気になる1
猫さんを回り込んで、私ものぞいてみると…。

ちょっと、あんた!さっきから何ジロジロ見てるのよ!
気になる2

お怒りのご様子のお母さんの奥に、チビッコ発見。
気になる3

こちらにもかわいい白黒兄弟が。
気になる4
変なおばさんまで来ちゃったじゃないの。あんたたち、早く車の下に隠れなさい!

子どものそばに戻ってきたお母さんに疎まれたので、退散することにいたしました。
でもやっぱりチビ猫気になるなあ。またのぞきに来ちゃだめ?

PageTop

チン禁止!?

まだまだ暑いから熱いもの食べちゃダメ。チン禁止だよ!
レンジ1
おおーっ、同い年のアイドル猫はっちゃんの得意技をベッちゃんも繰り出しますか。

ていうか、ごはんはまだですか?おかあちゃん。
レンジ2
ベツヲの場合はレンジを守ることより、ごはんの催促の方が大事なよう。
電子レンジの上に上がると目線が近くなるので、効果があると思うのかも。
でも、ごはんの時間までまだまだですからね。あげませんよー。

この夏のはっちゃんの本家「チン禁止」はこのページで見られます。
8月5日 2011年ニューバージョン
8月6日 レンジの番人
8月13日 正統派
8月16日 中の人が帰星した途端
8月29日 レンジの番猫

PageTop