猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

休もうよ

いつ見てもいっしょの二人。今日もまた引っ付いてますねえ。
ぱそ1

おじさん、お仕事のし過ぎじゃないかなあ。ベッちゃん心配になっちゃう。
よし、ベッちゃんがおじさんを寝かしつけてあげよう。

ぱそ2
おじさんがパソコンでやることと言えば、お馬さんの予想とかネットショッピング。
ぜーんぜん心配することないんだよ。

なんて言ってるうちに寝かしつけ成功!
ぱそ3

もちろんベツヲもおやすみです。スヤスヤ。
ぱそ4


スポンサーサイト

PageTop

お祭りスナップ

写真講座の実習で、今月初め、阿波おどりの会場に行ってきました。
当日示された先生からのお題は「今日撮影した中から、①顔の写った写真を1枚、②顔が写っていないもので祭りの情緒を感じさせるもの1枚、③自由テーマで2枚、の合計4枚をプリントして次回の講座で持ってきてね」とのこと。

1時間ほどかけて踊りの連が通る商店街をロケハン(これが後で意味を持つことになるのですが、その重要性に気付かずふらふらと)。
日が傾くころ、いよいよ踊りがスタート。沿道の見物客にもまれながら約3時間撮影。終わるころには、結構ヘロヘロになりました。

今回の講座を通じてのテーマは「断腸セレクト」。といっても私の場合、まともに写っている数少ない写真から選ぶので、断腸の思いからはちょっと遠いんですけどね~。
でも、何度も見直してそこから自分で選ぶ、というのはむずかしいけど大事なんだなあと実感。

まず、①の「顔の写った写真」を掲示して講評します。私は楽しそうに踊っている女性の写真を提出。
「上げた手が画面から切れちゃってるとか、背景の電信柱の広告が気になるとか、言い出したらきりがないけど、この表情が撮れたのはいいね」。
動いている人を写すのでいっぱいいっぱいで、いろいろ気が回らなかったのですが、この次はがんばってみます。

顔出し写真はお見せできないので、代わりに後姿をどうぞ。
こちら地元の信金職員さんの連。みんなとっても楽しそうに踊っていました。
連1

こちらは高円寺阿波おどりから招待された「しのぶ連」。
道中、立ち止まって、何名かがその場で踊ります。この男性は鋭い目で踊りをチェック?
連2

さて、お次の②の「祭りの情緒」のテーマで提出した写真がこれ。偶然にも数人が似たような足元のカットを提出しました。
先生から「シャッタースピードは意識した?」と聞かれましたが、全然意識してません!
他の人は「動いている足をぶらそうと思ってシャッター速度を遅くしました」とのことで、違いは歴然。
「頭の中で出来上がりのイメージを作ることも大事」と教わり、深く感心したのでした。
連3

提出しなかった「祭の情緒」、私の中での次点作品2点をおまけに。
お面

コンビニ前で売られていた冷やしきゅうり。食べそこなっちゃって残念。
冷やしきゅうり

そして③の自由テーマのうちの1枚がこちら。
「結構目を引く作品。祭りを見てるんだか、無頓着なんだかわからないけど、犬の表情がいいんじゃない?あと背景の踊り手の足をきちんと入れることとか、今度から気を付けてみて」との先生の優しい講評はうれしい限り。
ワン♪

ところで、日が暮れてしまったら、ISO感度を上げても、踊り手がぶれぶれになってしまい撮影を断念。しょうがないので、動かないものを撮影していたのですが…。
街灯
他の講座生が提出した作品で、スポットライトの光の中に踊り手が入った瞬間を狙って撮ったものがありました。なーるほどねえ。

先生からも「ロケハンのときに太陽や街灯の位置、背景や道幅を確認してイメージを作ったり、レンズワークをする」とお話がありましたが、いやー、いつになったらできることやら。
他の講座生の作品を見るのもとても楽しいのですが、さらにうれしいのは先生の作品が見られること。同じ日に同じ場所で撮った写真がこんなにすてきなんて!
それだけでも楽しい講座なのです。

なんて、のんきなことを言っていると、次回は自由作品10枚提出だそう。さて、どうしよう?


PageTop

頬杖をついてもいいですか?

ベッちゃん、そのかっこうていったい…。
頬杖1

えっ?何か問題でも?ベッちゃん、頬杖をついてるだけですけど。
頬杖2
おかあちゃんにはつらそうな体勢に見えるんですけどね。

ぜーんぜん、べっちゃんはくつろいでますよ。
頬杖3
爪がソファカバーに引っかかってしまっているようですが、ノープロブレムだそうです。


【お知らせ】
ただいま環境省では、動物愛護管理法の改正についてのパブリックコメントを募集中しています(締切りは今週27日(土)まで!必着です)。

以下のサイトで、わかりやすく解説されていますので、ご参照ください。
One Action for Animals 「パブコメって何?」という基本的な解説から、ひな形まで掲載されています。
FreePets こちらもとてもわかりやすい。パブコメの文例も掲載されています。
○糸井重里さんによるほぼ日刊イトイ新聞-犬と猫と人間のはなし。-

こちらもブログもあわせてご覧ください。
○ブログ「ジュルのしっぽ-猫日記ー
○ブログ「純情子猫物語

パブコメは出したいけれど時間がなくて、という方はこちらが便利。必要事項をチェックすると文書が作成されます。
動物愛護という視点に立ったパブリックコメント作成のための補助ツール
1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント

動物愛護管理法の見直しは5年に1度。
今回、動物愛護管理のあり方検討小委員会が、約1年に渡って議論を行い取りまとめた「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見を国民から募集しています。
「夜遅くまで、また、長時間お店で展示されて、ストレスはかからないの?」「インターネットで、現物を確認せずに販売することでいろいろと問題が起きるのでは?」「まだ幼いうちに親や兄弟から引き離すのは、健康や社会化の面から悪影響があるのでは?」……
こんな様々な事項についての「動物取扱業の適正化」案が提示されています。
ぜひ、ご協力をお願いします。

PageTop

教えて、はなこちゃん

オッドアイがチャームポイントの近所の外猫はなこちゃん。
猫のみなさんに教えてあげたいことがあるんですって。
hanako1

長く伸びた草を食べるときは、こうやって台の上に上って、と。
hanako2

シャクシャクシャク…。
hanako3

こうやって上から食べるといいのよ。ちゃんと見てた?
hanako4
なるほど、先の方が柔らかくておいしいものね。

【お知らせ】
ただいま環境省では、動物愛護管理法の改正についてのパブリックコメントを募集中しています(締切りは今週27日(土)まで!必着です)。

以下のサイトで、わかりやすく解説されていますので、ご参照ください。
One Action for Animals 「パブコメって何?」という基本的な解説から、ひな形まで掲載されています。
FreePets こちらもとてもわかりやすい。パブコメの文例も掲載されています。
○糸井重里さんによるほぼ日刊イトイ新聞-犬と猫と人間のはなし。-

こちらもブログもあわせてご覧ください。
○ブログ「ジュルのしっぽ-猫日記ー
○ブログ「純情子猫物語

パブコメは出したいけれど時間がなくて、という方はこちらが便利。必要事項をチェックすると文書が作成されます。
動物愛護という視点に立ったパブリックコメント作成のための補助ツール
1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント

※現在、環境省のメールボックスがいっぱいで、メールが受け付けられない状況のようです。日をおいて送付するか、郵送、ファクシミリもご利用ください。

動物愛護管理法の見直しは5年に1度。
今回、動物愛護管理のあり方検討小委員会が、約1年に渡って議論を行い取りまとめた「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見を国民から募集しています。
「夜遅くまで、また、長時間お店で展示されて、ストレスはかからないの?」「インターネットで、現物を確認せずに販売することでいろいろと問題が起きるのでは?」「まだ幼いうちに親や兄弟から引き離すのは、健康や社会化の面から悪影響があるのでは?」……
こんな様々な事項についての「動物取扱業の適正化」案が提示されています。
ぜひ、ご協力をお願いします。

PageTop

暑くったって~♪

おじさん、お仕事で疲れちゃったの?
oji1
おじさん、暑くてへばっちゃった。もうヘロヘロ。

ベッちゃんがそばにいれば元気になるよ。
oji2

暑いの、暑いの、飛んでけー!
oji3
あのですね、ベッちゃんがそこにいると、おじさん暑いって。
…いや、暑くてもうれしいかもよ。

春夏秋冬、季節を選ばず、おじさんにべったりのベツヲです。
そして、夜寝るときはなぜかおかあちゃんにべったり。おかあちゃんも暑くてもうれしいです。

【お知らせ】
ただいま環境省では、動物愛護管理法の改正についてのパブリックコメントを募集中しています(8月27日(土)まで・必着)。
以下のサイトで、わかりやすく解説されていますので、ご参照ください。
One Action for Animals 「パブコメって何?」という基本的な解説から、ひな形まで掲載されています。
FreePets こちらもとてもわかりやすい。パブコメの文例も掲載されています。
こちらもブログもあわせてご覧ください。
ブログ「ジュルのしっぽ-猫日記ー
ブログ「純情子猫物語

動物愛護管理法の見直しは5年に1度。
今回、動物愛護管理のあり方検討小委員会が、約1年に渡って議論を行い取りまとめた「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見を国民から募集しています。
「夜遅くまで、また、長時間お店で展示されて、ストレスはかからないの?」「インターネットで、現物を確認せずに販売することでいろいろと問題が起きるのでは?」「まだ幼いうちに親や兄弟から引き離すのは、健康や社会化の面から悪影響があるのでは?」……
こんな様々な事項についての「動物取扱業の適正化」案が提示されています。
ぜひ、ご協力をお願いします。


PageTop

代理希望

ベツヲさん、ベツヲさん。おくつろぎのところすみませんがねえ、おかあちゃんの代わりに仕事に行ってくれない?
暑くて、暑くて、おかあちゃん、外に出るのがいやになっちゃったよ。
いいよ1

はーい、いいよー。ベッちゃんでよければ行ってあげるよ。
いいよ2

なーんてね。
いいよ3

行くわけないよ。ベッちゃん、おうちでお昼寝してますから。
いいよ4
箱入りベツヲさんはお外がこわいしね~。

お盆休みですね。この時期出勤するのはきらいではありません。電車も余裕で座れるし、職場も人が少なくてのんびりムード。
人が段々出てくるころにお休みを取ることにします。

【お知らせ】
ただいま環境省では、動物愛護管理法の改正についてのパブリックコメントを募集中しています(8月27日(土)まで)。
以下のサイトで、わかりやすく解説されていますので、ご参照ください。
One Action for Animals 「パブコメって何?」という基本的な解説から、ひな形まで掲載されています。
こちらもブログもあわせてご覧ください。
ブログ「ジュルのしっぽ-猫日記ー
ブログ「純情子猫物語

PageTop

出勤前の風景

今日着て行く服をクローゼットから出して、ベッドの上に投げ出し、ちょっと用を済ませて帰ってくると…。

あのー、ベッちゃん、なんでそこにいるのかな?
ワンピース1
えっ?なぜって、これは今日のベッちゃんの昼寝の敷物だよ。

しかもおもちゃ付きだから気に入っちゃった。
ワンピース2
うわっ、何するの!

ぐいーっとな。
ワンピース3
ベツヲさんはこの後強制退場となりました。

やめてくれー、なんて言いながら写真を撮ったりしていたものだから、遅れそうになって、そのまま着用。ベツヲの毛をびっしり付けて出勤いたしました。
暑いから、もう、どうでもいいや。通勤するだけで体力使い果たしている今日この頃です。

【お知らせ】
ただいま環境省では、動物愛護管理法の改正についてのパブリックコメント募集中です(8月27日(土)まで)。
よろしければ、ブログ「ジュルのしっぽ-猫日記ー」をご覧ください。

PageTop

先客あり

ある休日、ポンポン引き出しに投げ込んでたまりにたまった書類を整理しておりました。
そのまま処分できる紙類は古紙として紙袋へ、個人情報はシュレッダーにかけ可燃ゴミの袋へ…。
あれー?すでに何か入ってる!
ゴミ袋1

やあ、おかあちゃん。さっきから何をしているの?
ゴミ袋2
ベッちゃん、ベッドの上で寝てたんじゃないの?

がさがさ音がしてたんで見に来たんだけど、ここ、落ち着くんでやっぱり寝るね。
ゴミ袋3
ちょ、ちょっと、そこで落ち着かれると困るんだけど。

と言ってもベツヲに通じるわけもなく、別のゴミ袋を持ってきましたよ、ええ。
しかし、いつからそこにいたんだろう?


PageTop

じゃらしおもちゃ

獲物を発見したニャリ。
じゃらし1
ベッちゃん、ハンターの目をしてるね。かっこいー!

あれ?どこに消えた?
じゃらし2
ベロがはみ出してますよー。

そこにいたな。よーし!
じゃらし3
遊びに夢中でまだしまい忘れてます。

とりゃー!
じゃらし4
うわっ、こっちに来た!

エノコログサを模したこちらのおもちゃ、単純な作りですが、あちこちの猫さんに大人気。
ベツヲもだーい好きです。

先日まで受講していた講座の修了作品展が今日から始まりました。
私は横浜の「HOTEL NEW GRAND」の写真を出品しています。
お近くにお越しの際は、ぜひのぞいてみてくださいね!

期間:8月4日(木)~8月24日(水)(日曜日及び8月13日(土)~21日(日)は休館)
開館時間:10:30~18:30(最終日は15:00まで)
場所:キャノンプラザ銀座ミニギャラリー(東京都中央区銀座3-9-7)地図はこちら
   (キャノンギャラリーとキャノンデジタルハウスを結ぶ通路の壁面に展示されます)

こちらのイベントとあわせてどうぞ!
伊東屋銀座本店
写真で創るストーリー(本館グランドイベントホール)
写真の展示や保管方法を紹介。プリントサービスも。
8月3日(水)~10日(水)
久下貴史第11回個展「フェデリコの思い出」(本館9階ギャラリー)
初めて暮らしをともにし、昨年亡くなった猫のフェデリコの作品を中心に展示。
8月4日(木)~15日(月)
教文館
開催中、8月18日(木)まで
☆馬場のぼる没後10年記念展「11ぴきのねこがやってきた」(9階ウェンライトホール)
絵本原画、スケッチ、エッセイ等を展示。
☆ねこグッズわんさか(4階)
馬場のぼる原画、ねこグッズを販売。
☆「夏ねこ」フェア(1階~2階の踊り場)
ねこ本、ねこグッズ大集合。

【お知らせ】
福にゃんママさんのところで、先日募集していた2匹の子猫の里親さんは見つかりました。
だが、しかーし、同じ母猫から生まれた兄弟子猫2匹の里親さんを新たに募集中です。どうぞよろしくお願いします。



PageTop

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます♪
といってもこちらでは、毎日暑いんだか、涼しいんだか、はっきりしない天気が続いています。
スカッと夏雲が出てくれるといいんですけどねー。

気を取り直して、ベッちゃん、みなさんにごあいさつをしてください。
あれ?どこを見てるのかな?

おじさん、ベッちゃんのそばに来てくれないかなあ。いっしょにお昼寝しようよ。
2011暑中見舞
おじさんを目で追って、ちっともカメラの方を向いてくれないベツヲです。

さて、土曜日に、3日(水)までキャノンギャラリー銀座で開催中(最終日は15時まで)の小澤太一写真展「チビッコハウスへようこそ!」に行ってきました。
この日は、昼、夜2回のギャラリートークが開催され、私は昼の部に参加。

ギャラリーのドアが開くたび、かわいいキノコのTシャツ姿の小澤さんが、1人1人ににこやかにあいさつ。いつもながら、会場の撮影はご自由にどうぞ、という太っ腹です。

ギャラリートーク目当てのお客さんが続々集まる中、いよいよお話が始まりました。
小澤先生1
今回の作品は、南アフリカ共和国に周囲を囲まれたレソトという小国のある孤児院が舞台。
1年半の間に4回ここを訪れ、子どもたちとともに生活し、学校にも通って撮影されたそう。

どの写真も子どもたちの表情がすばらしい!4回訪れているとはいえ、どうやってコミュニケーションを取っているんだろう、という疑問は動画で明らかに!
小澤先生2
なーんて、秘密は何もなくて、片言の英語と日本語でフツーに接しているのです。一緒にご飯を食べ、遊び、勉強をし、日本語を教え…。
でも、そのとけ込み方が絶妙。子どもたちにおもちゃにされている場面には爆笑でした。

この動画、いったい誰が撮影したんですか?とのお客さんの問いに「いい質問ですね。これはここの子どもでうまそうなやつに撮ってもらったんですよ」とのこと。
自分の撮影場面を撮って、と頼んだにもかかわらず、いつの間にか、子どもの興味を引く方にカメラが向いたりしていて、それもまた笑えるのでした。
結果、何十時間の撮影時間のうち、使えたのはほんのちょっとだったとか。

ギャラリートークの夜の部では、また違う動画が披露されたそうで、両方参加した方は2倍楽しめたはず。

ところで、前回の続きの話ですが…。
先日修了したカメラ講座の実習の待ち時間に、女性陣で「この後講座はどうする?」なんて話をしていました。普通ですと、同じ先生で段階的にレベルを上げられるよう講座の日程が組まれているのですが、大震災による日程の変更で、今の先生でのクラスが平日昼のクラスしかないとのこと。

私は、キリがいいので、この上のクラスには行かないと決めており、みんなの話を聞くばかりたったのですが、ある講座生が「オザワさんという先生の夜のクラスが始まるので申し込んじゃった。誰か一緒に受けない?」と言うではありませんか。
「それってもしかしてコザワタイチ先生じゃない?受講生募集してるの?」「えっ、コザワって読むんだ」などという会話が続き、小澤先生ならちょっとやってみたい、という気持ちがむくむく。結局その女性、私、もう一人の計3人が、受講することになりました。

後で聞いたら、もともとの小澤先生のクラスは春にいったん始まったものの、大震災の影響で、講座そのものが途中で中止となってしまい、今回この中途な時期に再スタートとなったとのこと。思わぬ展開に自分でもびっくり。

先日第1回の講義があり、各自作品を持参して、そのコンセプトを説明するという授業がありましたが、ずっと小澤先生のクラスを受講している講座生のレベルの高さに呆然。
私のような者が途中で入ってきてすみません!とあやまりたい気分になりましたが、まあ、そのうちどうにかなるさと自分に言い聞かせて、がんばってみることにします(ほんとにどうにかなるのか??)。

PageTop