猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

はまってます

ベッちゃん、ベッちゃん、頭に血が上っちゃうよ。
おじ足1

あっ、ベッちゃん、ウトウトしちゃった。
おじ足2

おじさんのひざにはまると安心するんだもーん。それにあったかいし。
おじ足3
おじさんもベツヲに乗られてうれしくてあったかいってさ。

きたない足をお見せしてすみませーん。かわいいベツヲに免じてお許しください(笑)。

スポンサーサイト

PageTop

秋が来た!

9月も下旬になって、突然猛暑がどこかへ行ってしまいました。
朝晩はちょっと肌寒くなってきたので、おじさんがベツヲのために毛布を投入。

ふーみふみふみ、ゴーロゴロゴロ。
9毛布1
ベッちゃんはほんとに毛布が好きだよね。
のどを盛大に鳴らしながらおいっちに、おいっちに。

ベッちゃんねえ、ふみふみすると眠くなっちゃうの。
9毛布2
あー、目がくっついちゃう。

ぐー、すー、ぴー。
9毛布3
毛布で丸くなって寝るベツヲ。秋がやって来ましたよ。

PageTop

かわいい館長さん

長野県信濃町は江戸時代後期の俳人小林一茶が生まれ、そして晩年を過ごした地。
黒姫駅周辺には一茶の旧宅、墓、句碑など一茶ゆかりのスポットが点在しています。
その中でもはずせないのが、一茶の生涯と文学を紹介する一茶記念館です。

その記念館に開館直後に到着。ふと見ると、駐車場を横切って、小柄のかわいい女の子が小走りでやって来ます。
ドアを開けてあげないと、とあわてて後を追いましたが、慣れた様子で自動ドアを開けて記念館の中へ。

おはよう、みなさん。朝礼を始めましょう。
うみ1
もしやあなたはここの館長さん?

あら、お客さん。そうよ、私がねこ館長のうみです。
うみ2

入館料はお一人様500円です。ナウマン象博物館との共通入館券は800円でお徳ですよ。
うみ3
うみちゃんは元気いっぱい。「館長さーん」の呼びかけに突進して近づいてきたかと思うと、次の瞬間には身をひるがえしてあちこちのコーナーへ。おかげでぶれぶれ写真を量産しちゃいました。

うみちゃんのおうちは記念館近くにあります。そして、毎日勤勉に記念館に通勤、職員の方々や記念館を訪れる人々にかわいがられ、見守られているのです。
「企画展示室で毛づくろいしたり、お気に入りの2階でお昼寝したりしてるんですよ。昨日も大学生の団体さんの接待をして喜ばれていました。」

うみちゃんの通勤路にはこんな看板が。車で来られる人はお気をつけくださいね。
うみ4

お外のチェックも館長のお仕事よ。最近はコスモスが見ごろなの、いいでしょ?
うみ5

ところで一茶さんは動物の句をたくさん詠んでいるけれど、どの動物が一番多いと思う?
うみ6
“やせ蛙負けるな一茶これにあり”のカエルかな?それとも“我と来て遊べや親のない雀”のスズメ?

はずれー、猫よ、猫!“猫の子がちょいと押さえる落ち葉かな”とか300句以上あるんですって。
というわけで、私もちょいと押さえちゃうわよ!

うみ7

待てー!
うみ8

ああおもしろかった!おじちゃん、猫の相手がお上手ね。
館内には私のクリアフォルダーやミニスタンプ帳もあるから見ていってね。
ホームページには日記も更新しているの。ときどきのぞいてくれるとうれしいな。

うみ9
ええ、ええ、のぞきますとも!かわいい館長さんの様子を見させてね。
たくさんお相手してくれてどうもありがとう。
館長さん、これからもお元気で、皆さんにかわいがってもらってくださいね!

[ちょこっとお知らせ]
24日(金)から開催の「猫のお店」(大阪・谷町6丁目の「ひなた」にて。右の欄のイベント情報にリンクを張っています)の「小さな猫作品」にキウイの写真をお送りしました(着いたかな?)。
行かれた人は探してみてくださいね♪

PageTop

森へ

先週、遅めの夏休みを取って信州に行ってきました。

まずは天の岩戸を開いた神々を祀る戸隠神社へ。
中社近くでおいしいおそばを食べた後(写真撮り忘れた!)、奥社へと向かいます。
参道脇に並ぶ杉の大木は樹齢400年以上とか。
戸隠1

杉並木の奥にはブナの森が続き、まさに森に分け入るという感じがします。
上り坂を歩いて30分ほどで奥社へ到着します。
戸隠2

翌日はお隣新潟県の妙高高原へ。
笹ヶ峰自然休養林の夢見平をハイキング。
原生林の森を一巡する遊歩道が整備されていて初心者でも安心。
コース沿いには、水が湧く泉や池、渓流もあり気持ちのいい眺めが続きます。
渓流

ブナ、ミズナラ、ハルニレのほか、シラカバの林も。
白樺林

線香花火のような白い花をよく見かけましたが、なんという名前なんでしょう?
花

新潟県と長野県の県境にある苗名滝(なえなのたき)。日本の滝百選にも選ばれています。
夜から朝にかけて降った大雨のせいか、水量が多く、豪快に水しぶきをあげていました。
苗名滝

黒姫高原ではトノサマバッタに会いました。前に見かけたのはいつの頃だったかなあ。
バッタ

宿泊したホテルも森の中にありました。
レストランからも部屋からも見えるのは、緑、緑、緑…。
ホテル

猛暑の街をひととき離れ、さわやかな空気を吸い、土をたくさん踏んで、気持ちのいい汗をかきました。

さて、次回はこの地に来たからにはぜひお会いしたいと思っていたあの方の訪問記をお届けします。

PageTop

ふわふわが恋しい

ここ数日、やっと涼しくなってきました。
こんなふわふわなかわいい手がそろえてあったら、思わずにぎってみたくなる、そんな季節。
昼寝1

むふーん、かわいい?さわってもいいかもよ。
昼寝2
その胸のもふもふにも顔をうずめてみようかなー。

先日、ベツヲの姿が見えない、どこだろう?と探していたら、いました、いました、ソファの下にもぐってお昼寝中。
ソファ下
夜寝るときもぴたっとくっついて寝るようになったし、猫の寝場所で季節の移り変わりを感じるのです。

PageTop

今日の寝方は

ベツヲさん、前足をびょーんと突っ張って寝ています。
寝ベツ1

近づいてみたら、おやおや、口が半開き。よだれたれちゃうよー。
寝ベツ2

ベツヲったら、ベツヲったら、いっつもおかしな寝方をしてるんだから。コショコショコショ。
寝ベツ3

くわぁ~~~。
寝ベツ4
見事な巻き舌で大あくび。
寝ているところをくすぐると、かなりの確率で見られます。

*自動更新しています。

PageTop

猫の贈り物

ブログ東西猫歩来-とうざいにゃんぽく-のしましまねとこさんの「キリ番踏んだ人誰ですかー?」の問いかけに「はーい!」と名乗りを上げたところ、すてきな猫たちがやってきました。

様々な柄や表情の猫が並ぶハンドタオルと、ちょっと生意気顔のおしゃれな茶猫。
プレゼント1

茶猫さんは、かわいい台座の下がスタンプになっているのです。
スタンプ猫さんも流し目がキュート♪
プレゼント2

フン、フン、フン、なんか怪しい茶トラのにおいがするなあ。
ベッちゃんと遊ぶならこの家においてやってもいいよ。

プレゼント3
これこれ、「ていっ」するんじゃありませんよ、優しくしてあげてね。

ベツヲ入国審査官のチェックも無事終了。
しましまねとこさん、ありがとうございましたー!次もキリ番踏むようがんばりまーす(えっ?)。

PageTop

いのちつないだワンニャンたち

昨日は幕張メッセ国際会議場で開催されたエコメッセ2010inちばに行ってきました。
公益財団法人どうぶつ基金主催の「いのちつないだワンニャン写真コンテスト」の受賞作品が展示されていたからです。

インターネットを通じ応募のあった写真は1400点以上。
危うく命を落とすところ救われた猫・犬、行政やシェルターから譲り受けておうちで暮らすようになった猫・犬、飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を施したしるしとして耳先をカットした猫(はっちゃんも耳先カットされた元地域猫なのです)などが被写体となっています。
写真展1

かわいがられていい表情をしているワンニャンたちの写真もすばらしいのですが、添えられた文章もそれぞれドラマがあって、一つひとつじっくり読んでしまいました。
写真展2
*撮影の許可をいただいています。

こちらの展示は昨日(5日)のみ。
でも、これからいろいろな会場で作品を展示する予定があるそう。
また、ホームページ上でも、本日6日から見ることができますので、よろしかったらご覧くださいね(佳作作品は写真をクリックすると出会いのきっかけなどが表示されます)。

これらの作品を見て、かわいい犬や猫に出会うにはこんな方法もあるんだなと感じたり、地域猫のことを知ったりするきっかけになるといいなあと思っています。

元野良猫のキウイと公園で保護したベツヲも応募要領に合っていたので、おかあちゃんは2人の写真を応募したんだよ。
おじベツ
えー、ベッちゃんは違うでしょー。子どもの頃からおじさんのそばにいたんだもの。

あんまり小さかったので、忘れちゃったんだよね。おかあちゃんの体を必死でよじ登ってきたのにさ。
毎日おじさんと楽しそうに暮らしてるから、まあ許してあげるよ。

PageTop

魅惑の猫だまり

1カ月以上前のこと、いつもの道を歩いていると、横道の先にちらりと猫の姿が目に入りました。
猫を見かけると、ついつい近づいてみたくなる習性で猫を追いかけ角を曲がったところ、なんとそこは魅惑の猫だまりだったのです。

変なおばさんが来たニャー。
えっ、どこどこ?
昼寝をじゃまする人間は嫌いだニャ。

猫だま1
思い思いの寝姿で横たわる白、黒白、サビ猫さんたち。

こちらは車の下で熟睡中。いい夢みてますか?
猫だま2

かいかいかい、まだ目が覚めないよ。
猫だま3
白猫さんたち、みんな顔がよく似てますね。

猫だまりへようこそ。
猫だま4
こちらも目が開かない茶トラさん。眠そうながらポーズを取ってくれました。

おおっ、そこのどすこい系のキミ!もそっとこちらへ来てはくれまいか。
猫だま5

ワシに何か用?
猫だま6
「おでぶ過ぎちゃってちゃんと座れないんですよ」
私が呼んでも知らんぷりだったのに、お世話係の女性の呼びかけに近づいて来てくれました。
茶巨検の調査対象として、継続観察させていただきますね、と言うか、ぜひお友だちになってくださーい。

猫たちの去勢・避妊手術をし、ごはんの支度をし、と優しい人たちに大事にされている外猫さんたち。
こんな近くに猫だまりがあることを今まで気づきませんでした。やっぱりふらふら横道に入ってみるものですね。
そっと秘密にしておくので、時々遊びに寄らせてください。よろしくね♪

PageTop