FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

一人っ子のベツヲ

キウイのためにお花をたくさんいただきました。
お花が大好きなキウイでしたから、とても喜んでいると思います。
どうもありがとうございました!
flowers

さてベツヲのこともお話しましょう。

あれあれ??さっきまでこの中にキウイがいたのになあ。これってもしかしてイリュージョン?
酸素ハウス
キウイが亡くなってお骨になって帰ってきた午後のベツヲです。
この頃にはだいぶ落ち着いてふだんどおりのベツヲに戻っていましたが、それまではベツヲなりに異変を感じたのでしょう。変な風に興奮してかわいそうなぐらいでした。

大声でうわんうわん鳴いて、あっちをうろうろ、こっちをうろうろ、箱に入ったキウイの亡骸に近づいては「シャー」と何度も威嚇。
「どうした、ベッちゃん」と私たちが近づいてもシャー、シャー言ってました。
「知らない猫が寝てるよー。どうしたんだよう」とでも言いたかったのかな?

「つづきを表示」をクリックすると、ベランダからキウイの亡骸を不思議そうに見つめるベツヲの写真があります。

写真に写っている透明は箱はキウイが入っていた酸素ハウス。二晩この中で過ごしました。
観音開きで前面に大きく開くようになっていますが、酸素の濃度を落とさずに、食事や水をやれるように丸窓もついています。
最初の晩、酸素ハウスの隣で寝ていたところ、おでこに何かが当たる気配で目を覚ましました。丸窓から手を入れてキウイをなでたまま眠ってしまったらしく、ロックがかかっていない丸窓からキウイが出ようとして、私の頭を自分の頭で押していたのでした。
おかあちゃんはあの柔らかい感触をずっと忘れないよ。

キウイはマジックの修行に出かけちゃって、からかってやれなくなっちゃったんだよなあ。
それにこのごろおかあちゃんにおこられないし。なんか調子が狂っちゃうなあ。

不審顔
キウイに年中ちょっかいを出してはおこられてたからね。おこる理由がなくなっちゃったんだよ。

うちに来た子どもの頃からずっとキウイといっしょだったベツヲ。昼間ひとりで留守番していてさみしくないのかな?
「自分が一番!とキウイと競い合うことが日常だったのに、競争相手がいなくなってぼけちゃわないかなあ」とおじさん。
ますますおじさんに対する甘えん坊度が増したような気がするベツヲ。
おかあちゃんにもちょっとは甘えてほしいなあ。

つづきを表示

スポンサーサイト



PageTop