猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

続・レイとの出会い

おじさんがつかんだ灰色の子猫を受け取り、キャリーバッグに入れます。
おじさんは荷物の撤収、私は交差点近くの動物病院へ。

「そこの交差点で子猫を保護したので健康状態を見てください」とキャリーを傾けると、枯葉と砂と子猫が出てきました。
「そこの交差点?もしかして手袋をはめて作業していた方ですか?出勤途中に通りかかって、何してるのかな?と思ってたんですよ」
おじさんが家に物を取りに行っている間に、お手洗いを借りた近くのコンビニで「えーっと、何か買うものはないかな」と買ったグリーンのゴム手袋が目立っていたようです。
ゴム手袋、結構役に立ちました。

子猫ちゃん、空気砲を発射して先生も威嚇。
「あら、気が強い。ちょっと洗いましょうね」ときれいにしてもらって戻ってきたら、サバトラじゃなくて、キジトラ白でした。
ハナシェー!
保護当日
当日はカメラを持って行ったのに、余裕がなくて1枚も写真が撮れず、唯一撮ったスマホの1枚です。

「体重は360グラム、たぶん女の子ですね」
植込みにいたので、ノミやダニの駆除のためのレボリューションを背中に垂らしてもらい、ウイルス検査。結果は陰性でした。

「この猫ちゃんどうしますか?」
「もう少し大きくなったら里親を探そうと思うのですが、こんな小さくてはまだ離乳していないですよね。どうしましょう、2人とも昼間は仕事で家にいないんです」
「よかったらうちで預かりますよ。そろそろフードでも大丈夫かも。里親募集もお手伝いしましょう。こんなにかわいいからすぐに見つかりますよ」

格安の料金で預かってくれることになり、本当にほっとしました。
それにしても、こんな小さな体で、斜面の植込み、アロエの密集地、ガードレールの土台と、隠れ場所を求めて、私の知っている限りでも100メートルも移動した子猫ちゃん。
思わず言ってしまったけど、里子に出すことになるのか、でもうちにはベツヲとナッツがいて、これ以上飼うことはむずかしいしと、気持ちは複雑です。

病院に預けた翌々日の午前、仕事中に携帯が鳴りました。
「お預かりしている子猫ちゃんですが、どうも歩き方がおかしいのでレントゲンを撮ったら足を骨折していました」と先生。
仕事が終わったら病院へ行きますと答えて電話を切りました。

「左の大腿骨が折れています。骨盤も右にずれていておしっこが出にくく膀胱炎を起こしているので、抗生剤を飲ませています」
レントゲン写真を見せていただくと、きれいにスパンと折れています。
土台から押し出す時に力がかかってしまい折れたに違いありません。

「いいえ、猫の体は柔らかいですから、そうではないと思います。強い力が上から加わらないとこんなふうに折れるものではありません。たとえば自転車に引かれたとか」
いったいいつ折れてしまったのか。移動する途中?どんなに怖かったことでしょう。

「いずれにしても、骨折を治してからでないと里親募集はできなくなってしまいました。すぐに見つかると言ってしまってごめんなさい」
とんでもありません。とにかく治療費はすべて負担しますので、引き続きよろしくお願いします。

子猫ちゃん、あんよ痛いのね?
イタクナイヨ。
2日後1

「それが痛がるそぶりもなく元気はあるんですよ。缶詰にドライフードを混ぜたものをパクパク食べてます。威嚇もしなくなりました」

トイレモデキル。
2日後2
そうなの?ほんとにえらいね。

子猫の場合は、骨折は自然に治ることが多いとのこと。
しばらく病院で預かってもらうことになりました。

そして次の土曜日、面会に行くと、膀胱炎も治り元気いっぱい。
「家に連れて行ってみますか?」
1週間後

あわてて、友人に貸していたケージを引き取りに行き、翌日うちへ。
その後の経過は今まで書いたとおりです。
そんなわけで、里親募集はなし崩しにどこかへ行ってしまい、骨折はいつの間にやら治り、今ではうちでブイブイ言わせています。

私の場合は、うちの子にするか、どうしようか、と行きつ戻りつだったのですが、保護の翌日名前を決めちゃった人がいまして。
「ガードレールから出てきたから、レイルのレイちゃん」

保護に奮闘しているとき気にかけてくださった方々に伝えたい。
あの子猫はうちで元気にしてますよ。

前の日にエンジンルームから救出されたレイの兄弟かもしれない子はおうちが決まったかな?

交差点近くの動物病院の先生、親身にお世話をしていただき、どうもありがとうございます。

そして、1番の功労者は、あのとき横断歩道を渡って来た黒白猫さんでしょう。
キミが来なかったら、レイの居場所はわからずに、あきらめて帰ってしまったかもしれない。
黒白猫さん、ありがとう!


スポンサーサイト

PageTop

レイとの出会い

初めてレイに会った日から2カ月が経ちました。
この辺でレイとの出会いをご紹介しましょう。

6月半ばの土曜日の夕方、予約していた本が用意できたとの連絡を受けて、図書館へと向かっていました。
行きは裏道を行こうと、住宅街の駐車場の近くに差しかかったとき、子猫のミーミーという鳴き声が聞こえてきました。
車の下にいるのかな?とのぞき込んだのですが、姿が見えません。
すぐ近くに動物病院があるので、受診する子猫が車の中で待っているのかなと思い、さして気にせず、そのまま図書館へ。

帰りは表通りを歩いていると、線路をまたぐ坂道のあたりから、またしても子猫の鳴き声が聞こえてきます。
さっきの駐車場からは直線距離にして100メートルほど。
それなりに交通量のある交差点をはさんで対角線の場所ですから、さっきの子猫とは同じ猫ではないでしょう。

鳴き声は道路脇の斜面の植え込みから聞こえてきます。
跨線橋
子猫ちゃーん、どこにいるのかな?迷子さんかな?

道路から階段を降りて、斜面の下側からも探します。
跨線橋下

植込みは、木やら草やら伸び放題。
植込み
時折聞こえる鳴き声を頼りにしばらく探していると、一瞬子猫の姿が!
子猫は私と目が合った途端、植込みの奥へ、上へと姿を隠してしまいました。
子猫ちゃん、待って!

再度道路側に上がって上から探しますが、どこに行ったのかさっぱりわかりません。
跨線橋上から
母猫といっしょなのか、それとも捨てられたのか。
しばらく、上ったり、下りたり、植込みの周りをぐるぐる歩き回っていましたが、中に入っていくわけにもいかず、あきらめて帰宅することにしました。

深夜、友人とのドライブから帰ってきたおじさんに、かくかくしかじか、話をすると、「ちょっと見てくる」と自転車で出かけて行きました。
ほどなく携帯から連絡があり、「斜面にはもういなくて、道をはさんだ学校のアロエの植込みから鳴き声がする。場所は特定できたけど、アロエがあまりに密生していて、懐中電灯の光が届かないし、手もさしこめない」とのこと。

学校の敷地ということもあり、アラームでも鳴ったら面倒なことになるからと、明日明るくなったら見に行こうということになりました。

翌朝、おじさんに起こされて、車に飛び乗り、4時半に現場に到着。
すでにすっかり明るくなっています。

昨晩鳴き声が聞こえたというアロエの植込みにはもういないよう。
アロエ

子猫ちゃん、どこに行ったの?耳を澄ませながら周辺を探します。
するとかすかに子猫のミーミーという鳴き声が。
どこ?どこ?

時折どこか遠くから聞こえてくるのですが、場所がわからない。
遠くってどこ?
まさかと思うけれど、道路の反対側の植込みや、交差点を曲がったところを歩いてみたけれど全然わからない。
1時間ほど探したけれど、まったくわからず途方に暮れるおじさんと私。

すると向こうの交差点の横断歩道を黒白猫が渡ってくるのが見えました。
ああ、あの猫が、子猫ちゃんのママで、迎えに来たってことはないかな。そうだといいな。
交差点を望む

黒白猫さん、横断歩道を渡りきると、ガードレールの土台をのぞき込んでいます。
そして、今度は反対側からものぞき込んで、そしてまた横断歩道を渡って行ってしまいました。
交差点

あーあ、行っちゃった。でも、あれ、もしかして…。
入口

這いつくばってのぞき込んだら子猫がいる!
空気砲を発射して威嚇しています。
ガードレール土台
子猫ちゃん、出ておいで。
用意した猫缶を開けておびき寄せようとしましたが「ソノテニノルカ」と怒っています。

さて、どうしよう?
おじさんが家に戻って持ってきたのは、朝顔の支柱数本。
ガムテープでつなげて土台に差し込みましたが、全然長さが足りないし、子猫が出てくる気配もなし。

それならばと次に持ってきたのは物干竿2本。
ガムテとひもでつなげてそろそろと土台に入れますが、身をかわしてしまって、これもだめ。
またまた家に帰って持ってきたバスタオルを竿の先に巻きつけてみます。
おじさんが土台に竿を入れて、私が竿の後方を持って、歩行者や自転車に接触しないよう押し込み、ある程度入ったところで、反対側から懐中電灯の光で子猫の位置を確認します。
途中でタオルがはずれたり、竿がはずれたり、何度もやり直し。
道行く人も、通りかかるドライバーも、不思議そうに見ているのがわかります。
そして、予報どおり降ってくる雨。

ふと気づくと、ゆっくりパトカーが近づいて来ました。
あまりの怪しいふるまいに、誰かが通報した模様。
「どうしましたか?」と降りてくる警官2名。
「猫がいるんです」
「あ、ほんとだ。車道に出ないように気を付けてくださいね」
「あのー、何かいい方法はないでしょうか?」の問いかけはスルーされて、行ってしまいました。

時間が経つと、人通りも多くなってきました。
「何かお手伝いできることはありませんか?」と女子高生。
「びっくりした!人が倒れているのかと思った」とおばさま。

散歩途中のご近所さんも続々声をかけてきます。

「上からガンガンたたいてみたら?」
ますます怖がって出てこないと思います。
「ガードレール壊しちゃおうか?」
勝手にそんなことできないし、壊そうと思っても壊せるものではないし。
「消防署呼ぼうか?」
呼びたいのはやまやまだけど、もうちょっと自分たちでがんばってみます。
「かわいそうだけど、もうあきらめたら。こんなにやってるのに出てこないんだから」
うーん…。

ご夫婦でウォーキング中のご主人が、交差点向かいの家の方から情報を仕入れてきました。
「昨日の夕方、あそこの駐車場の車のエンジンルームに子猫が入り込んじゃって、動物愛護センターの人を呼んで出してもらったんだって。子猫はセンターの人が連れて行ったそうだよ。」
私が昨日鳴き声を聞いた猫だ!この子と兄弟で、どちらも捨てられちゃったのかな。

ご主人はしばらく心配して見守ってくれましたが、自治会の仕事のため「がんばって」と言い残して去っていかれました。

さて、竿の先にぐるぐる巻きにしたタオルで子猫を押し出す作戦は、タオルと土台のすき間を子猫がすり抜けてしまって、うまくいきません。
次におじさんが家から持ってきたのは、クイックルワイパー。
ちょうど土台の形に合いそうです。
これを竿の先に付けて、さらにタオルを巻いて、すき間に押し込みます。
途中、クイックルワイパーが根元から折れたり、タオルがはずれたりしましたが、ついに子猫が入口から50センチほどのところまで押し出されてきました。
「おじさん、手を伸ばせば届くから交代して!」
9時30分、身柄確保!
小さい!軽い!サバトラ子猫です。

ながくなったからつづきはまたね。それにレイちゃん、サバトラじゃないし。
パソコン


今日から、ねこをさかなに一言!のチャンさん参加の合同猫写真展&物販展「ねこ休み展」が始まりました。
初日から大盛況の模様です。
私も伺うのが楽しみ!

ねこ休み展

日時:8月14日 (金)~ 30日 (日) 11:00~19:00 
会場:TODAYS GALLERY STUDIO(東京・浅草橋)


PageTop

ナッツとの出会い(続)

さて、家に到着したものの、一人っ子生活を満喫していた超甘えん坊が子猫を受け入れてくれるかどうかが一番の課題。
ここは新入り猫の迎え方のマニュアルどおり、しばらく子猫をケージに入れ、別室に隔離することにしました。

ここがおうち?せまいのね。
初日1
ピンクのタオルは、Мちゃんが持たせてくれたもの。兄弟猫やママのにおいがたくさんついています。

これってイスだったんだー。
初日2
着いたばかりなのに早くもくつろいじゃってます。

わわっ、ミルク、ミルク~。
初日3
チビッコだけど、ミルクだけじゃなくって、もうカリカリだって食べられます。

元気いっぱいで騒がしい様子に、ベツヲもとっても気になる様子。
のぞき見ベツ
なんだかビービー鳴いてる変なのがいる~。なんなんだよ、いったい。

ちょっと誰かいないの?ここを出してよ、と大騒ぎしているのが不憫で、おじさんと交代で子猫部屋に寝ることにしました。

隔離すること1週間、いよいよケージ越しにベツヲと対面です。

出たな、曲者!なんでベッちゃんちにいるんだよ!
威嚇ベツ
ひょえー、ベッちゃん、顔がこわすぎる~。

離れた場所からシャーシャー威嚇していたベツヲですが、日に日に子猫の存在に慣れてきて、ケージに近づくようになりました。

おいしそうなごはんを発見♪
盗み食い1

ちょっとおじちゃん、勝手に食べないでくれる?
盗み食い2
(はっ、見られてた!)おじちゃんなんかじゃないぞ。ベッちゃんはまだこどもなんだから~。

もう、飽きた~!こんなせまいとこやだー。お外に出るー。
出して
毎日出せ、出せ、とうるさい子猫に根負けして、予定を早めてケージから出すことにしました。

そうそう、ママが「まめ」なら、子猫の名前は木の実の「ナッツ」にしようと決定。
「ナッちゃん」という愛称もかわいいし♪

大勢の兄弟や犬といっしょに育ったせいか、もとからの性格のせいか、ナッツは全然物怖じしません。
ずんずんベツヲに近づいていきます。

兄ちゃん、寝てないで遊ぼうよ。
遊ぼう1

寝てたのに何するんだよ。ベッちゃんのしっぽにさわるな!
遊ぼう2
兄ちゃんのしっぽはパタパタ動いて楽しいな。

おこられたって全然平気。
パンチされたって、押さえつけられたって、あきらめずに挑んでいきます。
毎日繰り広げられる追いかけっこに取っ組み合い。

でも、ナッツはベツヲが大好き。
兄ちゃんにならって、ふたりでおじさんの上に乗ってます。
ふたり

チビッコナッツ、ベツヲ兄ちゃんとこれからもなかよくね。
ずっとずっと、元気に楽しく暮らしておくれ。


PageTop

ナッツとの出会い

ナッツがうちにきてもうすぐ2カ月。
ここで、私の友人Мちゃんとその家族が撮った写真(★印がМちゃんにお借りした写真です)を交えて、ナッツとの出会いを紹介しましょう。

去年の5月、Мちゃんの小学生の娘さんが、空き地で生後約2カ月ほどの子猫を保護しました。
「うちにはミッキー(黒のラブラドールレトリバーの男の子)がいるから猫は飼えないよ」と電話で娘に伝えたМちゃん。
帰宅し、子猫を見たら、あまりのかわいさに前言はどこに行ったのやら。家の子として迎えることになりました。

「まめ」と名付けた子猫は、ミッキーともなんとかうまく生活し、すくすく育っていきました。
そろそろ避妊手術を、と予定していた矢先、発情期が来てしまい家から脱走。
朝帰りの結果、やっぱり妊娠してしまったのでした。
妊婦まめちゃん


1月19日に、キジトラ、白、黒マスク、背中に白点(ナッツです)、黒トラの5匹の子猫を出産。
生後2日


生後8カ月で妊娠、10カ月で出産したまめちゃんは、人間で言えば女子高生のヤンママ?
まだ幼いのに、けなげに子育てに励みました。
授乳中


「子猫を見に来ない?」とМちゃんから誘われ、2月下旬にМちゃんちを訪問。
「里親さん見つかるといいね。でも、もしどの子か余ったらうちで引き取ってもいいかも」なんて話をしたのでした。

キャットタワーのハンモックに全員集合。右端上がナッツです。
5人兄妹


こっち向いてるのがナッツ。
このときは5匹とも性別は不明、うちで迎えるかどうかも決めていなかったので、どの子がいいかと考えることもなく、ただただ、みんなかわいかった…。
もし迎えるとしたらベツヲとの相性を考えて女の子がいいのかなあ、ちらっと思ったぐらいでした。
ちびナッツ


その後、娘さんお気に入りのキジトラ(あずきくん♂)と黒トラ(モカくん♂)をそのまま家に残すことにし、黒マスク(ココちゃん♀)はだんなさんの同僚のお宅に、白(レオくん♂)はМちゃんの同僚のお宅に、そして白点の女の子がうちにくることになったのでした。

3月下旬に白点ちゃんを迎えに、再びМちゃんちへ。
数日前にココちゃんとレオくんが新しいおうちへ行ったばかりで、ちょっとさびしい猫部屋です。

おみやげのおもちゃでまめママと遊ぶモカくん。
まめとモカ

おじさんのひざから興味津々でおもちゃを見つめるあずきくんと白点ちゃん。
あずきとナッツ

まめちゃん、白点ちゃんを大事にするから安心してね。
まめちゃん
また1匹出発するのね。

ママと兄弟に別れを告げて、いざうちへ。
しばらく車を走らせていると、大音量で鳴き始めました。
ママと別れてさびしいというより、狭いところに閉じ込められているのが不満なよう。
お輿入れ
ちょっと、出して、出して、出してよう!!

キャリーバッグの扉を噛んだり、がたがたつかんだり大暴れ。
こんな場面、どこかで見た記憶が…。そう、ベツヲの子猫時代とそっくり。
これは相当気の強い子かもという予感は大当たりするのです。

PageTop

ベツヲとの出会い(続々)

おなかがぽんぽこりんのちびっ子猫。
おじさんのひざの上でスピスピ寝ています。
0おじひざベツ

おじさんの視界に入るようにパソコンの上を占領。画面は10インチぐらいだったかな?
0パソベツ

ひどかった鼻水と涙目も徐々によくなり、毛並みもよくなってきた子猫。
暴れん坊度もますますパワーアップ。
子猫を受け入れやさしくなめようとする先住のキウイを威嚇し追い掛け回します。
このときキウイはダイエット前で約5キロ、一方子猫は約500グラム。
キミは新入りのお子様なんだけどねえ。

ごはんを食べているときは平和です。
ちびベツ&キウイ

8月の中旬には第1回目のワクチンが終了。
さて、そろそろ飼ってくれる人を探さなければ。
まずは身近なところからと、私の母に「お願いだからもらってくれない?」と説得していたところ、おじさんから意外な言葉が…。
「子猫はあげちゃいやだ。ここで飼う。」

当初は渋々顔のおじさんも、やんちゃな子猫にあえなく陥落。
こうしてうちの猫となったのでした。

7年経ったいまも子どもの頃からの性格はそのまんま。
いたずらで、自分が一番でなければいやで、甘え上手で、相変わらず鳴き声がびっくりするぐらい大きくて。
一番好きな場所はおじさんのひざだよね?

おじさんとベッちゃんはラブラブなのニャ。
子どもの頃からずーっといっしょなんだもの。

腹出しベツ
おかあちゃんが拾ったことなんて忘れちゃったんだろうな。
まあ、いいや。これからも元気でいておくれ。

≪ちょこっとお知らせ≫
6月26日(金)から7月2日(木)開催の 「“photo is”10,000人の写真展」東京会場(東京ミッドタウン)にキウイの写真で参加しています。
お近くにお越しの際はぜひのぞいてみてくださいね。「千葉県-ま」のところに展示されているはず♪

PageTop