FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

どこかに行こう

先月福岡に行って来ました。
なぜ福岡か?それは行先が福岡になったから??

JALのわずかなマイレージのうち数百マイルが8月末で期限切れ。
けれど航空券に換えるほどのマイルはないし、交換できる品物も欲しいものはないし、さてどうしようかなとマイルの特典を見ていたら、いいもの見つけた!
通常のマイルの半分で、行き先はお任せの航空券と交換できる「どこかにマイル」。
申し込んでみたら行き先が福岡に決定されたのでした。

昼前に福岡空港に到着。
レンタカーでまずは門司港レトロへ。
10年以上前に職場の旅行で来たなあとちょっと懐かしい。
その時はこの建物の最上階の展望室に上りました。
門司タワー
当時は気づかなかったけれど、この建物、マンションなんですね。

こちらは旧門司税関。
旧門司税関

こんな大正レトロの建物が並ぶ魅力的なスポットなのですが、
レンガ
とにかく暑い!千葉も暑いけれど福岡も暑い!

とりあえずは門司港名物の焼きカレーを食べます。
焼きカレーだよ

門司のマスコットじーもさん、こんにちは。
じーもくん
見どころはたくさんあれど、外を歩くのは暑くてもう無理。

関門海峡にかかる関門橋をカメラにおさめ、早々と撤退。
関門海峡

まだ早いので、福岡に戻る途中、小倉に寄ることにしました。

やけに駐車場が混んでると思ったら、ちょうど小倉祇園太鼓のお祭りの日。
競演大会の優勝チームの発表を息を詰めて待つ人々。
小倉
奥に見えるのは小倉城です。

小倉に来たのは松本清張記念館に寄るため。
松本清張記念館
中学生のときに同級生に借りて読んで以来、長らく愛読していたので、一度来てみたかったのです。
旅行好きになったのは松本清張の小説の影響かも。
開館20周年の特別企画展「清張オマージュ展」も開催されていました。
初日には大の清張ファンのみうらじゅんさんも来館されたそうです。

夜は博多名物モツ鍋を。
モツ鍋

翌朝は朝1番の船で島へ行きました。
その様子は後ほど。

昼前に戻って、玄界灘を望むレストランで海を見ながらのランチ。
お店の隣には窯もあって、陶芸体験をしている人たちの楽しそうな声も聞こえて来ました。
魚の皿
このフグのお皿もそこで作られたのかな?

いったんホテルに戻って昼寝をして、夕方そろそろと再始動。
夕飯を予約した店からほど近い上川端商店街に行ってみました。
商店街

周辺をふらふら歩いていたら神社がありました。
櫛田神社

ここ櫛田神社は、博多祇園山笠のクライマックス、追い山笠の出発地点なんだそうです。
山笠

山笠姿の博多っ子小便小僧を発見。
博多っ子だよ
後ろには川上音二郎と貞奴の寄進碑もありますね。

さてさて今宵は博多名物水炊きの店へ。
最初にスープを飲み、次に鶏のぶつ切りを食べ、
水炊き①
鶏のミンチを食べます。

その次は野菜の順番でいただきます。
水炊き②
しめは雑炊。
期待に違わずのおいしさでした。ごちそうさまでした!

食後は中洲あたりをそぞろ歩き。
福さ屋

人だかりがしてるけど何だろうと思ったら、とんこつラーメンの一蘭総本店に並ぶ人たちでした。
一蘭

3日目は糸島半島をシーサイドドライブ。
空も青い、海も青い、白い鳥居が映える二見ヶ浦。
白い鳥居
この辺りは夕日の名所なんだそう。

すぐ近くのレストランでお昼にしましょう。
海辺のレストラン

地産地消にこだわっているという店のメニューから、糸島豚のピッツァをチョイス。
ピッツァだよ

糸島は、陶器や生活雑貨、服やアクセサリーなどの工房が点在しています。
糸島

どこに寄ろうかなあと迷いましたが、海に突き出たその名も「工房とったん」という製塩所を訪れました。
塩だよ

上から海水をポタポタ落として天日干し。
塩づくり
さらに釜で炊いて、寝かせて、塩になるまで約1カ月。
工房では塩やにがり、塩プリンを買うことができます。

そこからほど近い「海辺の手作り石けん工房 暇楽」にも寄りました。
からく
オリーブオイルを主原料に約40日間自然乾燥して作る石けんは、種類もたくさんあって選ぶのにも一苦労。

さてガイドブックの欄外に「綿菓子のような名物かき氷」という記述を見つけ、一路「村上や」へ。
山の中の県道をくねくね上っていくと、わき道に入るところで車が5台ほど行列を作っています。
道が細くてすれ違えないので、警備員さんが交通整理をしているのでした。

お店の前でもちょっと並んで、いよいよ店内へ。
前もってメニューを見ていたのに、いざ券売機で食券を買うときに、また迷ってしまってあたふた。

選んだのはこちら。
いちご氷あまおうに、練乳、白玉、ホイップの3種のトッピングを追加。
あまおう氷

こちらはあわ蜜レアチーズケーキ。
ゆず氷
氷そのものがおいしいくてふわふわ♪
山の中まで来た甲斐がありました。

さて、そろそろ市内へ戻りましょう。
相変わらず暑いので、大濠公園や海浜公園、天神あたりの街歩きもパスして、屋内退避。
福岡タワーの展望室から福岡市街や博多湾を目で観光。
福岡タワーから

これを忘れちゃいけないと、福岡空港で博多ラーメンを食べて帰路につきました。
博多ラーメンだよ

日程だけ決めて、行き先はわからないミステリーツアーのような今回の旅。
現地での予定も当日決めるようなドタバタぶりでしたが、楽しかったな。
どこかに行く旅、ちょっとクセになるかも。

次回は島編お送りします。

スポンサーサイト

PageTop

続・信州上田・塩田平の旅

海野宿の街道沿いには、カフェや雑貨店など魅力的なお店が点在していています。
店の前にカラフルな風鈴が揺れるガラス工房もそのひとつ。
風鈴

グラスやガラス製の小物、アクセサリーが並ぶ1階の店内を見たあと、2階の喫茶室に行ってみました。
喫茶室

かき氷がおいしいという、フォトクラブメンバーの情報があったのですが、時間がかかるということでコーヒーを注文。
香り高くてとてもおいしいコーヒーでした。
珈琲

宿に向かう前に、信濃国分寺史跡公園に寄っていただきました。
見事な藤がまさに見頃!
藤棚

新緑の中、甘い香りを漂わせていました。
藤の花

今宵のお宿は別所温泉。
上田電鉄の別所温泉駅を通りかかったら、ホームにカメラを持った人がたくさんいます。
何だろう?とバスを止めてもらいました。
別所温泉駅

この丸窓電車がこの日引退するということで、多くの鉄道ファンが集まっていたということでした。
丸窓

翌日は、別所温泉の北向観音からスタート。
ちょうど活動開始の頃から小雨が降り始めました。
通り

観音堂の提灯と、
提灯

額堂に吊るされたわらじに
わらじ

枝越しに望む瑠璃殿。
枝越しの五重の塔

八角の三重塔がある安楽寺も徒歩圏内。
塔

このあとバスでさくら国際高等学校へ向かいました。
前もって許可を得てあったので、校庭へ。
こちらは、旧小学校の校舎を利用して生まれた通信制の高校。
全国に生徒がいるそうです。
校舎

なんと、こちらに昨日見た丸窓電車が保存されていました。
上田電鉄から譲渡されたのだそうです。
電車

中庭も懐かしい雰囲気。
中庭

竹ぼうきとジョウロが整然と並んでいました。
ほうきとじょうろ

塩田平に着く頃は、雨も本降りに。
芍薬

この日も信州蕎麦を堪能し、雨の中、撮影少なめ(笑)で移動。
お賽銭

上田電鉄塩田町駅からのんびり鉄道の旅を楽しんで、上田駅で解散。
数分後に到着した新幹線に飛び乗って帰途につきました。


PageTop

信州上田・塩田平の旅

もう2カ月前になりますが、フォトクラブのお泊まり撮影会で長野県は上田方面に行って来ました。
集合場所は上田駅。
初めて乗る北陸新幹線に興奮しているうちに、あっという間に到着しました。

駅からふらふら歩いていたら、窓辺で道行く人を見つめる茶トラさん発見。
ガラス越しにこんにちは!
ガラス越しの茶トラ

随分背の高いバラだなあ、なんて路上観察をしているうちに、
バラ

県立上田高等学校の校門前に。
ここは上田藩主の館跡なんですって。
上田高校

そこから15分ほどで、北国街道柳町。
北国街道
お蕎麦屋さん、カフェ、ベーカリー、ワイナリー、味噌屋さん。
魅力的なお店が並ぶすてきな街並み。

お店もいいけどワンちゃんもね。
黒白ワン

シバ犬

店先に樽の花壇もありました。
タル花壇

そして、真田昌幸が築城した上田城へ。
お城のお堀と、
お堀

石垣です。とても大きな石が使われています。
石垣

本丸跡は公園になっているのですが、大勢の人たちでいっぱい。
ポケモンGOのスポットになっているよう。

門の前でハスキー犬を散歩させている家族に会い、写真を撮らせてもらいました。
ハスキー犬

城内には真田神社も。
おみくじが紐に結ばれていて、オブジェのよう。
つりおみくじ

上田城公園前のお蕎麦やさんで、おいしい信州そばを食べたあと、バスで稲倉の棚田へ。
田植え前でちょっと残念でしたが、棚田から信州の山並みが一望できて気持ちがいい
棚田

小さなバッタさんもいましたよ。
ちびバッタ

次に向かったのは北国街道の海野宿。
海野宿

600m以上続く街道の両側には歴史的な建物が保存されています。
アイリス

土蔵

格子戸の内側から街道を望んで。
格子

格子戸から差し込む光も優しい。
格子の光

街道沿いのなつかしの玩具展示館に入ってみました。
つりびな
全国各地の伝統的なおもちゃがあって、なかなか楽しかったのでした。

次回も続きます。


PageTop

都電荒川線に乗ったり歩いたり

3月のフォトクラブの撮影会は都電荒川線沿線。
大塚駅で幹事から一日乗車券を受け取って、さあ解散。

まずは雑司が谷の鬼子母神に行ってみよう。
赤い鳥居

境内にある1781年創業の駄菓子屋さん上川口屋。
上川口屋
前は石松くんという人気者の看板猫がいたのですが、おととし亡くなったそう。
店主さんに石松くんの思い出などを伺います。
お店には石松くんのイラストのポストカードなどもありますよ。

そこへ近所のご老人が現れました。
なんでも白内障の手術をして数日前に退院したばかりだそう。
86歳。とってもきれいでおしゃれなハンサムボーイ。
店主とご近所さん
おしゃべりしながらたくさん写真を撮らせていただきました。

次は庚申塚駅から巣鴨へ。
この日は3月11日。
とげぬき地蔵の名前で親しまれる高岩寺の境内で、ちょうど地震発生の時刻を迎え、皆で黙祷します。

巣鴨

高さのあるディスプレイがすてきな帽子屋さん。
帽子屋

赤パンツの元祖のお店も、ここ巣鴨地蔵通商店街にあるのです。
赤パンツ

今度はどんな車両が通るかな?行き交う都電を見ているだけでも楽しい。
都電

そして一度訪れたかったあらかわ遊園。
一日乗車券があると入場無料です(アトラクション代は別途かかります)。
あらかわ遊園

集合時間が迫ってきたので、荒川一中前へ一気に進み、商店街ジョイフル三の輪を早足で散策。
ジョイフル三の輪

雰囲気のある店構えの蕎麦屋を通り過ぎ、
蕎麦屋

終点の三ノ輪橋へ。
終点

帰りに人気のお惣菜のお店で揚げ物をたくさん買い込んで帰途につきました。
都電にたっぷり乗れて楽しかった!
写真の方の収穫は残念な結果に終わりましたけれどね。


PageTop

2018春関西猫旅(その4)

まろさん公園にもやって来ました。
まろさんいないかなあ。あっ、あんなところにいた!
まろさーん!

ニャーンとかわいい声で返事をして下を伺ったものの、
まろさん1

そのまま屋根の上でお手入れ開始。降りてくる気配がありません。
まろさん2
ちょっと寂しかったけど、元気な姿が確認できてよかった。

そして、いつの間にか姿を表したアイちゃん!
アイちゃんと枝

枝でお顔をかくと気持ちいい〜。
こんにちはアイちゃん

ツツジの香りを嗅いでいます。
ツツジとアイちゃん

アイちゃん、本当に美人だねえ。
かわいいアイちゃん
みんなそう言うのよ。

ところで、公園メンバーのひとり、たすけさんが5月2日に虹の橋を渡ったそうです。
まだ4歳という若さ。
大阪滞在中、腸の病気でたすけさんの容体が悪いと聞きました。
それから間も無くの旅立ち。
昨年のフォトクラブの写真展に出品した作品は、たすけさんをモデルにしたものでした。
きれいな緑の目と、先の白いしっぽがチャームポイントのイケニャンたすけさん。
短かったけど、たくさんの人たちにかわいがられた猫生でした。
たすけさん、空の上でも元気に走り回っているかな。

初めてたすけさんに会った時の様子はこちら →

路地に入ったら茶色が目に飛び込んで来ましたよ。
室外機1

ぐっすり眠る茶トラさんでした。
室外機2

こちらの路地には黒猫さん。
再会クロ

半年前に会った子のようです。
あの時は自転車のサドルに座っていたよね。
キバ舌チラ
今日も全然動じません。

半年前に訪れた公園ものぞいてみました。
あの時の猫さんたちと、キャットフードをたんまり持ったおじさまがいましたよ。

「もうエサ代かかっちゃって大変」と言いながらうれしそうです。
ちゅーるだって献上しちゃいます。
ちゅーる

うまうまうま。
もっとちゅーる

もっと、もっとー。
まだまだちゅーる

まだまだ入ってるはず。
ちゅーる絞り出す

お兄ちゃん、おいしかったよ。
おいしかったよ
そっくりな兄妹猫です。

こちらの黒猫さんと3人兄妹だそう。
木の上のクロ

食後はおじさまのひざでお昼寝タイムです。
お膝で寝ます

3人兄妹の母猫の話、猫が足を滑らせて藤棚から落ちた話、猫話はつきません。
また、楽しい話を聞かせてくださいね。

今回もたくさんの方々や猫たちと楽しい時間を過ごすことができました。
みなさん、ありがとう!
次回も楽しみにしています。




PageTop