FC2ブログ
 

猫といっしょ! ~キウイとベツヲそれからナッツおまけにレイ~

海の楽園

紹介しそびれて3カ月も経ってしまいましたが、7月に訪れた八景島シーパラダイス〜!

すっかり季節はずれでなんだかなあ。
でも、7月はこんな青空だった。
青空

海の生き物の風船も夏空が似合う。
風船

イルカを間近で見られるゾーンへ。
白イルカ

なぜこの子がかわいい歯を見せて口を開けているかというと、
口を開けて

お姉さん、お魚プリーズ。
お姉さんと

手(ひれだけど)を振りながら泳ぐ芸を見せてくれたのでした。
横泳ぎ

暑いので屋内に避難。
イワシの大群が目の前を通り過ぎて行きます。
イワシの群れ

天井を2匹で泳ぐイルカたち。
空を泳ぐ

アクアスタジアムでショーも見ました。
お姉さんたちと息もぴったりのアシカさん。
あしかショー

輪くぐりだってできちゃいます。
輪くぐり

立ち泳ぎを披露するイルカトリオ。
後ろに進む

大ジャンプに子供たちの歓声が上がります。
ジャンプ

再び外に出たら、壁でもイルカが気持ちよさそうに泳いでいました。
壁のイルカ

ちょっと気分を変えて、園内の外れの方までお散歩。
突端へ

遊覧船にも乗って見ました。
ジェットコースターはこんなに海に突き出してるんですね。
コースター

向こうの方に、うっすら富士山も見えますよ。
コースターと富士山

最後は、くねくね動くタコのアトラクションを見学。
タコ

フォトクラブの撮影会ミニトリップでした。
例によって、撮影の方は撃沈でしたが楽しかったな。





スポンサーサイト

PageTop

どこかに行こう(島編③)

ゴージャスなしっぽをゆらゆらさせて、かわい子ちゃんがやって来ました。
ゴージャスしっぽ

おばさんモデルさん探してるの?
来たよ

ここに座ってあげるから早く撮りなさいよ。
撮ってね

三毛猫さんもやって来ました。
顔がそっくり!姉妹かな?
姉妹かな

くっきり三毛さんは壁にしどけなくもたれかかってます。かわいいなあ。
横座り

キジトラさんまでやって来ました。
次々現れる美猫さんたち。
キジトラちゃん

海辺では三毛猫さんが何かで遊んでいます。
それを物陰から見つめる子。
三毛とキジ

あっ、三毛ちゃん行っちゃった。
三毛ちゃん行っちゃった

三毛猫さんの後ろをついて行くことにしました。
三毛ちゃんわっせ

三毛猫さんが消えた建物の陰に入って行くと、ちっちゃい子がいましたよ。
棚の下

綱で遊ぶのに夢中な子も。
紐で遊ぶ

三毛猫さん、ここにいたの。
お乳が張っているところをみるとお母さんなんだね。
ここにいた三毛ちゃん

こちらは別の三毛さん。道を横切って行きます。
道を横切る

またまた自転車の陰に2匹見っけ。
黄色い自転車

室外機の上でぐっすり眠っています。
室外機上

ちょびひげさんも夢の中。
黒ひげちゃん

この子がいるのは波模様の船の下。
花飾りもついてます。お祭りにでも使うのかな?
カラフルな船の

石碑の土台では茶トラさんがお昼寝中。
両腕をまっすぐ伸ばして、石にぴったり張り付いてます。
両手を伸ばして

材木の下で休む子も。
みんないいところ見つけますねえ。
材木の下

仰向けになって足を壁につけてます。
足を上げて

子猫ちゃんは木に体を預けてぷらんぷらん。
垂れ子猫

水を撒いたそばで寝ています。ちょっとは涼しいかな?
ホースと

船の待合室に戻って来ました。
最初に会った黒猫さんでしょうか?
待合室の黒

そして、おじさんの膝の上で寝ている子がいます。
膝に上った
早々と暑さにダウンして待合室に戻って来たところ、この子がやって来て膝に乗ったそう。
1時間以上乗ってる?

そろそろ船の出発時刻です。
ごめんねと言って降りてもらいました。

わずかな滞在時間にもかかわらず、たくさんのかわいい子に会えました。
ひとまずさようなら。
船上から

またいつか来られますように。
また来るね

おいしいもの、気持ちのよい景色、かわいい猫。
福岡楽しかった!


さて、グループ展ねこここち開催まで1カ月を切りました。
楽しい展示になるよう準備を進めています。

ねこここち vol.3 〜猫にまつわる写真と陶器〜
会期:2018年9月24日(月祝)~30日(日)
    12時~19時(最終日は17時まで)
会場:喫茶・ギャラリー りんごや
    東京都文京区根津2-22-7
    東京メトロ千代田線根津駅1番出口より3分)

みなさまのお越しをお待ちしていまーす!



PageTop

どこかに行こう(島編②)

家と家の間に黒猫がいました。
3匹いるのがわかりますか?
黒猫います

こちらには茶トラさん。
テレビ置き場

キジトラグループは固まってお昼寝ですね。
みんなで昼寝
あっ。

おばさーん、こんにちは〜。
着いて来るのです

ねえねえ、どこから来たの?
足の間
このキジ白さんに、なぜか気に入られてしまいました。

ちょっとー、行かないでよ。付いてっちゃうよ。
着いてきます

お手入れするから待ってて。
再び足元
ちょっとうちのベツヲ風味ですね。
ずっとここにいるわけにも行かないので、名残惜しいけど行きますよ。

マーキングする子を横目に出発。
マーキング

と、言いながら、やっぱりさっきの子が気になってのぞいてみたら、

おばさん、戻って来た!
着いて来る
わーん、本当に立ち去り難くなっちゃうからもう行くね。

進行方向にチョロチョロするものが目に入ったので近づいてみたら、子猫ちゃんがいました。
遊ぶ子猫
みんなお昼寝してるのにちびっこは元気だねえ。

薄サビさんも、
薄サビちゃん

黒猫さんも、
洗濯物と

キジトラさんも、みんな休憩中。
荷台の上

日陰を見つけたら、即、入ります。
リヤカーの下

コンクリートにぺったり腹ばいになっている子。
ぺったり

回り込んでみたら美人さんでした。
前に回ってみた

ペパーミントグリーンの塀のおうちの子は、
緑の塀

ゆるい香箱を組んでいました。
香箱だよ

右の竹は肉球型に穴をくり抜いています。
肉球型の
暗くなったらライトが灯る仕組みらしい。

いや、それにしても暑いです。
キミのように日陰で涼むのが正解だと思うよ。
陰に黒猫

お母さんといっしょに暑さをしのいでえらいねえ。
陰に黒親子

何見てるのよって怒られちゃいましたけど。
回り込んだ

また自転車の脇に猫さん発見。
自転車の陰

石の上で寝ると気持ちがいいんでしょうね。
ひんやり昼寝

あと1回続きます。


PageTop

どこかに行こう(島編①)

行先が福岡に決まったとき「島に行きたい!」と真っ先に思ったのでした。
福岡には小さな島がいくつもあるので、猫に会える島へGO!

2日目、朝一番の船で向かいます。
今日もいい天気になりそうです。
波消し

空にポチッと写っているのは飛行機です。
ちっちゃい飛行機

船が港に着きました。
見下ろすと猫さん第一号発見!
見つけた茶トラ

こんにちは〜。お邪魔しますね。
網茶トラ

車の下でくつろぐ子もいましたよ。
車の下

船の待合室に入ったら、ちゃっかり寝そべる黒猫さん。
待合室で
ここは冷房がよく効いてるんだよね。

さあ、猫を探しにいざ出発!
さっそく背中合わせに座るかわい子ちゃんが。
黒白ちゃん

200グラムもないようなちびっこちゃん。
ママのそばを離れちゃダメよ。
ちびっこ

と言っても、どの子がママなのか、たくさんいてわかりません。
ねこだまり

茶トラのおいちゃん、今日も暑いね。
茶トラのおいちゃん
みんなで一緒に暮らしているようです。

昨晩の雷雨でできた水たまり。
猫たちの臨時水飲み場です。
水鏡

階段にしどけなく座る黒猫さん。
階段に黒猫

キジトラさんは前足を伸ばして。
前足伸ばして

さあ、朝ごはん。
お水を飲む

あたちも食べます。
私もお水

そしてママといっしょに日陰でお昼寝。
お母さんとお昼寝

カラフルな浮きが干してありました。
浮き

遠くに見えるのはイカ釣り船かな?
船が行く

自転車のそばに猫がいることってなぜか多いような気がします。
自転車と私

そしてその向こうにはネムネム団。
涼んでます
だって、暑いんです。

日陰に入ってとにかく寝ます。
日陰に入る

風が通る場所をよく知っています。
茶トラのお昼寝

門で行き倒れているのは、この家の猫でしょうか。
垂れ寝

こちらのお宅の玄関前で寝ているのは5匹?6匹?
庭先で

続きます。


PageTop

どこかに行こう

先月福岡に行って来ました。
なぜ福岡か?それは行先が福岡になったから??

JALのわずかなマイレージのうち数百マイルが8月末で期限切れ。
けれど航空券に換えるほどのマイルはないし、交換できる品物も欲しいものはないし、さてどうしようかなとマイルの特典を見ていたら、いいもの見つけた!
通常のマイルの半分で、行き先はお任せの航空券と交換できる「どこかにマイル」。
申し込んでみたら行き先が福岡に決定されたのでした。

昼前に福岡空港に到着。
レンタカーでまずは門司港レトロへ。
10年以上前に職場の旅行で来たなあとちょっと懐かしい。
その時はこの建物の最上階の展望室に上りました。
門司タワー
当時は気づかなかったけれど、この建物、マンションなんですね。

こちらは旧門司税関。
旧門司税関

こんな大正レトロの建物が並ぶ魅力的なスポットなのですが、
レンガ
とにかく暑い!千葉も暑いけれど福岡も暑い!

とりあえずは門司港名物の焼きカレーを食べます。
焼きカレーだよ

門司のマスコットじーもさん、こんにちは。
じーもくん
見どころはたくさんあれど、外を歩くのは暑くてもう無理。

関門海峡にかかる関門橋をカメラにおさめ、早々と撤退。
関門海峡

まだ早いので、福岡に戻る途中、小倉に寄ることにしました。

やけに駐車場が混んでると思ったら、ちょうど小倉祇園太鼓のお祭りの日。
競演大会の優勝チームの発表を息を詰めて待つ人々。
小倉
奥に見えるのは小倉城です。

小倉に来たのは松本清張記念館に寄るため。
松本清張記念館
中学生のときに同級生に借りて読んで以来、長らく愛読していたので、一度来てみたかったのです。
旅行好きになったのは松本清張の小説の影響かも。
開館20周年の特別企画展「清張オマージュ展」も開催されていました。
初日には大の清張ファンのみうらじゅんさんも来館されたそうです。

夜は博多名物モツ鍋を。
モツ鍋

翌朝は朝1番の船で島へ行きました。
その様子は後ほど。

昼前に戻って、玄界灘を望むレストランで海を見ながらのランチ。
お店の隣には窯もあって、陶芸体験をしている人たちの楽しそうな声も聞こえて来ました。
魚の皿
このフグのお皿もそこで作られたのかな?

いったんホテルに戻って昼寝をして、夕方そろそろと再始動。
夕飯を予約した店からほど近い上川端商店街に行ってみました。
商店街

周辺をふらふら歩いていたら神社がありました。
櫛田神社

ここ櫛田神社は、博多祇園山笠のクライマックス、追い山笠の出発地点なんだそうです。
山笠

山笠姿の博多っ子小便小僧を発見。
博多っ子だよ
後ろには川上音二郎と貞奴の寄進碑もありますね。

さてさて今宵は博多名物水炊きの店へ。
最初にスープを飲み、次に鶏のぶつ切りを食べ、
水炊き①
鶏のミンチを食べます。

その次は野菜の順番でいただきます。
水炊き②
しめは雑炊。
期待に違わずのおいしさでした。ごちそうさまでした!

食後は中洲あたりをそぞろ歩き。
福さ屋

人だかりがしてるけど何だろうと思ったら、とんこつラーメンの一蘭総本店に並ぶ人たちでした。
一蘭

3日目は糸島半島をシーサイドドライブ。
空も青い、海も青い、白い鳥居が映える二見ヶ浦。
白い鳥居
この辺りは夕日の名所なんだそう。

すぐ近くのレストランでお昼にしましょう。
海辺のレストラン

地産地消にこだわっているという店のメニューから、糸島豚のピッツァをチョイス。
ピッツァだよ

糸島は、陶器や生活雑貨、服やアクセサリーなどの工房が点在しています。
糸島

どこに寄ろうかなあと迷いましたが、海に突き出たその名も「工房とったん」という製塩所を訪れました。
塩だよ

上から海水をポタポタ落として天日干し。
塩づくり
さらに釜で炊いて、寝かせて、塩になるまで約1カ月。
工房では塩やにがり、塩プリンを買うことができます。

そこからほど近い「海辺の手作り石けん工房 暇楽」にも寄りました。
からく
オリーブオイルを主原料に約40日間自然乾燥して作る石けんは、種類もたくさんあって選ぶのにも一苦労。

さてガイドブックの欄外に「綿菓子のような名物かき氷」という記述を見つけ、一路「村上や」へ。
山の中の県道をくねくね上っていくと、わき道に入るところで車が5台ほど行列を作っています。
道が細くてすれ違えないので、警備員さんが交通整理をしているのでした。

お店の前でもちょっと並んで、いよいよ店内へ。
前もってメニューを見ていたのに、いざ券売機で食券を買うときに、また迷ってしまってあたふた。

選んだのはこちら。
いちご氷あまおうに、練乳、白玉、ホイップの3種のトッピングを追加。
あまおう氷

こちらはあわ蜜レアチーズケーキ。
ゆず氷
氷そのものがおいしいくてふわふわ♪
山の中まで来た甲斐がありました。

さて、そろそろ市内へ戻りましょう。
相変わらず暑いので、大濠公園や海浜公園、天神あたりの街歩きもパスして、屋内退避。
福岡タワーの展望室から福岡市街や博多湾を目で観光。
福岡タワーから

これを忘れちゃいけないと、福岡空港で博多ラーメンを食べて帰路につきました。
博多ラーメンだよ

日程だけ決めて、行き先はわからないミステリーツアーのような今回の旅。
現地での予定も当日決めるようなドタバタぶりでしたが、楽しかったな。
どこかに行く旅、ちょっとクセになるかも。

次回は島編お送りします。

PageTop